実録!ジョブズがすすめた違法ドラッグ「LDS」を試しに14日間使ってみた

LSD(エルエスディー)という違法ドラッグを知っているだろうか。

LSDは、最も強力な幻覚剤のひとつで、ライ麦やその他の穀物に寄生する「麦角(ばっかく)」と呼ばれる菌の中に含まれる化学物質、リゼルギン酸から作られるものだ。一般にLSDは感覚や感情、記憶、時間が拡張、変化する体験を引き起こす。効能は摂取量や耐性によって、6時間から14時間ほど続くと言われている。

日本では1970年に麻薬に指定されたLSDだが、毒性がなく、中毒性もない幻覚剤の一種とされ、死亡事例が少ないため、未だに人間の致死量は分かっていない薬である。

それに加え、Appleの創始者であるスティーブ・ジョブズが、「LSDの体験は人生で最も重要な経験の1つ」としてすすめたことで、アメリカを中心にLSDの効用が注目されるようになった。海外のサイトでは、「LSDを服用すれば、創造力が増し、ストレスを減らして、多幸感を味わえる」という記事も多くみられる。

そこで今回は、こういった海外の記事を読んで、それが本当なのかを試すために7日間マイクロドージング(有効量よりずっと少ない用量の治験薬を用いてヒト体内での代謝や分布を調べる方法)した人の実験記録を紹介しようと思う。あなたは、この実験記録を読んで、どう思うだろうか?

 

実験日記: 仕事の生産性をあげるためにLSDを7日間試しに飲んでみた結果

実験に移る前に、まずは被験者である僕の紹介をしよう。僕はサンフランシスコに住む20代半ばの実業家である。これまでにLSDなんて服用したことなんてないし、強いて言うなら大麻を時々やったことがあるくらいだ。仕事の集中力をあげるためにモダフィニル(覚醒を維持するための精神刺激薬)を飲んでいるが、これまでに効果を感じたことはない。

この実験では、シンプルなルールを決めた。僕が飲むLSDの量は、典型的な量の10分の一まで。これを最初の4日間毎日服用する。5日目は、1日だけ服用を辞めて、その後また14日目まで毎日服用する事に決めた。LSDの一回の使用量は大体100mcgと言われているので、僕は5mcg~20mcgを服用することにした。

どうやってドラッグを入手したの?とたくさんの人に聞かれたが、それは簡単。ネットの裏サイトを使えばいい。多くの人は知らないが、ネットで違法ドラッグを入手するのは信じられないほど簡単だ。

 

実験開始前

今日、薬が届いた。ビットコインを使って購入しなくてはいけなかったので、アマゾンで買い物するよりも手間はかかったが、それでも割とスムーズに購入できた。何の変哲もない普通の封筒に入れられ、LSDは郵便受けに届いた。

実験 1日目

液体のLSDをピペットに吸い取り、5mcgほど舌に垂らしてみた。一時間たっても何の変化もなかったため、再度同じ量(この日の合計10mcg)を服用した。何の変化もなく、普通の1日が過ぎていった。いつも通り仕事をし、気分の変化も全くなかった。少しがっかりした。

実験 2日目

昨日何の変化もなかったので、今日は15mcg服用してみることにした。しかし、何の変化もなかった。
そこで、また5mcg増やした(この日の合計20mcg)。すぐに、何かがヒットするような感覚があった。ひっぱたかれたような強い刺激ではなく、優しく触れられたような感覚だ。しかし、「意識」とは少し違った感覚だった。

これがあったときは仕事中の真っ只中だった。こんな感覚は生まれて初めてだったので、仕事場のデスクを離れ、30分間散歩してみた。その後、また仕事場へ戻ったのだが、やる気がみなぎってくるのを感じた。全てがうまくいっている!という感じだ。後から同僚に聞くと、僕は普段よりおしゃべりになっていたらしい。僕は普段、無口なほうなので、今日は余程気分が良かったのだろう。

実験 3日目

今日も20mcgを服用することにした。夕方には、ずっと笑ったままオフィス内を歩きまわっていたらしい。文字通り、「笑いが止まらない」状態だったという。躁病のように笑っていたのではなく、わたしはただ幸せな気持ちだった。酔っぱらったり、ハイになっている感覚とは違う。夏休み1日目のような、とてもいい日だと思った。

この日は仕事が少なかったので、仕事がある程度片付いたら、ネットサーフィンを始めた。この時僕は、普段よりもたくさん友達と話がしたいと思ったり、いつもよりたくさんの記事を読みたいと感じている自分に気が付いた。

実験 4日目

昨日は最高だった。ベットに入った時もいい気分だったし、幸せな気分で起きることができた。だから今日は、30mcg服用してみることにした。量を増やせば、得られる幸福感にも違いが出るのかを調べるためだ。しかし、そうはいかなかった。

お酒に酔ったみたいな1日だった。ビールを2杯くらい飲んだ感覚だが、実際に酔った時よりも自分をコントロールできる感覚だ。今何が起きているのか、ちゃんと理解していたが、それでも頭が混乱しているような感覚があった。集中力がなかったので、仕事はあまり片付かなかった。明日は服用するのをやめよう。実録!ジョブズがすすめた違法ドラッグ「LDS」を試しに14日間使ってみた

実験 5日目

今日は服用はお休みだ。昨日の影響はなかったが、変な違和感を感じた。

実験 6日目

今日も20mcg服用した。人生は素晴らしい。酔っぱらった感じもしないし、ハイでもない。ただただ気分が良い。僕にはこの量が合っているみたいだ。気分がよかったので、1日があっという間に過ぎていった。体中にエネルギーを感じ、頭が冴えた。

実験 7日目

また20mcg服用した。しかし、効果はあまり感じられなかった。周りの人にもあまり気が付かれない。夜は友人とご飯を食べに行き、彼女にこの実験の話をした。彼女は、「今もLSDでハイなの?」と聞いてきた。どうやら効果は見た目にはわからないらしい。僕とたくさんの時間を過ごし、僕のことをよく知っている人間(例えばルームメイト)ではない限り、よくわからないようだ。

 

実験結果

ここまで読んで、「なーんだLSDってそんなにヤバい薬じゃないんだ」と思った方は要注意!です。

やっぱり、薬物は何が何でも、ダメです。悪い影響はないとどんなにネットで言われていても、絶対に手を出したらダメ。

実録!ジョブズがすすめた違法ドラッグ「LDS」を試しに14日間使ってみた

LSDには身体的依存性はないと言いましたが、それでも精神的依存性は極めて高いです。この実験を行った記者も、普段もより数倍多幸感があり、オープンになって、よく話すようになったと言っています。

しかし、ここに精神的依存の怖さが隠れています。LSDがないと不安感が高まり、幸福を感じられなくなって、薬がない自分は「内気で暗い」、「薬なしの自分はダメだ」と思い始めます。精神的にLSDに依存し、薬漬けの毎日となるのはこのためです。

また、LSDの致死量はまだわかっていませんが、LSDで幻覚を見て起こす事故死や自殺する人は少なからずいます。 LSDは幻覚剤です。そしてこの幻覚を見る状態(トリップ)は、6時間から14時間ほど続くとされています。最大14時間まで幻覚が続くというのは、かなり強力な薬だと思いませんか。

LSD服用者はトリップにより、

  • 固定された強い感情反応や思考の歪曲…被害妄想や自分が発狂したまま戻れないという不安等
  • 万能感の空想や非人間的な宇宙への溶け込みの妄想…自分が救世主であり、あらゆる能力を持っているという妄想や自分が宇宙あるいは生命の起源と融合しているという妄想等

が引き起こされ、無謀な行動や自傷行為に走ってしまうケースがあり、LSD服用による死亡例の大多数はこのようなケースにおいて事故死や自殺に至ってしまったものである。

また、トリップ後の抑鬱や幻覚、狂気への恐怖が自殺を引き起こすこともある

この動画は、LSDを蛇に投与した実験動画だ。 1:10あたりから、蛇の動きが明らかにおかしくなります。

本人は、ただ「いい気分」でいるだけのように感じるのかもしれませんが、実際は冷静な周りから見ると、LSD服用者はこの蛇のように見られるのです。あなたは、こんな蛇みたいになりたいですか?

 

スティーブジョブズがやっていたとか、依存性は低いだとか、毒性はないだとか…。そんなネット上の言葉を信じて、軽はずみに使うのには、リスクが高すぎます。気が付いたころには、LSDなしの生活はできない、薬漬けの毎日になってしまうのです。

やっぱりLSDは、ダメ、絶対。

何度も何度も、繰り返して伝えていきたい言葉です。

参照:http://thehustle.co

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

2 コメント

  1. 「LSDを投与された蛇の動画」と紹介されてますがどこにそんなことが書いてあるんですか?
    元動画のタイトルや説明文にはもちろんそんなこと書かれてませんし、コメント欄では車に轢かれた蛇と指摘されてるんですが・・・