タグ 同じタグの投稿 "バイリンガル"

タグ: バイリンガル

外国語を学ぶメリットというと、外国語を使えるようになってできることを挙げられることが多いが、実は母国語の日本語で会話するときにも隠れたメリットはあるのだ。それは、人から言われたことを「言葉のままに受け取る」習慣がつくことである。語学学習は、言外の意味を勝手に想像しないための訓練になるのだ。

外国語を習得してバイリンガル(多言語話者)になるメリットというのは、知識が増えるという表面的なこと以外にもたくさんあります。そこで今回は子どものバイリンガル教育を応援する海外サイトMultilingual Livingより、世界の様々な言語学者が立証した「外国語を話せるようになる利点」を紹介します。

「ハーフってこんな感じ」と、イメージや憶測だけで決め付けていませんか。ハーフの子どもに対しては知らないうちに傷つけることがないよう注意をしたほうがいいそうです。そこで今回はハーフやバイリンガル教育の専門家リタ・ローゼンバックさんのブログから「ハーフの子どもに言ってはいけない7つのこと」を紹介します。

2ヶ国語以上話す人は日本語だけを話していた時代と比べると、自分のなかで「何かが変わった」と感じる人が多いようです。そこで今回は、2カ国以上話す多言語話者が日常的にやってしまっているだろう独特な行動をまとめてみました。あなたはこれにいくつあてはまりますか?

子どもの早期英語教育が注目される昨今、バイリンガル教育に興味を持たれている親御さんも多いかと思います。しかし、日本語を学ぶだけでも大変なのに2つ覚えさせるとなると、何か弊害があるんじゃないの?と思う人も多いです。そこで今回は、子育てに関する海外サイトより、「バイリンガル教育で誤解されがちな5つのこと」をご紹介します。

「言語が変われば周りの世界も違って見える」という面白い記事を見つけた。記事によれば、まったく同じ出来事を目撃しても、その捉え方は各々が使う言語によって異なるらしい。それでは2ヶ国語以上話す人は、使う言語によって性格が変わってしまうのだろうか。ネットの意見を調べてみた。

国際結婚したカップルの子どもならバイリンガルに育てるのは簡単なことだ!と思っている人もいるようですが、実際はバイリンガル教育はとても難しいことなんです。そこで今回はドイツ人男性と結婚し、現在アメリカで暮らすアメリカ人女性のヘラーさんのブログから、「国際結婚の子供でもバイリンガルになるのは難しい理由」を紹介します。

Pin It on Pinterest