1988年から1996年生まれのゆとり世代が社会で働き始めて数年たった。メールで遅刻の連絡をしてきたり、指示しないと何もしようとしなかったり、上司にタメ口をきくなど、これまでの常識では考えられないようなことを平気でする若者が増えている。このようなゆとり世代の新人教育に頭を悩ませる大人も多い。

 しかし私は、「ゆとり世代はこれだからダメだ」という論調が大嫌いである。ゆとり世代は馬鹿だと批判する大人たちのほうがよっぽど無能に思えるし、問題の本質をはき違えているように感じる。

 ゆとりを批判する大人がダメな一つ目の理由は、「責任転嫁」だ。ゆとり世代は「周囲の人や社会に対する不平不満、批判が多く、問題を人や社会のせいにする」という特徴があると言われている。

 しかし、実際よく考えてみると、ゆとり世代がダメだと言っている大人たちのほうがむしろ責任転嫁をしているのではないだろうか。

 ゆとり教育と言うのは小中学校は2002年度から、高校は2003年度から教育指導要領が変更されて始まったものだ。当然のことながらこのゆとり教育をすすめようと動いたのは当時の政府である。ゆとり世代は当時、選挙権のない子どもなわけだから自分たちで「ゆとりにしてほしい」と名乗り出たわけではなく、戦後から続いた「詰め込み教育」を問題視した大人たちが勝手に決めたことである。

 ゆとり教育に移行したからゆるい若者が増えたという仮定が事実だとして、責めるべきなのは当時子どもだったゆとり世代ではなく、そんな政策を推進した政党に票を入れて、支持をした大人たちである。当時の小泉首相人気に流され、「ゆとり教育を始めたら日本の若者がダメになる」と声をあげなかった大人たちのほうがよっぽど責任は重い。

 政治に関心を持たず、当時のゆとり教育推進を見て見ぬふりをしていた世代の人間が「これだからゆとり世代はだめだ」と批判したところで、それは全くのお門違いだと言える。責任転嫁をする若者を批判する前に、まず当時の自分の責任について考えてみてほしいと思う。自分の責任を放棄して、年下の責任転嫁を責めるのは愚かだと言える。

 第二に、「ゆとり教育のようなゆるいことをやってしまったので常識のない若者が生まれた」という安易な結論付けに疑問がある。果たして、当時のゆとり教育はそれほど影響力をもった改革だったのだろうか。

 「日本」という一つの国の単位でゆとりだの詰め込みだのと論じているが、海外の教育事情から比べてみると日本のゆとり教育はちっとも「ゆとり」とは呼べないのではないか。学習塾に行かないのが普通で、子どもに習い事をさせず、高校受験がないような国は、日本でいうところの「ゆとり教育」の最たるものであるが、これらの国の人たちはみんな常識がなく無能なのか。

 2002年のゆとり教育への移行が、例えば中学校での内申書を廃止したり、国公立高校受験を全面廃止にするなどの変革であれば子どもたちに与える影響力は大きかったであろうが、たかだか従来のカリキュラムから授業時間が2割減ったとか、円周率が3.14から3になったという小さな”変更”だけで、「ゆとり世代ができあがった」というのはあまりにも極論すぎる。

 考え方が甘い若者が増えてきたのはゆとり教育のせいだといえば、事態を簡単に理解できたかのように思えるが、そう思えてしまうところが一番の落とし穴で、安易に「ゆとり教育がダメだったから」と結論付けてしまうのは浅はかだと思う。

 それに、現在の17歳から26歳ゆとり世代に限らず、いつの時代も若者は年長者から見ると「ゆとり」なのではないか。戦争を生き抜いた世代の人から見れば戦争を知らない世代は「ゆとり」だろうし、食べるものに困った時代を生きた人から見ればモノに溢れる時代に生まれた人は「ゆとり」だ。だから、ゆとり世代が生まれるというのは、単に世代交代でしかない。自分が「大人」という括りのなかに入ったことを自覚し、大人の接し方をすることが求められる。

 最近、テレビやネットでは「ゆとり世代はこんなにダメだ」というトピックが面白半分で取り上げられるが、これらを鵜呑みにすることなく、目の前にいる若者と真摯に向き合うことが大人として求められると思う。

 ゆとり、ゆとりと言葉だけが先走ってしまうが、ゆとり世代でも「今時こんな子もいるのね」と感心してしまうくらい常識的でしっかりした人もたくさんいる。反対に、ゆとり世代ではない人でも常識やコミュニケーション能力にかける人がいるのも事実だ。

 「ゆとり世代はこれだからダメだ」という安易な論調に走らず、目の前の若者をいかに成長させることができるかを考え、努力する。少なくともそんな大人でありたいと思うこの頃だ。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

22 コメント

  1. ゆとり世代よりバブル世代・団塊世代に呆れることが多い氷河期世代

    世代的にゆとりの方が価値観が近いんだと思う
    デートは割り勘・乗りもしない高級車をかっこつけの為に購入しない・会社のつき合いより家庭を大事にする・どれもすごくまっとうだと思うけど
    これに意義を唱える高度経済成長期世代の拝金主義・成金趣味な価値観についていけない事が多い
    戦中世代以上の方がまだ堅実だから価値観が合う

    ゆとり批判してるのは高度経済成長期世代だと思うわ

  2. いつの時代でも年長者か見るとゆとり

    なんか親にあんたはゆとりだから、ってしつこく言われて腹立ってたけどこの言葉で納得したし気持ちが落ち着いた。そうだよね、今の大人だってゆとりっていう言葉が無かったから言われなかっただけで似たようなことは言われてたはずなのに人に言うのは平気なんやね、サイテー。
    もう、なに言われても無視しよ。んでわたしが
    40代になっときはその時の若者におんなじことはしない。

    • ゆとり世代だからってバカにはされない
      人間になろう

      心に「ゆとり」ある人間にね。

  3. ダメなゆとり世代を作ったのは、確かに大人達だ。
    だけど、言われる事をしてるから「これだからゆとりは」と言われるのだろう。責任転嫁する前に自分を見直したらどうだろうか?大人達もまた、きちんと見本となれる人格者になれ。

  4. ゆとりって馬鹿にされてムキになる方が変。
    そこで否定しようとも変わらないわけで
    けっきょくは暖かい目で見てよって考えだからムキになるだけ
    そこがダメなんじゃないかなぁと思うね

  5. いや、バカでしょう。
    やることなすこと、他をバカにしてるからバカにされてるのであって、「ゆとり世代」だからバカにされてる訳では無いです。
    もっと根本で考え直しては如何ですか?
    物事、客観的に、筋道を立てて、考えれば、いかに自分たちが筋が通っていない、原因があって結果が出る、いかにも当たり前かのような仕組みを、認知せず、理解できていないのかが分かります。
    能力を身に付ける付けないかは、個人の自由です。ただ、全く無いものを有ると主張して、社会を乱すのは、やめてもらいたいです。

    • 【団塊ジュニアの特徴】
      ・日本の負の遺産
      ・数だけが多い無能
      ・子供を産まないため、少子化が加速(戦犯)
      ・クレーマーが多い
      ・マスゴミの中心世代
      ・引きこもりが多い
      ・日本最弱世代
      ・負け組が多い
      ・言い訳だけは一人前  
      ・イジメ世代
      ・女の性が乱れており、下品な女が多い

      存在が迷惑
      全世代からの嫌われ者
      中韓に追い出したい

  6. ゆとり世代どうこう言うなら言わせてもらうが、
    そうやって人をひとまとまりにくくって
    自分たちとは違う
    自分たちが若い頃はもっとマシだった
    って差別化することの方が問題じゃねぇの?

    個人を観れる大人になろうよ。
    お前らがやってんのは人種差別みたいなもんだろw

    そうゆうやつらのせいで頑張りすぎて
    うつ病にかかる奴とか多いんだろうなwwwww

  7. コメントしてる奴らに言っとくが
    おまえらの周りは相当人格者だらけなんだな
    おまえら幸せだわ

    世の中にはな、歓送迎会とかじゃないただの飲みの誘い断っただけで、ゆとりだから。
    少しのミスをしただけで、ゆとりだから。
    愛想が悪けりゃ、ゆとりだから。

    別にミスして怒られるのはいいんだよ。
    なんでもかんでもゆとり世代だからって諦めたように言われんのが腹立つんだよ。
    毎回そんな怒られ方してみろよ。
    やる気もそのうちなくなるわ。

    そりゃあなかにはクソみたいな若者もいるかもしれんが、
    大抵の奴は精一杯やれること探してやってる。
    新しいことに挑戦すればそりゃあミスも失敗もあるだろ。

    大人ぶって偉そうにしたいなら
    もっと若者に寛容になれ。
    おまえらが若い芽を潰してんだぞ。

    • 割とまともなことを言っているのに、その言葉遣いがもったいないですね。自分の言い分を聞いてもらいたければ、言い方に気をつけたほうが言いと思います。せっかくのコメントなのに、残念です。

    • 団塊ジュニアは世間で迷惑かけ、見下される世代w
      キンコメ高橋、エンブレム佐野、国会で牛歩した太郎、「保育園落ちた 日本4ね」を利用して有名になった山尾

      日本の恥

  8. あなたの記事にはある話題に対するあなたの当たり障りのない理論固めした考察という風な印象を受けます。こういう傾向がある
    これは一部の意見、これは一部の人間である
    全体を指すわけではない
    などなど議論にこのような言葉は
    必要だとは思いますし、そうしないと誤解されますよね。ですから、この記事も特定世代全体の方を指していないことはわかります。
    ですが、読む限りあなたは特定の世代を指して
    自分の主観で最後に締めくくっています。
    ゆとりを決めたのはその世代でも誰に責任があるかは、結局理性的に語れば、
    ゆとりにすると決めた人は決めた1人だけですよね。反論する人がいなかったというのはある意味結果論的な部分があり、声をあげてた人がいるかもしれません。たった1人の意見が国の決定になることはほぼ不可能ですが、たった1人でも言っていればその世代の全体意見にはなりません。だから、ただの反論する流れがなかったという傾向です。理性的に語れば、そもそも、記事にある被害を受けた若者が何人いて何人がその発言をして、と一つずつ理詰めする必要がありますよね。
    結果として、この記事には100%理性的であるとは言えません。だから私はどの目的で記事を書いてるのかという疑問にぶつかりました。ただ揶揄をしたいのか、世代間の関係性についてのあり方をゆとりを例に議論したいのか。そこで思ったのは、あなたはこの例もそうだし、社会的に問題になっている事柄について自分の意見を言いたいのではないかと。それは公平性のある意見だと自分で思っていてそれをみんなに聞いてほしいと。だけど全体については語れない、いや全体のことを語るには、とてつもない知識と時間が必要で、100%理性的に話す必要があり、それを人に読んでもらうためには、もっと自分の見識を広げないといけないし、また記事も本を出版するくらいの量を書かないといけないって分かっているのではないでしょうか?それが単純に
    面倒なのか、そこまで考えてないのか分かりませんし、私もここにコメントしている通り、
    そこまで面倒な時間努力を注ぐ勇気もありません。ですから、このようにコンパクトに記事をまとめているのかなと。私の意見ですよ、と。
    でもまあ普通に考えて見る人がいると思って記事を書いている以上自分の意見の正しさを伝えたいと思う節はあります、よ、ね?汗
    ただ、それならば
    あなたはゆとりをダメだと言う世代を単に馬鹿げていると言いたいのか、ゆとりについての経緯を共有した上で世代のあり方に語りたいのか、という主観的な話をしたいのか客観的な話をしたいのかはっきりしてほしいなと思います。ちろん受けて側のリテラシーにもよることはわかっています。100%理性的でないことも分かっています。
    あなたが、
    このサイトを作り上げたのもそれなりの
    理由があるかもしれないですし、続けている以上自分以外の意見が飛び交うのも承知で、
    時には、この記事やっぱり私が間違っているのかもしれないなど、思うことはたくさんあると思います。単純にみんなに議論をしてほしいからかもしれないでしょう。
    要は割り切って書いてほしいのです。
    批判的に書きすぎているので、
    あなたには頭の痛い話かもしれませんが、
    私はあなたの記事を楽しみにしていますし、
    だからこそ、理論的に話してもその論拠が単なるどこかの調査だったり経験則だったりすると他の人には当てはまらないことがあるのは明白で、ならば、海外に行かない行けない(色々な理由で)人や、海外に行っててもあなたとは違う経験をしている方々、(この記事については日本の中での話ですけれど。)皆さんの違いがあることを前提に、話してほしい。あなたの主観的な話を聞きたいです。他にも違いはたくさんありますしね。
    というか皆んな主観的な話しか出来ませんよね?
    客観的な話こそ、論拠も理論も全て、
    それ前提として認めていいの?みたいなことをはらんでいると思います。例えば、
    平和を定義するとして戦争がないこととしよう、とか。これって、戦争が無くて平和ならこんなに人が物質主義になった世の中を平和と呼びますか?ってなりますし、じゃあ、平和って何?ってなりますよね。結局主観で物事は決まります。
    そしてそんな私たちの厳密な話は必ず批判を呼びます。そういった前提に立つとあなたが
    正しい意見を得られるのは永遠に先に話ですよ。
    要約すると、
    あなたの記事には、客観的に見ている点と
    主観的に見ている点が混在していて
    そのために理性的におかしい点を主観で押し切っている感があると言いたいののです。
    人は100%理性的にはなれません。
    理性的ならば悲しみや楽しみなどの感情の定義から始まりそれは自己矛盾を起こしますから、
    人をいじめて楽しいと思う奴もいます。
    それは社会的に見ておかしいであって
    原初的に正しいか難しいですよね。
    だから、長くなりましたが、
    中途半端に主観と客観を織り交ぜた記事は誤解を生みますから、その原因がどちらにあるか関係なく、記事を書く人としては
    どちらかに割り切るか、主観、客観を
    先に宣言して交互に述べておくかで、
    読み手は、
    あーこれは書いている人が思っていることで
    絶対そうだ、みたいなことではないんだと容易に判断できます。主観を理論的に語ろうとしても、間違いなく他人には相容れないことですからね笑
    あなたが、私以外の意見は理論的におかしいから全部論破してあげるわって考えているのであれば、私のここまで書いた文章は
    無意味ですので、お時間頂戴しありがとうございました、と言っておきます。笑
    ただ、インターネットの利点として、たくさんの人が見れますから、多様性を認めるように、
    極めて公平性のある記事にしてそこに集まる色々な意見をこれまた公平性に気にして記事にしたりすることで、色々な方が不愉快な思いはしませんし、あなたも心に余裕ができるのでは?1人でたくさんの方の意見に対するのは
    結構しんどいと思いますし。今はなんでも公平公平!ですから笑
    私の尊敬する方に岡潔さんという方がおられます。知っているかもしれませんが笑
    その方は、日本人とは情緒である、と。そして数学をすることの人類への利益について聞かれて
    スミレはスミレのように咲けばよいのよであってそのことが春の野にどのような影響があろうとなかろうとそれはスミレのあずかり知れないことだ、とおっしゃいました。極めて理性的な数学者の方でも、この世の原理が、理性的に語れることではないと理解したのでないかな、と思いました
    だから、あなたの喜怒哀楽見せてほしいですね笑
    私はイギリスに1ヶ月しか自覚を持ってから言ったことはありませんから、海外の色々なこととか
    聞きたいです。お願いしまーす!
    トピズレ最後しましたが、ありがとうございます

  9. 私はゆとり世代という言葉はもともと嫌いでした。しかし一般的に言われるゆとり世代と接する機会が増えた今思うのは、確かにゆとり世代だと感じます。自分らの頃は年上の人に対してタメ口等は決して使わなかったし、先輩方の話はきちんと聞いてきました。今の世代は教育環境からそうですが先生方が小学生に対して〇〇さんと名前をいいます。色々言い訳はありますが、私から言わせれば明らかに保護者対策でしかありません。そのせいか社会に出ても先輩や年長者に対して敬う心がなくタメ口を使ってきます。先輩方が仕事に対して教えても反感ばかり持ち何が正しくて何が間違っているのか考えようともしません。自分が正しいと思い込んで反抗的な態度ばかり。後日、言い過ぎたかなと思いこちらから歩み寄っても生返事のみ。話した内容に対して省みようとはせず相手が悪いと一方的にしか解釈できない。それが私が接してきた新社会人たちです。もちろんきちんとした子たちもいます。が、相対的には、私が接した限りでは、ゆとり世代と言われても仕方のない子供たちが増えたこと間違い無いと思います。

  10. 「◯◯君ってゆとりだよね?」って言った人たちよりも年収は上になったし、そういう人たちとは関わっても損するだけだから無視しとけばいいんだよ。Twitterで流れてきたので今更コメ!