あなたが国際結婚すべき7つの理由』という記事では賛否両論様々な意見を頂きました。国際結婚はどちらかの国に住むことになり、生活面で苦労することも多いのが現実で、国際結婚をする場合はそれなりの覚悟が必要だと思います。しかし、国際結婚に対する捉え方は人それぞれで、実際に国際結婚した人でも様々な意見があります。
 そこで今回は実際に外国人と結婚した妻たちが語る”国際結婚”のウソホントを紹介します。国際結婚妻たちはどんなところで幸せを感じ、どんなところで苦労しているのでしょうか。

 

● 食事が困る
 私はアジア人、彼がオーストラリア人です。テレビや音楽の欧米化の影響もあり、アジア人が欧米文化に合わせるほうがうまくいくような気がします。彼はアジア人の私の文化に合わせるのに苦労しています。
特に食べ物のことでよくもめます。私は未だにうまくビーフステーキが焼けませんし、彼はご飯とおかずを同時に食べるというアジアの食事方法がいまいち理解できていないようです。(Gloriaさん)

● 山あり谷あり
 イギリス人男性と結婚し、現在はイギリスに住んでいるアメリカ人です。私たちはどちらも英語圏の人間ですが、イギリスとアメリカの文化の違いは想像以上に大きいものでした。
バケーションでは大抵旦那の実家に行くことが多く、私の実家に帰省することはあまりありません。しかし、娘たちにイギリスとアメリカの両方のパスポートが渡せることを誇らしく思っています。これで娘はアメリカとイギリスのどちらでも教育を受けられるし、どちらに住むのか選択することができます。親ができる子どもへのプレゼントでこれ以上に素敵なものってないですよね。(Jenny さん)


● 国際結婚はおすすめしない
 フィンランド人と結婚したアメリカ人です。フィンランドに7年住んでおり、子どもは2人います。夫と子どもたちには感謝していますが、国際結婚はおすすめしません。実家の両親や友人から遠く、つながり意識のない場所での暮らしはそんなに簡単なことではありません。結婚して相手の国に住むことになったら何を諦めなくてはならなくなるかを、じっくりゆっくり考えてみてください。今ではフィンランドでもアメリカでも、どこに行っても自分は外国人のような感覚です。(Lanさん)

● どっちにしろ悩むのが人生
 国際結婚したことに後悔はないですが、夫が実家の家族から遠く離れて暮らさなくてはいけないことに罪悪感を感じるときがあります。しかし、今の夫と結婚していなかったらこれらのモヤモヤはすべて消えているのかと聞かれると、そうでもないような気がします。要するに、”人生のなかの成長”ということでしょうか。(Coreyさん)

● 人生が豊かになる
 マドリードでコロンビア人男性出会い、結婚したアメリカ人です。結婚して今年で10年になります。外国人と結婚して一番いいことは、”人生が常に面白くなる”ではないでしょうか。私たち夫婦は似たもの夫婦でありながら、全然違うカップルでもあります。そんな2人が子育てをするというチャレンジそのものが私は好きです。文化が違うからこそ、私たち夫婦は結婚したその日から2人の関係を大切にするべきだと思っていました。(Kellyさん)

● 生まれ変わったら国際結婚はしない
 香港人男性と結婚し、現在は台湾で生活しているフランス人です。旦那も子ども大好きで、夫婦関係にも特に問題はありません。しかし、自分の夢を諦め11年間アジアで暮らした今、生まれ変わってももう一度同じことをするかと聞かれたらNOです。生まれ変わったら、文化の違いの少ないフランス人男性(もしくは欧米人)と結婚します。愛する人と結婚するのはアリですが、外国人だからという理由で結婚するのはナシだと思います。(Ellenさん)

● 日本人と結婚して…
 オランダ育ちのアメリカ人で、日本人と結婚しました。私にとって国際結婚は”チャレンジ”です。これまで私たちは日本、オランダ、イギリス、アメリカに住んでいました。日本の文化は欧米文化とは違うところが多く、互いの文化を理解し、いい夫婦関係を保つためには努力が必要です。結婚して15年ですが、私はとても幸せです。でも、この幸せを長続きさせるためには努力し続けなくてはないけない。これは同じ国の人と結婚した場合も同じですが。(Alexさん)

● 結婚はしていませんが
 ロシア人の母とコスタリカ人の父に育てられた24歳です。国際結婚カップルに育ててもらって、私はとても恵まれていると感謝しています。今ではロシアとコスタリカの両方が私の世界です。自分自身も、将来は他の文化背景を持った人と結婚したいと思っています。普通の結婚よりもより多くのことを知り、人生が豊かになると思います。私自身が国際結婚の”産物”とも言えますが、国際結婚カップルの元に生まれてこれて良かったと心から思います。(Marianaさん)

● 良いことも悪いことも
 アメリカ人と結婚し、現在はアメリカで暮らすドイツ人です。実家から離れた場所で暮らすのはやはり簡単なことではありません。結婚式や親せきの集まりなどに参加できないのは心苦しいです。特に子どもが生まれて、自分の両親に孫の顔を頻繁に見せてあげたいと思うのに、それが実際は難しく、憤りを感じることもあります。
しかしながら、子どもたちにアメリカとドイツの両方の国籍をあげれることや将来どちらに住むかと決められる選択肢を与えられることを嬉しく思います。子どもをバイリンガル、トリリンガルに育てることができるというのも素晴らしいことです。アメリカとドイツでは文化の違いがありますが、それも含めて私の人生を面白くしてくれているのだと思っています。(Michaelaさん)

 

まとめ

国際結婚は、日本人同士の結婚にはない「良いところ」もあれば、日本人同士の結婚なら経験しないであろう「苦労」もある。一長一短。しかしこれは何も国際結婚だけに言えることではなく、全てのことに言えるのではないか。
結婚するか、一生独身でいるか。一人暮らしをするか、実家暮らしをするか。転職するか、今の仕事を続けるか…。
結局のところ、人生のどの選択をしたとしてもそれぞれにメリットとデメリットがある。何を捨て、何を手に入れるかを選択するということ。国際結婚をしようかと考えている人は、自分が人生に何を求めているのかをじっくり考えてみてはどうだろうか。どの選択をしてもいい。結局は、”何を求めるか”である。

参照サイト:multilingualliving.com


11 コメント

  1. 国際結婚はアジア人女性が異人種に憧れるというパターンでしかうまくいかないと個人的に思う
    アジア人は相手に合わせることができるし日本はさらに相手に合わせることができる
    従順さと相手男性やその国(カルチャー)への無条件の尊敬が無いと難しい

  2. 少なくとも日本人にとっては全体に対しての国際結婚率2% 国際離婚率7%ってのが真実だと思うけどね
    テレビでもコレ系の記事でも基本的に上手く行ったポジティブケースを土台に制作してネガティブ面の情報が弱すぎるのは偏ってるって事にはならないんかね?
    もちろん上手く行ってるカップルも沢山あるけどさ

  3. 前に日本の番組で国際結婚した日本人を見たんですが、

    イタリアに嫁いだ日本人が現地の白人夫から奴隷扱いされ、

    更に白人の女からも色物扱いで観られてかわいそうでした。

    アメリカにフィリピン人女性と結婚した友達が居たんですが、

    白人の夫(友人)がアジア人を奴隷扱いするのは正直辛いです。

    そして何故日本人はあそこまで我慢できるのか。理解出来ません。

    僕はもっとアジア人が対等の立場に慣れる事を望んでいます。

    • あまりテレビの情報を信じるのも、どうかと思いますけどねー。企画に合わせた誇張ばっかりですよ、テレビは。

  4. 食べ物もそうだけど、日本の便利さをしみじみ感じますね。
    車ないと生活できないし、アメリカだと現地ママ達の中で日本人を無料ベビーシッターにさせようと子供お願いってしつこくいってくることも多いし。
    まー日本も日本で、百貨店の物しかダメとか訳の分からない暗黙の了解みたいなルールつくるママもいるしどっちにしても子供がいると大変だね。
    だけど日本のほうが便利だから日本じゃないと無理かな。

  5. 私(日本人)旦那(アメリカ人)の国際結婚だけど、ホント日本人と結婚しなくて良かった!!と思う。旦那がすすんで家事全部やってくれるから、頼まれた時以外一切やらなくていいし。料理も私があれ食べたい!って思った時にしか作らない。なので私が作る回数は月一回あればいいほう。食事もまったく苦労してないです。
    旦那がアジア系料理全般好きなのもありますが、とにかくチャレンジさせます。
    あと、私も旦那も、別に同じ物を一緒に食べなくてもいいんじゃない?主義なので、同じ物を食べない日が多々あります。

    とにかく自由です!私が男友達と何処に遊びに行こうが、余計な詮索しないし(というか、信頼してるんだったら疑う必要ないよねっていうのが私達の持論)私も全く気にしないので、スゴい楽です(^^)親友同士が結婚した感じですかね。喧嘩もちょっとした言い合いくらいはしますが、お互い別々の部屋で頭を冷やしてから話し合いをするので、大事になったことはありません。

    アメリカ人の男は選べば自分の好きにさせてくれますよ!(っていうかそうじゃないといらない。私的に)

    • 失礼だが本当に結婚してます?
      国際結婚をしてる女性をだらし無いとか股が緩く倫理や一般常識がないと蔑めたいの?
      日本人男性だって家事や育児に積極的とても優しい人もいれば家の事は無関心な外国人はそれぞれたくさんいる。
      これは言っちゃをおしまいだが人として何か大切なことが欠落してるようには思える、 コメから。

      • うーん。なんで、蔑むって発想になるのかな? 結婚については色々な価値観や考え方があるし、人それぞれそのカタチも違う。股が緩い?? お言葉ですが・・。私は、あくまで ‘ 遊びに行く ‘ と言っただけでセックスしているとは言ってませんよwww まぁ、男友達と遊びに行くのはアメリカでなくても、インターナショナル間では別に珍しい話ではありませんが・・。アメリカのことを少し勉強されてから、発言されたらどうですか?
        (笑)

        だらしがない? 私が押し付けているわけじゃないし、上にも書きましたが、《自ら進んで》つまりオファーで、やってくれています。もちろん、わたしから「手伝う?」とか「これやろうか?」と言うこともありますよ。 大抵は断られますが・・ww ちょっと思ったんですが、男は稼いで、家事は女性がやるべきなんて凝り固まった常識で批判なされてるんですか? 私は、それをその人が幸せに感じているのならば、悪いとは思いません。ですが、私の場合は違うというだけです。

        などなど、あなたの勝手な物差しで私を計らないでもらえますか? 片腹痛いですwww

        PS。。 確かに、家事全般やってくれる日本人もいるでしょう。しかし、ごく少数だと感じています。
        それに、そんな人もいる!議論を始めてしまえば世界各国どこでも!な話になってしまいます。
        基本的に、この話(話題)はメイジョリティー、またはその傾向によってカテゴライズされた話でしかない・・。その中での、個人的な意見に過ぎません。そのことを解っていますか?

    • ご自分で言ってることがまるで分かってなさそうなコメントですね。

      >親友同士が結婚した感じですかね

      だから良かった、ってだけのことで、何も彼がアメリカ人だからってわけじゃない。

      >アメリカ人の男は選べば自分の好きにさせてくれますよ!

      日本人男性だって、「選べば」女性(おくさん)の好きにさせてくれるでしょう。

  6. ボリビア人と国際結婚。ボランティアでボリビアへ行って、一緒にウユニ塩湖に行ったり、サマイパタに旅行したり。私が美容師なので、シャンプー講習のモデルで彼に手伝ってもらった時、わざとおっぱいが彼の顔に当たるようにシャンプーしてあげたら、その夜に彼が「もっと、あてて。触らせてっ」ってアプローチしてくれて、週末は彼のお父さんやおばあちゃん、こどもたちと一緒にチュラスコしてみると、大家族が羨ましくなった。日本は核家族が当たり前になっているので、ボリビアの愛情溢れる大家族に憧れます。

  7.  私は日本人ですが、今日これからコロンビア人の妻を日本に迎えて、新婚生活を送ります。結婚してから6年たってて、お互いの国で離ればなれで暮らしていましたが、これから一緒に暮らすことに、期待と不安が混在してます。彼女はあまり気にしてないようなのですが、彼女の年老いた母や兄弟と引き離してしまうことに、常に心配と罪悪感が付きまとっています。
     彼女いわく、距離は離れているけど、いつでも帰れるから大丈夫といっていますが、女性の立場としては家族って大切だから一分一秒とも離れていたくはないのじゃないかな、、って思うってしまうのですよね。

     そんな心配や不安が起きないように大事にしていきたいと思ってます。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here