パリ旅行するなら、テロを恐れる人が多い今がおすすめ!理由4つ
写真:Flicker - Bob Vonderau

相次ぐフランスでのテロ事件の影響で、パリから観光客の数が減った。パリの街中を歩いてみると、英語圏の観光客はたまに見かけるが、中国人や日本人などのアジア人観光客は激減したと感じる。パリ同時テロのあった昨年10-12月(第4四半期)の外国人観光客は8.7%減。このブログを通して、「フランス旅行を計画していたのですが、キャンセルしたほうがいいですか?」というような問い合わせをもらうこともある。

今からわざわざフランスに行く計画を立てる必要はないが、すでに仏旅行を計画している人は中止する必要は全くもってないと思う。むしろ、パリ在住者の立場から言わせてもらえば、パリ観光するなら、テロを恐れている人が多い今こそが絶好のチャンスだと思う。パリ行くなら、絶対に今でしょ!

そう感じるのは、テロを極度に恐れる風潮にある今だからこそ、得することが多いからだ。そこで今回は、パリ在住日本人の立場から見て感じる「テロを恐れる人が多い今こそ、パリを観光すべき4つの理由」を紹介する。あなたはこれを読んでも、パリ旅行を中止するのが得策だと思いますか?

 

1航空券&ホテルが安い

テロが原因で、フランスの観光業は大打撃を受けている。普段から旅行にお金を使うヨーロッパ人もフランスを避けるので、今、フランスにはあまり外国人観光客がいない。当然、航空券もホテル代も値下がりしている。パリでは日本人観光客向けのツアー会社も、存続の危機に陥るほど観光客が減っているという噂を耳にした。入ってくる数が少ないから、客の奪い合いという状態になり、価格競争に走ってしまうのが現状なのかもしれない。

パリは物価がどこも高いので、比較的安価でフランス旅行をしたければ今がチャンスだ。値段交渉に応じてくれる可能性が、今なら大いにある。

2どこへ行っても観光客が少ない

フランス・パリは世界で最も観光客の多い街である。1年を通して観光客が多いので、パリのルーブル美術館やエッフェル塔、ヴェルサイユ宮殿などを観光しようと思ったら、どこへ行っても長蛇の列ができている。1-2時間並ぶといったこともざらにあるし、ラファイエットでのショッピングでは、中国人観光客と押しくらまんじゅう状態になるだろう。

しかし、今は何といっても外国人観光客が少ない。どこに行っても並ばずに、人混みをさけて移動することができる。特にアジアからの観光客が少ないので、いつも人で溢れかえるショッピングエリアをゆっくりと見て回れる。

3今ならパリジャンも観光客に優しい?

いつも観光客が次から次へとやってくるパリでは、パリジャン(パリに住む人)の外国人観光客への風当りは厳しい。フランス語が理解できず、フラフラと道を歩く外国人観光客を露骨に煙たがるパリジャンも少なくない。

しかし、今ならそんな横柄な態度をとっていたパリジャンも優しい。テロ以降、人が少なくなった観光地では、明らかにサービスが丁寧になっているように感じた。もちろん、相変わらず横柄な態度のパリジャンはたくさんいるが、観光客が減ったぶん、以前より客の一人一人を大切にしようとしている感じがする。まぁ、これはマダムリリーの主観で、実際にパリに来た観光客がこのように感じてくれるかは疑問だが、パリ在住者の立場から見ると、「前より数段マシ」になったと思う。

4テロ警戒のおかげで、むしろ安全

そしてこれが最大の利点だが、テロ警戒のおかげで、むしろパリ市内は以前より安全になった。パリ旅行というと、テロばかりが恐れられるが、最も恐れるべきはテロではなく、スリや強盗である。確率的に、この被害にあう可能性のほうが数段高い。

現在は、テロ厳重警戒中でどこに行っても荷物検査を受けなくてはいけないし、駅構内や人が集まるところでは拳銃を持った軍や警察がそこらじゅうをウロウロしている。普段なら、こういう場所でスリや窃盗があったのだろうが、今は警官たちのおかげでスリも減っているようだ。特に旅行客の多い観光スポットの警戒態勢は厳重なので、テロ発生以前よりも安全に旅行できるようになったというフランス人も多い。

 

おわりに
わざわざ好き好んで、今からフランスでの旅行を計画する必要はないが、すでに計画している人はむしろラッキーだと思って、パリ観光を堪能してほしいと思う。

それに、フランスに来てテロの被害に遭い死亡、もしくは怪我に遭う確率はかなり低い。昨年の同時多発テロで亡くなった死者数130人÷パリの人口224万人で単純に算出した確率だと、0.005%、二万分の一程度だ。日本で、自動車の衝突事故で死亡する確率が90分の1なので、これに比べてもかなり低いことがわかる。

テロ事件は、世界の広さに比べたら微小なピンポイントの部分でしか起こっていない出来事なのに、テロに遭遇しないか心配している人の数は、実際にテロに遭う人の数億倍にもなる。この事実を、改めて考えてほしい。

 

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

13 コメント

  1. 確かに日本人は不安な情報に影響されやすい。
    しかし、自動車事故のように、自分が運転に気をつけていればある程度防げる災難と、天災やテロや原発事故や公共交通機関の事故といった防ぎようがない災難は、比較にはならないと思う。

    • うーん、交通事故も究極は「防ぎようがない」の部類に入ると思います。もちろん、自分が気をつけていれば防げる種類のものもありますが、どんなに注意して運転していても、酒帯運転の猛スピードで突っ込まれてしまう可能性もあるわけですし。
      これは運転していない歩行者の場合でも同じです。

  2. 全体としてマダム・リリーさんに賛成です。実のところ、私は後2週間ほどでイスタンブール経由でヨーロッパ旅行をする予定だし、私の子供も同じ時に日本を出発してイスタンブール経由でパリに行き、さらにニューヨーク経由で日本に帰って来る予定です。

    ただ、交通事故死の確率が1/90っていうのがちょっと納得できません。テロのほうは、1年あたりという事だと思うのですが、それなら交通事故のほうも1年あたりとするのが妥当でしょう。昨年の交通事故死者数は4113人です。

    http://www.jtsa.or.jp/topics/T-254.html

    日本の人口は1億2703万3千人(2014年10月1日)

    http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2014np/index.htm

    1億2703万3千人を4113人で割ると30886となり、ざっと1/30000っていうのが日本人が交通事故で1年間に亡くなる確率ということになります。

    • そうですね、確かに。日本で交通事故で死ぬ確率は3万分の一。
      となると、パリでテロで死ぬ確率のほうが高くなるんですね。情報ありがとうございます。

  3. フランス人の夫曰く、ガンも使えない警備員の数は増えてが、警官の数は全然足りてないから、危なくてフランスに帰らないって言ってます。
    続いてニースのテロもあり、やっぱりフランスの警備は甘いと思いました。

    • >やっぱりフランスの警備は甘いと思いました。
      いやいや、だからどう頑張っても、テロは防げないんですよ。いくら警備を強化したところで無理です、防げません。
      詳しくは「テロに気を付けて」という注意喚起は、本質を全く理解していないという記事に書いています。
      >危なくてフランスに帰らない
      本当にそれが理由ですか?

      • 夫は、フランスの政治が変わらないなら、フランスはいつ迄も危ない国。
        我が子を連れて帰りたくないみたいです。

        ニースの空港なんて、入国審査ないしメチャクチャ警備甘いですよ!パリでテロの後一週間後に日本で里帰りして帰国したパリ在住の日本人の友達もパリの入国審査がいつも通りで驚いた!って言ってました!
        パリを旅行するなら今!なんて、キャッチフレーズは違うでしょ?なんて、思いました。
        危ないです。
        夫曰く、ニースのテロの遭った場所は、2日で人が戻った!って言ってましが。。。
        だから、皆さんあまり気にしてないでしょうね。

        • 確かに、フランスがこれからテロがないとは言いきれません。しかし、それはフランスに限らず日本だって、一緒ですよ。明日、東京でテロがないなんて言いきれますか?
          それに、まずニースの事件は”テロ”とは言えないです。犯人はムスリムでの何でもないし、ネット見てISISの情報を集めて洗脳された頭のおかしい人です。こういう人を空港の入国審査で止められるわけがありません。各個人のネットアクセスを確認して入国を許可するという方法がありますが、どれくらいのコストがかかると思いますか?しかも、そんなことしたら人権の無視でしょう。レンタカーを借りる時点で、怪しい人かどうかを見極める方法は?一つ一つの車をチェックして、大量殺人を起こしそうな人かチェックすればいいのでしょうか?
          ニースの事件は、相模原市であった障がい者の無差別殺人と同じような事件ですよ。頭のおかしい個人が起こした、目立つ殺人です。秋葉原の無差別殺人とほぼ同じようなものです。
          今の時代、日本にいれば安全だというのは幻想でしょう。どこにでも変な人はいるし、そもそもテロで死ぬより日本で自然災害で亡くなるほうが確立としては高いのではないでしょうか?

          > だから、皆さんあまり気にしてないでしょうね。
          んなわけないでしょうw

          • 少し、オウムのテロ事件があったときのことを思い出しました。
            警察が駅や人が集まるイベントには必ず立っていて不審物(雑誌、ビニル袋、空缶、PET含む)を見つけたら、駅員さんか警察にというのが徹底されていました。
            絶対にこれはゴミだろうというものも申告してました。
            ゴミ箱も撤去されていましたし、車の臨検も頻繁にありました。犯人が逮捕され、安全が保障されるまで東京の人、お互いがお互いを観察していてとてもテロがしにくい状況にあったと思います。フランスはそうなっていますか?

          • また、住人の少しの”気を付け”でテロは防止できるそうです。
            近所の人、また不審な人物へ笑顔であいさつをする。
            周囲に気配りができている地域という印象を犯人に植えつければそこでの犯行を抑止できる
            と犯罪心理学の先生が言っていました。
            気を付けることは無駄ではないと思います。

  4. 私は62歳ですが、私が若くて学生だったころは、アメリカが諸悪の根元である、という認識は学生の中では結構一般的でした(もちろんそう思ってない人もいたでしょうが)。今は、価値観が多様化し、あらゆる点で意見が一致するということはほぼない(昔はアメリカ悪いで話が終わってた)。その中で、イスラム系のテロの話がでてきてる。テロリストは「原理主義者」で、自分たちが絶対に正しいと思ってて、ムスリム以外の人間は基本的に殺し放題っていう感覚のようです。特にゲイなんかは気に入らないみたいです。確かに、こういう人たちによるテロは防ぎようがない。日本でもオウム真理教によるテロがありましたが、彼らも自分たち以外の人たちの生命に価値を見いだしていなかった。結局、個々の人たちが、テロをやるって言うことは他の人の権利を奪うことなんだという事に気付いてもらうしかないわけだけど、そのためには、「権利」っていうのがなんなのかを理解してもらわないといけない。私なんかはどうしても、やっぱりアメリカが諸悪の根元、っていう気分がぬぐえないんですが、そうだとしても、いまさらどうにもならん。難しいですね。

    • 本当にそうですね。単純に宗教だけの問題ではなく、貧困や世界の不平等さなども複雑に関係しているように思います。

      • イスタンブールから無事に移動してザグレブに来ています。イスタンブールは14時間の滞在でしたが、全く問題なく過ごすことができました。あちこちに自動小銃を持った警備の人(たぶん軍)がいましたし、チェックはそれなりにありましたが、街中はごく普通。ただ、日本からイスタンブールへの便は見たところ日本人は1/3かそれ以下で、トプカピ宮殿のみやげ物屋でも日本人は何で来ないんだといわれました。たぶんテロの関係だっていうと、トルコ人は全く気にしてない、日本だって、自然災害は多いし、それはどうなんだ、っていうことになって、私もそれは気にしてないな、と思いました。で、全体としての感想は、マダム・リリーさんと同じで、行くなら今でしょ、ていうことですね。