国内ニュース

国内ニュース

日本で今話題のニュース

「日本死ね」に炎上する人は読解力がない。言葉じりにすぐ感情的になる人の共通点

流行語大賞ランクインした「保育園落ちた日本死ね」をめぐって、この言葉が流行語にふさわしいのか否かで論争が起きている。本題の保育園不足よりも、この言葉の有り無しが議論されている、全くもっておかしな現象だ。そういえば、筆者もこれと同じような経験をしたことがある。ネットで反撃する人にはある共通点があるのだ。
世界のメディアは「日本人のセックスレス」を誤解している!5つ

「セックスをしない日本の若者たち」は海外のメディアで、度々話題になる。若者のセックス離れが人口減少の原因になっているというが、これは本当なのだろうか?Yuta Aokiさんが書いた記事がとても興味深かったので、ここで紹介しようと思う。あなたは海外のメディアが伝える「日本」にどのような印象を持っていますか?
外国人観光客が増える日本で、悪意なく人種差別をする日本人

南海電鉄の40代の男性車掌が「外国人のお客さまが多く乗車し、ご不便をお掛けしております」と車内アナウンスをした。ネットでは車掌擁護派の意見が多かった。外国人観光客が年々増え続けている日本。このままでいいのだろうか?外国人が少ない日本は、「国際感覚のギャップ」を自覚しておくことが必要だ。
過労死する考え方「好きなことを仕事にすれば苦痛にならない」

元電通の新入社員が過労死で自殺した。なぜ彼女のように、自ら命を絶つまで、精神的に追い込まれてしまう人が後を絶たないのだろうか。それは、よく自己啓発本などに書いてある、「好きなこと&やりたいことを仕事にしていれば楽しくて、苦にならない」という理想論の押しつけにあるのではないかと思う。
障がい者を地域で受け入れるってかなり難しい…と思った話

筆者の通うフランス語教室にある日、知的障がい者のモロッコ人女性がやってきた。彼女の突拍子もない言動のたびに、参加者がイラついた表情を見せる。本当、障がい者なんていなければいいのに…。障がい者を地域で受け入れるというのは、言うほど簡単なことではない。今回はそう思い知らされた出来事を語ろうと思う。
人種差別に鈍感な日本人より、過剰反応する人のほうが罪が重い

このブログを通して、読者の方から「これは差別的じゃないですか?」と抗議を受けることがある。しかし、偽善的な正義感を振りかざして、人種差別に過剰反応する人のほうがよほど差別的だと、以前から思っていた。そこで今回は、人種差別だと過剰反応することの問題点を取り上げてみた。
世界から非難される日本、マスコミが報道しない「現代の奴隷」とは

世界から再三非難されているにも関わらず、日本のマスコミが報道したがらない問題がある。それは、「現代の奴隷」問題だ。ウォークフリー財団の調査では、日本でも約23万人が現代の奴隷労働に従事させられていると報告されている。日本政府は20年以上もの間、現代の奴隷問題を無視し続けてきた。・・・
「悪いことをすると置いてくよ!」としつける日本人が恐れていること

「しつけ」で 北海道の山林に置き去りにされ、小学2年生の田野岡大和君(7)が行方不明に行方がわからなくなった事件を受け、日本では今、「親のしつけのあり方」が議論されている。実際はこれに近いことをしている人は日本中にごまんといるのだと思う。日本人のしつけの仕方は、本当にこれでいいのだろうか。
誰も語らない日本人の摂食障害、なぜ今患者が急増しているのか

拒食症や過食症などの摂食障害で治療を受けている患者が、現在全国に推計2万6千人いる。日本では一目で、「この人摂食障害だ」とわかる人が多い。なぜ日本人は摂食障害になるのか。なぜ今、患者が増えているのか。その原因を探ってみた。
エクアドルと熊本の地震は関係ある!知っておくべき5つのこと

世界では1年に数百万件の地震が発生しているが、そのほとんどは規模が小さすぎるために気づかれることはない。しかし、熊本県の地震と、その直後のエクアドルの地震はどちらも規模が大きく、世界から注目される災害となった。そこで今回は、日本とエクアドルの地震について、あなたが知っておくべきポイントを5つにまとめてみた。

Pin It on Pinterest