国際結婚する女は気が強くてブスばっかり…という差別はどこからくるのか?

国際恋愛&国際結婚するオンナは、外専ブス女ばかり…

国際結婚した女性は一度はこのような批判を耳にしたことがあると思います。世の中には、「外国人男性と結婚する女性の特徴」、「外国人の彼を射止める日本人女性のタイプ」というような情報が溢れており、これを鵜呑みにしている人が少なくありません。これらの「タイプ分け」の内容を見てみると、どれも似たり寄ったりの内容だったりします。

欧米人と国際結婚する日本人女性の特徴

  • ブス
  • 黒髪ロングで目が細い、ヒラメ顔
  • 白人好き
  • 気が強い
  • 遊んでる=おしとやかさがない
  • やせ形ではなく、ふっくら体型
  • ポジティブ思考で、自己主張できる

とこんな感じです。でも、ちょっと待ってー!

そんな一般化できるかー!!

はっきり言って、めちゃくちゃです。こんな無理矢理ひねり出したようなカテゴライズに何か意味があるのでしょうか。類は友を呼ぶとはよく言ったもので、筆者の周りには国際結婚した日本人女性が50人以上いますが、これに当てはまらない人のほうが多いです。

ブスもいれば美人もいるし、目が大きい人もいれば一重もいる。ぽっちゃり形もいれば、ガリガリもいます。欧米人女性のように気が強い人もいれば、日本人らしく控えめな人もいる。「外国人と結婚する日本人女性のタイプ」なんてものはないと思います。強いて言うなら、「日本語以外も話せる人が多い」くらいです。

大体、「日本人と結婚する日本人女性のタイプ」を一般化することなんてできますか?外見も性格も人それぞれとしか言いようがないし、強いて言うなら「日本語しか話せない人が多い」ではないでしょうか。なぜ、外国人と結婚する女性だけが特別視=差別されるのでしょうか

その理由にはとても根深い日本人の外国&外国人に対する偏見が絡んでいるような気がします。そこで、外国人と結婚する日本人女性が差別される理由を考えてみました。

 

わざわざ「外人」を選んだという思い込み

国際結婚をする女性は身近な日本人ではなく、“わざわざ”外国人だけを狙って交際をしたと思い込んでいる人がいます。だってそうでしょう、日本には外国人が少ないし、言葉だって日本語が一番意思疎通がしやすいはず。

確かにそういう人もいますが(完全に否定できないところがミソですが)、そうでない人もたくさんいます。

例えば筆者の場合、フランス人の旦那とは学生の頃、日本の大学の留学生寮で知り合いました。この学生寮には、アメリカ人、イギリス人、フランス人、カナダ人、中国人、韓国人、台湾人など、たくさんの国籍の男女の学生がいて、キッチンとシャワー共同、月に一回「国際交流」という名目で寮内でパーティーを開いていました。

当時の筆者はもちろん日本人の友人もいましたが、日によっては日本語より英語を多く話す日もあり、日本人よりも外国人と話す機会のほうが多かったです。このような環境のなか、筆者にとっては一番魅力的だった今の旦那と付き合い始めたわけですが、それは彼が”フランス人だったから”ではありません(フランスになんて全く興味がなかったし、むしろ当時のフランス人のイメージは「気難しくてプライドが高い遊び人」というネガティブなものでした)。

よく、「なぜ日本人ではなく外国人を選んだのか?」と質問してくる人がいますが、この質問を聞くたびに「そもそもなぜ日本人を選ばなくてはいけないのか?」と思ってしまいます。英語で色んな国の人と会話ができ、ジョークを言って笑ったり、悩みを打ち明けたり、互いに励ましあったりできるなかで、わざわざ日本人だけを選ぼうという発想になると思いますか?(むしろ、文化の違う相手のほうが、基本が「違う」という前提がある分、日本人以上に何でも話しやすかったです)

海を泳いでいる魚の全てが恋愛の「候補」なわけで、マグロ(日本人)だけを一本吊りしようとは思わず、表現は悪いですが、一番おいしそうなお魚をゲットしたわけです。

事実、国際結婚する人の多くがこのような環境にいる場合が多いです。特に、海外留学をした場合は、日本人よりも外国人の友人のほうが多くなります。語学ができて、意思の疎通に問題がない場合、わざわざ日本人だけをえり好みして付き合うほうがはっきり言って難しいです。

つまり、わざわざ「外人」を選んだという発想自体が非常に日本的で、閉鎖的だと言えるのではないでしょうか。自分の周りにたくさんの外国人がいて、コミュニケーションがスムーズにとれるのであれば、「日本しか知らない人」に魅力を感じなくなってしまうのも理解できると思います。

 

白人コンプレックスからくる偏見

2つ目の理由としては、国際結婚する女性に偏見を持つ人自身に白人コンプレックスがあるというケースです。よく、「かっこいい外人さんと付き合っている女性がどんなものかと見てみたら、案外ブスだったwww」という発言をする人がいますが、もうこれ自体がコンプレックスありありに思えてしまいます。だって、ツッコミどころが多すぎるでしょー?

なぜ、外人だとかっこいいのでしょうか?日本人のなかにも不細工とイケメンがいるように、外人にだって不細工とイケメンがいます。ブスと結婚した日本人男性だってたくさんいるでしょう?そして、日本で言われている「かっこいいイケメン外国人」は、欧米社会でのハンサムとは違うケースがほとんどです。

上の「かっこいい外人さんと付き合っている女性がどんなものかと見てみたら、案外ブスだったwww」というのも、その外国人の顔を見てみれば、たいしてイケメンじゃない場合が多かったりするし、仮に外見は良かったとしても稼ぎがゼロだったりする場合も多いです。結局は、人種が違っていても、自分と同程度の容姿レベルの人と結婚しているパターンが一番多いと、筆者の半径5メートルを観察していて思います。

こんな容姿が優れている外国人が選ぶ女はどんなのだろう?と思う。←もうこれ自体が、偏見なわけです。

そして、「逃した魚はまずかった」と思い込みたい願望がモテない男性のなかに少なからずあるのではないかと思います。これが、国際結婚する女性に対するマイナスイメージに結び付いている気がします。

 

なんであんな女が勝ち組なの?という嫉妬

国際結婚する女性を差別するのは、何も男性ばかりではありません。日本人女性のなかでも、「なんであんなダサい女が外国人と結婚していい気になってるの?」と思っている人がたくさんいます。しかし、これもツッコミどころが満載です。

まず、なぜそもそも国際結婚している女性が勝ち組なのでしょう。国際結婚した女性は、相手の国に適応するのに苦労したり、旦那と子育ての方針で揉めたり、一生外国語を学習し続けなければならなかったり、日本人男性と結婚した場合にはない「苦労」がたくさんあります。

国際結婚した筆者の立場から言うと、国際結婚は決して「勝ち組結婚ではない」です。

しかし、外国人と結婚した時点で、特に女の世界においては、「調子に乗ってる勘違い女」だというイメージがついてまわります。もうこれは現状ではしょうがない。この点は、筆者も帰国する度に非常に気を遣うところです。

何であんなダサい女が国際結婚するの?←この「ダサい女」には、「私よりダサい女」という意味が暗に含まれているような気がしてなりません。要するに嫉妬心なわけですが、国際結婚していい気になっているという発想自体がそもそもすでに勘違いです。

日本で暮らしている国際夫婦の場合はよくわかりませんが、海外で暮らす場合は「いい気になる余裕」なんてないし、そもそも国際結婚している人自体が日本のように珍しくはないので、特別視されることもありません。

筆者の感覚で言うと、自分の恋愛や結婚生活に満足していない女性は、国際結婚した女性を特に厳しく批判するように感じます。「男の嫉妬は怖い」とよく言いますが、女の嫉妬だって怖いなぁと国際結婚して改めて知りました。

 

おわりに

とまぁ、国際結婚する女性に対しては日本で暮らしている人からは、あまりイメージを持たれませんが、これもしょうがないのかなと思います。「国際結婚する女は白人好きのブスばっかり」だと思う人は、そう思い続けていればいい。海外生活にも慣れてきて、日本人よりも外国人と多くつきあうようになると、こういった偏見や差別も気にならなくなってきます。

ただ、これからもっと国際結婚が増えるようになって、日本人の誰もが「知り合いに国際結婚した人が50人はいる」ような国になれば、こういった偏見がなくなる日もやってくるのかもしれません(ま、それもまだまだ先の話ですが)。

ちなみに、国際結婚した日本人男性に対する偏見というのもあるのでしょうか?そのイメージはプラスですか?マイナスですか?コメント欄で教えてください。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

65 コメント

  1. あいかわらず「差別」という言葉をもてあそんでいますね。
    [国際結婚する女は白人好きのブスばっかり…という差別]…..え、そんなステレオタイプ批判を誰にしてるの?
    「差別」じゃなくて「侮辱」でしょ?
    侮辱をする奴らはこんな奴らだって言いたいのかな?

    ①どうせ【わざわざ「外人」を選んだという思い込み】してんだろ、な奴

    ②どうせ【白人コンプレックスからくる偏見】をもってるような奴

    ③どうせ【なんであんな女が勝ち組なの?という嫉妬】すつような奴

    そんな一般化できるかー!!
    そんな一般化できるかー!!
    そんな一般化できるかー!!

    大事なことなので4回言います。  そんな一般化できるかー!!

    とくに③を書いちゃう人の妄想力は、何ていうか…凄いです…

    • まったくそう思います。
      嫉妬されてるという勘違いは凄すぎます。
      自分の外見を自分で褒めてたり、差別されたことがないと堂々と書いたり。凄い妄想力。
      忙しく働いてたらこんなつまんないこと考えないのに、

      • >忙しく働いてたらこんなつまんないこと考えないのに
        笑。確かにそうですね。私もそう思います!でもね、世の中案外くだらないことに注目が集まるわけで、ネット記事を書く人間としてはそれを無視できません。現に、この記事のアクセス数もコメント数も高い訳ですし。
        >自分の外見を自分で褒めてたり
        「美人と言われる」というのは、客観的事実であり、自画自賛とは違うと思います。自分の外見を褒めると言うのは、例えば「私は目が大きくて、顔が小さくて、胸もそこそこあって、身長が高くスレンダーなの♥」みたいなのが自画自賛ではないでしょうか。
        ま、それでも個人的には自分の外見を好きな女性のほうがつきあいやすくていいですけどね。私には弟がいるのですが、結婚するなら絶対に「自分の容姿が好きな人=自己肯定感が高い人」と結婚するようにアドバイスします。
        逆に、「私ってブスだから」と悲観的で自虐的な女は、面倒臭いです。

        • >>自分の外見を自分で褒めてたり
          >「美人と言われる」というのは、客観的事実であり、自画自賛とは違う

          世の中には優しい人がたくさんいて
          仲良くしたいと考えたらこういうこと言ってくれる方もいらっしゃるんですよ
          社交辞令、という…ですね。

          これは、言ってくださった方が優しいということですね。私ならそう考えます。

  2. 私も国際結婚していますが凄い偏見の塊の方がおられるのも事実ですし(リリーさんのは全部あるあるネタです、まともな感覚の方にはバカバカしいですが)、確かに外国人狙いの人もいる。本音は国際結婚した女性は〜と一括にされたら嫌ですが、日本人から見て国際結婚はまだマイノリティーの立場ですから。
    些細なことでも言われて嫌な事は差別だからやめましょう〜なんて言ってても、逆に指摘したらこれは差別じゃねーよと目くじらを立てる人もいるんだよね。だからイチイチ気にしないようにしています。

    • もちろん偏見も多いでしょうが、客商売の日本人の感覚としては
      「……え? 『ソレ』でいいの外人さん?!」
      ってなるのが多いですね。なんだかわかりませんし、外見も人それぞれです。
      でも大なり小なり共通してるのは、
      「ありえない場面で横柄」
      というポイントです。自分は、「脳内白人」という概念を提起しますが、彼女ら
      はおそらく結婚した時点で自分も白人になったと勘違いして、本物の白人ならや
      らないような
      「私が考える脳内白人(普通の白人はそんなこともちろんしない)」
      の行動を取ってしまうのだろうと思っています。
      マダムリリーさんも、フランス人と初めて付き合った頃の失敗談を記事にしてい
      たことがありますが、あれを外から見ると(特に店員とかの視点で)、脳内白人
      が暴れてるなあ、ということになります。

      それと、「ただし白人のイケメンは除く」な変形ミサンドリストが、突然アジア
      圏のネット上で顕在化し、暴れまわってるのがイメージの悪化にも拍車がかかっ
      てるポイントではないでしょうか?

  3. twitter見てると、「twitterレディース」という集団見かけませんか?
    数年前、韓国で女性のためのコミュニティサイトがオープンしましたが、そこで
    極端な男性蔑視の女性集団「メガリアン」が発生しました。
    どんな言動をとっていたか?
    韓国人女性「日本人よ、韓国人男が申し訳ない…」
    で検索してください。
    正直韓国があまり好きなサイトではありませんが、そのあまりの内容に、日本の
    ネトウヨですらボロクソに言われる韓国人男性に、同情の声が上がったほどです。

    どうやら、女性による悪目立ちする自国蔑視集団が、過激な男性ヘイトとともに
    白人男性(なぜか黒人好きは、目視の範囲ではいない)好きを公言してるのが、
    原因ではないかと思います。

    しかもこの変形した、フェミニズムを越えた「ただしイケメンの白人は除く」な
    ミサンドリズムは、今後拡大の様相を呈しています。
    正直、もうこんな人たちはフィンランドにでも移民していってほしいです……。

  4. 改めて「なんで白人の男と一緒にいる 日本人の女性客は、なんらかの横柄さを醸しているのか?」
    というのは、マダムリリーさんは過去に失敗があったことを記事にもされてますが、本当に男女同権(義務ももちろん含めて)が徹底してる中国のビジネス界とかロシア・イスラエル以外では、どこでもプリティウーマンみたいなウンコみたいな願望垂れ流しの女性向けコンテンツが大流行じゃないですか。
    本質は『女は出世が早い』という警句で、これは
    『彼氏や旦那の社会的地位まで、彼女や配偶者である自分の社会的地位も引き上げられる」
    という概念です。まあ江戸時代から「番頭はんの稚児になった丁稚が急に偉そうにしはじめて笑った」という狂歌があったぐらい、男でも起こりうることですが。
    与謝野晶子が「女性向けとわざわざ書いてるコンテンツは全部ゴミ」というようなことを言ってた時代から、ちっとも進化していませんねえ。
    あと、近年同時多発的に発生して、誹謗中傷と実害を撒き散らす日本のTwitterレディースや韓国のメガリアンが、白人の妻ワナビーであることも非常によろしくない。自国の男をボロクソに言うのもセットというか、そのついでに白人男崇拝(ただしイケメンに限る)なんですが。

  5. わっしの父は日本人、母はヨーロッパ人です。

    ハーフ=白人との混血みたいな発想でしょうか。

    一般化するのはおかしいですよね。日本人のおっさんと一回り年下のピーナとかロシアンとのカップルに対する偏見みたいな感じですかね。

    ヨーロッパ人男×日本人女は圧倒的に数が多いですが逆は少ないように思われます。

    女性の方がいろいろアダプトしやすいからでしょうか。これも偏見、差別ですかね。経済力なくてもなんとかなる場合あるし。これも偏見、差別ですね。

    そして昔のわっしの経験ですが、外国語で日本人女性に話かけるときの女性の反応が日本語で話かけるときと大きく違う事がよくありました。これでよい経験をしたこともありました。想像におまかせします。

    上の段落のことがあるからイメージが悪いのでは?!

  6. うん、外人と結婚するのは勝ち組を意味しないというのは、男ならだいたい理解
    している概念です。男なら。
    女性の皆さんには驚きかもしれませんが、ミュージシャン・外人・同性は、トロ
    フィーとしての価値はそれ自体にはありません。
    パートナー選びはおそらくヒエラルキーの下克上的なパラダイムシフトな訳ですが、
    ミュージシャン・外人・同性には一般的にそれ自体にトロフィー効果はないアウト
    カーストだということですよね。
    どっかで読んだ女性筆者の女性向けエッセイで書いてましたけど。

    マダムリリーさんには、
    「なんで自国の異性をサゲてまで他国の異性をアゲる人が一定数存在するのか?」
    を考察してもらいたいです。なんで祖国の異性をそこまで呪うのだろう?
    ただ単にモテなかったぐらいじゃそこまで性根は曲がらないぞ?
    んで、なんで外人の腕にぶら下がってるだけなのに「外人本体より横柄」なの?
    それ、ただの外人だからトロフィーでもなんでもない人間だよ? 横柄な彼女の
    態度に申し訳なさそうにしてるぶん、外人さん自体の人格には評価する点があ
    ることは認めるけど、だからこそなんで連れてる女が
    「脳内白人が暴れてるソレ」
    なの? 19世紀の植民地支配してる白人みたいな振る舞いしてるソレが、きみ
    の彼女でいいのかい? いいなら、責任を持って祖国に持ち帰ってくれよ……と
    思わずにはいられません。
    そもそも外人にぶら下がってるということだけでは酸っぱいブドウだと思わざ
    るを得ないほど惜しい人材じゃないのに……
    と不思議に思ってます。素直に若干惜しいのは、福原愛あたりからかな。
    アスリート同士の結婚はめでたいけど、次世代のスポーツエリートの芽は台湾
    籍になるのは惜しい。

    実は、全く同じ理由で「アジア人好きの異人種の女」も、人種は違えど同類として
    危険物認定してるから、白人の女が 日本人の男が好きだと言っても全く信用しない
    部分もあるかと思います。男女では、逆はまた然らざるものなんでしょうか?
    それとも、根源的な考えというか、遺伝レベルの生存戦略の違いですかね。

    • 脳内白人が暴れてるソレとか、危険物認定とか…。
      コメントの内容そのものよりも、むしろ、そうめんさんがそこまで思うに至った経緯のほうが気になっちゃいます。

      • 観光地で店員やってた時代の、要注意客筋ですよ。
        ヤクザより筋が悪いから注意するべき客に、『外人の男同伴の女』ってのも申し送りであって、言ったのが店長でもあるオバサマだったこともあり、まさか終戦直後のパンパンやオンリーさん全盛の時代じゃあるまいし……と思ってたら、事実だったのでビックリしたのが原因ですね。バイトの女子高生や女子大生が何人泣かされて辞めたか……。
        外人でも女と一緒に来てる女性とは揉めたことはなかったですね。
        数は本当に少ないのに、揉める件数はやたらと多かった。で、引き継いで対処したら外人自体は比較的マトモなんですが、お連れさんの方がね……ってパターンばっかりでした。実例のヤカラ行為の列挙はやめておきます。が、とにかく大なり小なり「横柄」という特徴がありました。

        それからは、接客業からは離れてましたが、ネットで日本で訪れるべき場所ベストテンに入ってた大阪のゲームバーも、ありゃゲームバーというよりミートマーケットとでも言うべき外人ハンターの狩場で、とてもゲームバーと呼べる雰囲気の場所じゃなかったですね。少なくとも俺が間違って入った時は。
        俺はネットでの宣伝通り、海外の珍しいゲーム雑誌を読みながらチビチビ飲める場所だと思ってたのに、外人の男の客はともかく日本人の女の客たちの目がイヤでしたねえ。
        ゲームをやらないのもゲーム雑誌読まないのも自由だけど、なんのために珍しい海外ゲーム雑誌置いてるんだよとは思いました。

        ……で、 日本人の男が好きだとあえて言う外人の女も、まあ人種や国籍は違うけど同類であろうと認識してる、と言うことです。
        ようするに自国の異性を叩くためのダシ。まあ自分がやってるのも広義には自国の異性も叩いてることになってるのは認めます。変形ミサンドリーなツイッターレディースといえども、いちおう日本人女性ですからね。
        韓国のメガリアンも、韓国の男をサゲるために日本の男をアゲてました。でも日本の男側からは、韓国人の男への同情がほとんどでしたが(例外は、「メガリアンのついでに韓国人の男も叩く」だけ)。

  7. 白人好きの日本人女性は、日本人男性と比べたら多いのは間違いないと思います。
    日本人女性の場合、好きな有名人として欧米の有名人をあげる人も多いですが、男性だとそんなに多く感じません。
    もちろん、これだけの理由で白人好きの人が多いってことにはなりませんが、欧米の先進国に住む日本人は、男性と比べて女性の方が大分多いのも、男性と比べて女性の方が欧米先進国への憧れが強い証拠になると思います。
    他の国際結婚する日本人女性の特徴については、当てはまる人もいるってだけで、人それぞれとか言いようがありません。
    ただ、個人的に感じる事としては、国際結婚(特に白人と)した日本人女性は、その事を自慢したがる人も多いようには感じます。白人と結婚=勝ち組みたいな思考の持ち主も少なくないわけですし、間違いないかと。
    意図的に白人に狙いを定めて白人と結婚したなんて人は、流石に多数派だとは思いませんが、実際にそういう人もいることはいるでしょうね。
    あと、「知り合いに国際結婚した人が50人はいる」国になるというか、これは余程交友関係が広い人じゃないと、国際結婚した人ばかりが知り合いみたいな状態でないと難しいのでは?国際結婚した人の場合、それ繋がりで他の国際結婚した人と交流を持つ事も多そうですが、そういったネットワーク抜きで昔からの知り合いが50人以上国際結婚してる状況は、独身の人も少なくない事を想定したら逆に日本人同士で結婚してなさすぎな気もします。

    • >昔からの知り合いが50人以上国際結婚してる状況は、独身の人も少なくない事を想定したら逆に日本人同士で結婚してなさすぎな気もします。
      確かにそうですね!(笑)50人以上はさすがに言い過ぎたかもしれないです。
      どれくらいが「国際結婚が珍しくなくなる」ラインなんでしょうかね?既婚者の知り合いの10人に3人くらい??

  8. 白人と結婚してたら、勝ち組という意識??そういう人がまだいるんですか?儲からない英語教師を続けるような白人と結婚するのは、反対に負け組に見えますが。。今の時代、中国人実業家と結婚という方が勝ち組という気がします。でも、結婚せずに白人がボーイフレンドという位置なら勝組に見えるかもしれませんね。

      • 英語教師をしている白人男性が多いのでこのような考えを持つのではないでしょうか?私自身、英語教師をしている白人男性の友人が多くいますし、日本に住んでいる外国の方は英語教師をしてることが多いと感じます。(もちろんアジア系の方やアフリカンの方もいますが。)そして英語教師は一般企業の正社員と比べると確かにお給料は低いかなと思います。お給料のいい方と結婚するのが勝ち組だと考える方からしたら、英語教師との結婚は負け組だと思うのでしょうね。

  9. 実際大半がそうじゃないの?てか、白人と付き合ってる日本人女性は日本や日本人を見下してるような気がする。白人=全てかっこいい、日本人=ダサい、頼りない、体格がひょろい等など。あと、日本文化とかを嘲笑したりね。。住んでいる地域柄米兵が多くいますが大体連れてる女性は見た目もだし中身もそんな感じですよ。皆が皆そうじゃないけれど大半はそうでしょ。白人だけじゃなく黒人と付き合ってる女性も。ほんと同じ日本人のはずなのに見下してる感が半端ないと思います。日本人だけじゃなくてアジア人全体に言えますがね。

  10. あとモテない男性がとか白人コンプレックスを持っているから批判したがるって書かれてるけどなぜそれと結びつくかがよくわからないです。

    • 「あとモテない男性がとか白人コンプレックスを持っているから批判したがる」
      これ、おそらく「俺らそんな趣味ねえよ」という反論が、本気で理解できないからかもしれません。
      自分にある白人コンプレックス(いや、いっそ白人嗜好主義とでも言いますか)を持ってないという状態にある人間が、たぶん理解できてない。
      外人はもっと理解できないので「それは白人コンプレックスだ」とすら言わずに何も言わなかったかのようにスルーされる。何回も言ってるけど、まだ反論が返ってくるならマシなほどの大前提になってるわけです。
      大昔のブッシュマンという映画で、主人公のブッシュマンのニカウさんが、始めて見た白人の女(の裸)を見て
      「なんて醜い女だろう。でもこんなに人間離れした不細工さというのは、神だからに違いない」
      という誤解をしてたのと、おそらく似てます。
      日本人はというか自分の場合は、色々言われたので自己分析してみたところ、金髪や青い目は好きかもしれないけど、顔の造形と骨格が「どうしてもイケメンの男に見えるので」異性として受け付けません。
      で、たぶん日本人の男が言う金髪碧眼ってのは、分かりやすく言うとアイコンとしての金髪と碧眼だけ。アニメや漫画の2次元や、ゲームやフィギュアの2.5次元限定のことではないかと思います。
      だいたい友人を問い詰めたら、人類で許容範囲の金髪碧眼は、
      「アジア人がカラーコンタクトとカツラでコスプレしたのを盛大にフォトショップでごまかしてる画像」
      がギリギリってのが多いです。自分とだいたい同じあたりにボーダーラインがあるということが分かりました。
      同じ金髪碧眼キャラクターの
      【漫画】【ゲーム】【アニメ】【コスプレ(アジア人)】【日本のアイドル(普通の恰好)】【コスプレ(たぶんイタリア人)】【たぶんイタリア人女性(普通の恰好)】
      を全部画像並べて、どれが許容範囲かを答えさせたら、だいたい日本のアイドルと外人のコスプレの間に溝があった感じです。
      それで「あれ? 俺はただ金髪と青い目がアリだというだけで、白人の女が好きなわけじゃないんだ」と初めて気付いた奴も多かったようです。同じ設問を外人相手にもやればよかったと思います。たぶんアカウントを凍結されたと思いますが、言葉で説明しても分からないことが視覚的に直観できると思うので。

      そうなったのは、おそらく90年代に雑誌からセクシー系の外人のヌードピンナップや水着広告がほとんど消滅し、いわゆる外人の独壇場だったパイオツカイデーな巨乳系まで日本人で賄えるようになったのが原因だと思います。
      あと、無修正といえば海外から密輸したエロ本かブルーフィルムしかない状態から、日本の無修正ビニール本と日本の裏ビデオで賄えるようになったのも、日本人の男というかアジア系の男が全般的に白人に対する興味が薄い原因になってると思います。まあ、50歳以下のアジア系の男だいたい全員に共通した性的嗜好でしょう。
      だから、普段着の白人までオーケーというレベルのアジア人が正直『ホモより少ない』という状態になってるのではないでしょうか。下手すると、黒人の男が出てくるホモビデオより白人女性のAVは本数が少なかったりしますから
      自分は、なにも人類の種としての生存戦略という意味では、外人好きを決して否定してるわけではありません。
      でも、アッチに行くのは引き止めないから、わざわざコッチに砂かけたり、どう考えても静かな大多数であるはずのコッチの存在自体を全否定してほしくないだけです。
      いいじゃないですか、白人コンプレックスがないからこそ白人に興味がない日本人の男が存在しても。
      だってこっちはそもそも女だと認識はできても、おばちゃんや子供と同じぐらい興味がないんです。90年代からの市場に広がるコンテンツの視聴習慣のおかげで、性的な目で見るの自体が難しいのですから。
      まあ最近は、コスプレ市場も中国人13億人の大規模参入による圧倒的なスソ野の広がりで、アジア人のコスプレの天井が上がり過ぎたおかげで、逆説的にアニメキャラ白人説が鎮火傾向にあります。
      まあそういう感じなので、お互い存在を尊重し、平和にいけないものでしょうか? と提案しているわけです。

      だって、そもそも外人ぶら下がり女の顔が不細工なんて、ただの被害妄想で実際は誰も言ってないじゃないですか。
      かつてバナナと揶揄された脳内白人ぶりが暴走した結果、陰口をたたかれてるかもという被害妄想から来てるかもしれない逆説の「横柄さ」から来る厄介ぶりと性格ブスだけが指摘されているだけで。
      嘘だと思ったら、ぜひ彼氏や旦那さんに
      「どこかで、自分のアジア人に対する態度に問題があって内心頭を抱えたことはないか」
      を聞いてみてください。躊躇なく否定してくれれば、ハッピーです。そうでなければ、自分のありようを再考して頂ければ幸いに存じます。

  11. このブログを読んでいて、出てこない話題について触れてみよう。
    白人(欧米人)=カッコイイ、日本人=ダサイ
    という都市伝説だが、あくまでも私見だが、欧米人はファーストネームで呼び合っており、日本人は姓で呼び合っているという事実に基づくのではないかと思う。欧米人の個人主義、日本人の集団主義もそれに由来する。
    ただ、日本人が姓で呼び合うようになったのは、明治維新以後だということもある。皆さんご存知のように、戦国時代の武士は名前で呼ばれているからカッコイイのである。まだ、武士という生き物はバリバリの個人主義者である。

    その他、欧米人は脚が長くてスタイルがいい、日本人は胴長短足という都市伝説もあるが、実際そうだろうか? 現代の日本人は欧米人並みに肉を食べて、きちんと運動しているから、体格ではそれほど遜色ないと思えるが…。江戸時代以前だって、武士は庶民に比べて立派な体格をしていたと思うのだが。

    私はというと、
    ・身長は欧米人と並んでも遜色ない
    ・同じ身長の欧米人男性よりも脚が長い
    ・容貌は、色白で細面、鼻筋が通っており、目は大きくて二重まぶた(ただ、十代のころは一重だった)
    ・名前(ファーストネーム)は武士の諱みたいな名前で誇りを持っている
    というわけで、欧米人に対する身体的コンプレックスは皆無だし、いくら親しくなっても姓でしか呼んでくれない日本人よりも、初対面からファーストネームで呼んでくれる欧米人と接している方が楽しいのである。

  12. 今回の記事でマダムリリーさんは、国際結婚した日本人妻への差別は、全部嫉妬や偏見からだ!って思い込んで主張してますが、たしかリリーさんは過去にこんな記事を書いていましたよね。

    なぜ国際恋愛中の女は調子に乗って日本人を見下すのか?
    https://www.madameriri.com/2016/07/02/sense-of-speriority-over-other-japanese/

    この記事の中でリリーさんは、「え?私、勝ち組ですけど、何か?ぐらいに思っていた」「国際恋愛は、女を調子にのさせる要素が強い」と仰っていましたよね。
    こういう調子に乗った、優越感に浸って日本人男性を見下し恋愛してる女性たちの存在が、国際結婚した日本人妻のイメージを悪くさせているとは考えなかったんですか?
    国際恋愛&国際結婚するオンナは、外専ブス女ばかり…という批判は、調子に乗って日本人を見下す人たちへの反感が多分に混じっていると思うんですがねぇ。

    • 国際結婚する女は白人好きのブスばっかり…という差別はどこからくるのか?

      差別じゃなくて、欧米人男性と比較して日本人男性は・・・ってうるさいからでしょ。客観的事実に基づいて比較するんじゃなくて、まともに比較する気なんか最初からないんだから。要するに機械的に利用してるだけで、権威なんでしょうけど。欧米人と結婚したい、した女は日本人男性に対して失礼すぎる女がやたら多くて目立つのが原因でしょ。欧米人と結婚した日本人男性が、欧米人女性と比較して日本人女性は・・・と右に倣えで叩けば、日本人の女も心中穏やかではいられないと思うんだけど、こんな簡単なことが一般の日本人の女はなんでわからないのか摩訶不思議だ。

  13. タイに行くとよく分かる。単に日本人男性と白人男性の美的感覚が違うだけだよ。日本人男性からすると「えっ」って思うようなタイ女性と白人男性が楽しそうにカップルになってるのが普通の光景だもの。白人男性には「本当に心から」美人に見えているんだよ。異人種カップルではよくあること。他人種は見慣れていないから甘くなる傾向がある。だから自国の同人種でモテなくても外国ではモテる可能性も大いにありえる。実際にそういう人も結構いると思うから、あながち間違った説とも言えないんじゃないかな。本人同士が好きなら周りの意見なんて気にする必要なんてないからね。

    • 美的感覚(顔の造形)っていうのもひとつにありますが、「日本人女性として好感を持たれやすいタイプ」っていうのもあると思います。
      日本のアイドルなんて、ふつうの欧米人にはあまりに子どもっぽくてウケが良くないですし。「僕はペドファイルじゃないよ」と言われたこともあります。
      これも偏見になっちゃうのかもしれませんが、やはり保守的で一歩引いて男性についていったり、男性の話を聞くのがうまかったり、かわいいリアクションがとれ、童顔で、稼ぎが男より低い女子が日本人男性には人気があるのでは?
      反対に、こういう女性は欧米社会ではあまり受け入れられない。…というか、欧米社会でやっていくのに向いている性格ではないと思います。それが、日本人男性からすると「えっ」って思うような女性という印象に結び付いているのではないでしょうか。
      顔の良しあしはさておき、私自身「日本人男性に好かれる性格ではないな」と自分で思いますww

      • とりあえず、
        「自分は日本人の男に好かれる性格じゃない」
        ということをご自身で認められたことですし、原因はやっぱり
        「若さゆえに外人彼氏ができて舞い上がり、脳内白人が暴れたが故の過去の過ちが、他の日本人視点では純然たる厄介行為」
        が軋轢を生んだ、ということでQED
        でいいですよね。まあたぶん、フランスにいた「タタミゼ」ってのもおそらく同類のある種の厄介さんなのだろうなぁ、と思ってます。こっちは脳内日本人が暴れてるタイプですが。

      • 欧米社会で受け入れられないとか、欧米社会でやっていくのに向かない女性とはどういう女性でしょうか?欧米にもシャイな女子や、童顔や稼ぎが男子よりも低い女子もたくさんいると思います。わずか数十年前のアメリカでも妻は働かず家にいて教会のボランティアにいそしんでいました。慎み深く夫につくすことも妻としての大事な役割でした。人間の好みが突然、そろいもそろって変化するとは思いませんが。。。

      • ”やはり保守的で一歩引いて男性についていったり、男性の話を聞くのがうまかったり、かわいいリアクションがとれ、童顔で、稼ぎが男より低い女子が日本人男性には人気があるのでは?”

        白人男性もそういう女性を好むからこそタイやフィリピンなどの東南アジアや東欧に夥しい数の白人男性が向かっているのでは?なぜ日本人男性に限定して述べているのか理解不能。

  14. 欧米人と国際結婚する日本人女性の特徴(マダムリリーさんからの引用
    ・ブス(誰も外見のことは言ってない。外人彼氏ができたことを勝ち組だと思って脳内白人を暴れさせた結果、性格ブスの厄介者とは思われている
    ・黒髪ロングで目が細い、ヒラメ顔(そんなに顔が濃い日本人の女はいない。というか、彫りが深い女は日本では普通に敬遠されてる。目が細い? それ言うの白人だろ?
    ・白人好き(黒人やアラブ人や南米系やアジア系かもしれないので、一概には言えない。ともあれ自己紹介ありがとうございます
    ・気が強い(個人的な観測範囲では、例外はない。マダムリリーも、後にそうでなければ通用しないと証言
    ・遊んでる=おしとやかさがない(遊んでると、お淑やかさがないはイコールではない。まあ、脳内白人が暴れてる時点で、お淑やかさはないだろう
    ・やせ形ではなく、ふっくら体型(誰も言ってない。というか思ってもない。被害妄想では? もしかして太ってるの?
    ・ポジティブ思考で、自己主張できる(よく言えばそう、悪く言えばヤカラ的思考ともなる。そしてアルバイト女子が因縁をつけられ、辞められた俺は塗炭の苦しみ

    結論としては、特徴としてあげた被害妄想のほとんどは、脳内白人とヤカラ的思考と被害妄想の3つに分類されると思う。ヤカラ的思考の根幹には被害妄想もあるので、脳内白人と被害妄想、そして嫉妬されてるという被愛妄想が少々というところかな。
    被愛妄想については、そもそも自分が酸っぱいブドウだと思われてるという思考が素で出てくる時点で、自己評価が深刻なまでに肥大してることも見て取れます。
    まあ、日本というかアジア諸国は女性は「嫁に出た限りは、死のうが生きようが自己責任」として処理してきたのは、いわば伝統。
    北朝鮮に対して日本が拉致被害者300人のためならなんでもしようと言いつつ、同じように苦しんでるはずの北朝鮮に渡った日本人妻70,000人についてはハナクソをほじるのすらめんどくさそうにしてる時点で察してください。

    • お疲れ様です。何か、こうやって、「全ての人を同じカテゴリに入れる=偏見、差別」が生まれるんだなぁと改めて思いました。あなたの考えを変えることができる人は、きっと世の中にはいないと思います。もう完全に出来上がっているようですし。私にもお手上げです。
      大変でしたね。お気持ちお察しいたします。

      • いやあ、自分の発言はこの元コメントに対する反論の「まとめ」みたいなものでしょう。
        というか、「流通するコンテンツにより新たに誕生しつつある、外人に(性的に)興味がない人」を存在すら認めず白人コンプレックスというゲットーにザックリ十把一からげに認識していますよね。こうやって、雑なカテゴライズと自説への固執で同族差別が生まれるのですかね。
        白人にだって黒人にだってアジア人にだって、恋愛は自由です。
        ただ何回も言うように「恋愛対象を選別する自由」もあるわけです。こないだ、「日本人だけをターゲットにしてると釣果が限定される」
        みたいなことを言ってましたね。それは正しいです。でも、それカツオの一本釣りに行ってる人には通用しないですね。なに釣れてもカツオ以外は外道ですから。
        カツオ以外をリリースしたっていいじゃないですか。
        むしろ「性的な視線で見ないこと自体によってもたらされる、偏見や差別からの真の自由」について、脳内白人が暴れておられるマダムリリーさんには理解の埒外で、これを理解するのは並大抵ではないかもしれません。
        「日本人の女性を人として尊重すれども政敵対象として全く相手にしない、そのこと以外は素晴らしい外国人男性」
        というのはいませんか? 日本人とは男友達しか作らない、ゲイではない男性です。
        心当たりあると思います。

      • 「全ての人を同じカテゴリーに入れる=偏見、差別」
        という部分ですが、
        ・最初に被害妄想と被愛妄想と自分の白人嗜好をわざわざ一般化し記事にして発表したのはマダムリリーさん本人
        ・それに対する反省と反論は、他ならぬマダムリリーが過去記事ですでに書いている
        ・白人嗜好を持たざるアジア人の存在自体を認めないことを前提にした、無理のある極論を述べる
        ・そもそもそんなこと言ったっけ? みたいな外見的なよくわからないパブリックイメージを持たれてると言い張る
        これ、じぶんのあたまのなかの被害妄想を「我々に」押し付けてるだけで、これ自体が差別と偏見ですよね。

    • ・ブス
      ・黒髪ロングで目が細い、ヒラメ顔
      ・白人好き
      ・気が強い
      ・遊んでる=おしとやさがない
      ・やせ形ではなく、ふっくら体型
      ・ポジティブ思考で、自己主張できる

      これらの特徴から、昨年末にチリ人男性に不義理を働いたとかで、フランス留学中に行方不明になっている日本人女子大生と思い切りダブった。
      俺は彼女と直接面識がないので、コメントは避けるが、ネット上での評判は上記のようだった。
      俺個人は、彼女の映像を見て、厚化粧して十二単を着たら似合いそうだと思ったが。

      俺としては、男性でも女性でも、母国語を同じくする日本人の恋人ができないのであれば、外国人(国籍、人種、民族問わず)と恋愛すればいいと思う。かくいう俺も、日本人女性はどうしても姓でしか呼んでくれないので、ファーストネームで呼ばれたいというただそれだけの理由で、外国人との恋愛を決めた。人生一度きり、エンジョイしてなんぼで、相手がどこの国であろうと、外見がどうであろうと、同国人に自慢したって意味はない。
      敢えて言うと、外国人の恋人をゲットしたら、昔、俺のことを姓でしか呼ばなかった担任や同級生(特に、中2のとき、俺に告白しながら、名前で呼んでくれなかったクラスメイトの女)に紹介し、俺のことをファーストネームで呼ばせたら痛快だと思うが。

      日本人女性が外国人男性に弱いのは、相手が何も白人に限ったことではない。6年前、仕事でニューヨークに行ったが、ホテルから空港までシャトルバスを使ったが、助手席にいたバックパッカーらしい日本人女性が、黒人の運転手と恋人気分ではしゃいでいた。まあ、それで楽しいのなら、結構だが。
      彼女も、こう言ったら失礼だが、お世辞にも美人とは言えないルックスだった。日本国内ではモテないと思った。ただ、そんな彼女をはしゃがせるほど、その黒人運転手は親切だったんだろう。外国人と接して、血の通った人情を感じるのは、俺とて同じだ。
      ただ、彼女も俺も、その黒人運転手とは空港までの仲だったが、仮に3人とももっと親しくなっても、彼女は黒人運転手のことはファーストネームで呼んでも、俺のことは姓で呼ぶのは経験則で知っている。

      昨年のクリスマス、パリのホテルに宿泊したが、朝食時、ツアーだという二人の日本人女性と出会った。「僕は一人旅です」と言ったら、「カッコイイ」と言われたが、仮に俺が本名を名乗ったら、彼女たちは俺を姓で呼ぶに決まっている。その時点で、俺はカッコイイ人ではなくなるのである。
      それで、「これからイギリスとベルギーに行きます。ベルギーでちょっと仕事します」と言って、部屋に戻った。
      そのベルギーで出会った仕事相手は、ヨーロッパのさる高貴な家系の出身だというので、俺も、自分の祖先は桓武平氏で日本有数の貴族の家系と、顔の筋一つ変えずに名乗った。
      こうなると、白人だの黄色人種だのと言うレベルの話ではない。

      浪人時代にお世話になった予備校の女性講師の名前がFBで検索できたが、イギリス人の男性と結婚したそうだ。それで、夫君のことをやたらとファーストネームで挙げるのが鼻についた。日本人男性と結婚していたら、そうはならないだろう。

      俺としては、日本人男性にこそ、どんどん外国人女性と恋愛してほしいと思っている。ファーストネームで呼ばれれば、その人間が本来持っているはずの感性をフルに発揮できるし、巷に出回っている恋愛本に載っているくだらないテクニックなど、外国人女性には必要ない。
      日本人男性からモテない日本人女性にも外国人男性との恋愛をおすすめしたいが(くれぐれも言っておくが、恋人とは自分が幸せになるためにつくるもので、他人に自慢するためではない)、浮気や一方的な別れ話など、不義理は働かないように。上記の事件で、容疑者引き渡しで揉めているが、これを教訓にしないと、次はアラブの王族相手に不義理を働いて、砂漠に埋められたリ、その国の法律で処刑されたりすることになっても遅い。

      2007年にイギリス人女性を殺害して2年後に逮捕された日本人男性は、180㎝の身長と、外国人相手に積極的になれる性格からして、白人コンプレックスはなかったと思っている。彼が、日本人女性と交際中でありながら、そんなことをしたのは、ひょっとしてファーストネームで呼んでほしかったのだろうか?

  15. こんにちは。
    私は、「外国人と付き合っている日本の女はブスばっかり」と言った日本人男性を知っていますが、
    彼は英語を全く話せない、外国人コンプレックスの塊のような男性ですよ。
    戦時中に白人男性にぶらさがっていた日本人女性が多いといいますけれど、
    そういうイメージがあるんでしょうね。
    愚かなはなしです。愚かな男性ですね。

    私は海外在住ですが、レベルの高い男性と付き合ってきました。
    だから、そんな人間相手じゃないです。

  16. 英語圏に住んでいます。
    白人と結婚している日本人女性は全員とは言いませんが、それをステイタスと思っている人は多いと思いますよ。
    私の知り合いの日本人女性たちも、そこをアピールしてきますもん。
    その方々が日本で言うかわいいや美人に当てはまるかというと、それは違うと思います。
    好みは人それぞれでしょうから・・。
    白人と結婚していることが勝ち組ではない、と心から思っている日本人女性がどのくらいいるのでしょうか。
    私の住んでいる町は、ほとんどの人が勝ち組だと思っているように感じます。
    それは、態度や言葉の端々に嫌でも出てしまうものですよ。

    • 私も英語圏に住んでいます。
      私の周りで白人と結婚している人でそれをステイタスと思っている人は気付かないだけでしょうか、あまり聞かないです。でも、俺の日本の彼女自慢ってのは時々男友達から聞きます。(色んな人種の人たちから)
      日本人の女性っていうのもステイタスなのでしょうか?

      ttさんのお友達はステイタスだと思っているんじゃなく、単に好きな旦那についてのろけてるのだといいな、、、と思います。
      本当に勝ち組と思っちゃってる人達と友達を続けていくのは辛いだろうな。

      私からすれば、白人の国に住んでるんだから白人と出会って付き合って結婚するというのは確率的に大きいだけだ、、、だから別に勝ち組でもなんでもないと思うっちゃいますが。

      • >本当に勝ち組と思っちゃってる人達と友達を続けていくのは辛い
        >白人の国に住んでるんだから白人と出会って付き合って結婚するというのは確率的に大きいだけだ、、、だから別に勝ち組でもなんでもない
        本当にその通りだと私も思います。

  17. こんにちは。
    私は小さいときからアメリカに住んでいます。
    こちらでアジア人と付き合ってるアメリカ人男性(白人に向けてのコメントが殆どです)は、ダサい、弱い、キモい。なんであんな綺麗なアジア人があんな弱っちいブサイクと付き合ってるのだ? というコメントをよく聞きます。
    なので、あ〜日本でもそうなんだなぁと初めて知りました。(逆バージョンですが、同じことですよね)
    どこの国でも見た目に差があるカップルというのは目立つのだと思います。異質ですから叩かれる場合もあります。
    多分、日本でリリーさんがおっしゃるタイプ分けをする人は、個人的に国際結婚をしていて幸せなカップルを知らないのではないでしょうか。変な偏見に負けずに頑張ってください!

  18. 色々コメント拝見して、やっぱり国際結婚は先入観あるんだなと思いました。
    たかが恋愛や結婚でステイタスに思う人は皆さんの思う通りホントまだ若いだけですし、日本で暮らした頃も英語圏に住む今も、私の周囲はそんな人はいなかったですよ。みんな見た目に出さないだけでどちらの国でも言葉や文化に苦労しているし、同じ日本人に言われると壁を作られたようで傷つくなあ〜って思います。大丈夫かなこの人達っていう夫婦ももちろん日本並にいますが、これを大まかな典型例として決めつけるのは無理があると思います。
    日本でも結婚相手はエリート等と男性に求めるものが果てしない女性もいるけれど、そこまで特殊な印象を与えていません。またそういう女性達って自分磨きも頑張ってて、凄く綺麗だったりしますよね。じゃあ日本ではこのタイプの女性が典型例だと外国人に話そうとすると「それは違う!そんな人もいるだけ!」って言いたくなるでしょう。国際結婚している日本人だって、白人が好きだの勝ち組だのと勘違いしている人達だってその程度の割合しかいないです。
    国際結婚している男性も、みんな自分にばっかりあれこれ聞いてきて、奥さんも日本語そこそこ出来ても話しかけない、とよく聞きました。特別視せずに気軽に接したらいいと思います。
    そもそも恋愛や結婚は最終的には相性と心で決めることなんだから、他人のこと・まして容姿がどうとかそこまで気にしなくていいんじゃない?って思います…。

  19. 国際結婚している日本人女性の印象・・・容姿に関しては、それはご夫婦間の問題なので、当のお二人が納得して暮らしているのなら、私が何か思う筋合いでもないので、特に関心はありません。
    国際結婚している日本人女性は、知り合いのお身内にたまにいるかなという感じで、里帰りみたいな感じで帰国した時に見かける程度なのですが、私の漠然とした印象は「外国人に準ずる人々」でしょうか。外国から日本へやって来て、又外国へ帰っていく、私にとっては実質的に外国人と同じです。お客様みたいなものですから、もし言動に違和感があったとしても、「外国から来たお客様だし」と黙認します。中には日本に住んでいる方もいますが、やはり私にとっては「実質的には外国人」です。
    ですから対応としては、”礼儀正しく、親切に、距離を取って接する”です。

  20. まあ、突っ込もうと思ったら、どんな文章にでも突っ込みどころを見つける人はどこにでもいるわけですが、
    「国際結婚するおんなはブスばっかり・・・」という侮辱を公共の電波で聞いたこともありますし、
    世の中どんな顔の人だっているのが現実でしょう。

    私は上に書いた通り「白人好きのブスばっかり・・・」という意見を公共の電波で聞き、
    何という愚かな人間だろうと、その発言をした人物にあきれましたが
    それって現実では他に一度も聞いたことがないので、
    ネットのせいなのかも、と思っています。
    (その人物はネットと現実の区別がつかず、40過ぎて女にもてず独身、中学生なみの英語も話せない、
    白人と聞くと侮辱したがる、常にネットで見たような韓国人差別、肉体労働者差別を繰りかえす人物で、
    業界でも馬鹿にされています。)

    では、例えば、後藤久美子さんはフランス人と結婚していますが、
    この方をブスと言えるだけの美貌を持った男性女性が、そういう批判をしているのか、
    誰が批判できるほどの位置にいるだろう、と考えてみると良いかと思いますよね。

    私はフランス人と結婚していますが、日本では綺麗、可愛いといつも言われて育ち、
    モデルをしていました。
    フランスに着いたあとには、フランスのモデル事務所のスカウトが入りました。
    にほんでも海外でも通用する人は通用する。
    通用するようにしてゆくのが、国際化の道。

    私の知る限りでは、国際結婚している日本人は非常に魅力的な人が多いです。
    男女とも。
    後藤さんの個人名をだしてしまい、大変失礼します。

    • 私もその番組観ました。とてもびっくりしたのですが、それを普通に放送できちゃうところが、今の日本の現状なのかなと思います。
      要するに、「日本人以外と結婚する女性」というのはやはり少数派ですし、少数派の意見なんて結局のところ、どうでもいいのかな?と。
      悲しくなりますね。まるで、仲間外れにしていじめる子どもと一緒です。こういうところが私は、日本社会で一番嫌いなところです。

      >モデルをしていました。
      さすがに私はモデルをするほどの美貌ではないですが、昔から綺麗、美人だと言われてきたほうだと自覚しています。
      本文には、「美人もブスもいる」と書きましたが、実際には私の周りのフランス人と結婚した友人は美人のほうが多いです。
      なので、いつも「国際結婚するおんなはブスばっかり」と聞くたびに、ウソだろwwと思っていました。

  21. 白人女性と結婚した男です。同じ組み合わせのカップルと頻繁に顔を合わせます。
    確かに日本人男性側『一般的な傾向』はあります。優しそうな雰囲気や女性を尊重するの考え方がベースにありますかね。あとあんまりナヨナヨした生命力のなさそうな男はいませんね。

    しかしながら、逆パターンではどかというと、お書きになっているような偏見のような傾向は否めません。。。残念ながら。
    やっぱりぺったり顔の方が多いですかね。でもそれがお相手の好みなんだし、需要と供給があってていいんじゃないですかね。
    もちろん、僕らから見ておぉ!といういわゆる美人さんも沢山いますね。そういうときあの~人の男はテイストがいいな!って思っちゃいます、正直。
    結局日本の一般的な女の人が妬みで国際結婚した女の人に思ったことを口にしているんでしょうね。心の中にしまっておけばいいことを。。。おしゃべりなのはしかたないですが。

  22. 記事の内容とは話題がかわってしまうかもしれませんが…

    たぶん、大多数の国際結婚をした人は、(一部例外はあるかもしれませんが)相手の人種とか国籍とか結構どうでもよくて、相手の人柄に惹かれたからとか、二人の相性が合ったから結婚をしたのだと思います。他の人に見せつけるためとか自己顕示欲のためなら、もっと他に楽な方法がありますもんね笑
    そういう目的のために出来るほど、国際結婚(恋愛も)って簡単なものじゃないですよ。そんな動機で恋人さがしして、たとえパートナーを見つけたとしても、遅かれ早かれ別れるでしょう。

    でもこの感覚って、「外国人(特に見た目が違う人種)とは恋愛出来ない!」っていう人にはたぶん理解できないですよね。
    そこで、その”よく分からない人達”を自分なりに理解するためにカテゴライズしてしまうのだと思います。
    「あの人は外人専門だから」とか、「あの人は気が強いから」みたいに。自分とは違うカテゴリーに入れることで、なんとなく理解できた気になるんじゃないでしょうか?

    あとは単純なやっかみ?
    本当は外国人の彼氏が欲しいけど、出来ない→でも外国人と付き合ってる日本人女ってブスだよね?→あいつらと同種になってしまうなら、外国人とは付き合いたくない!
    みたいな?
    上の方のコメントでもありましたが、まさしく酸っぱい葡萄って感じだとおもいます。

    個人的には人種とか国籍で恋愛対象を狭めるのって、もったいないなあとは思いますけどね。

    まあここまで偉そうに書きましたが、私も日常生活で苦手な人達をカテゴライズして、近づかないようにしてたりします笑
    人間は分からないものが一番怖いので、無意識のうちに理解不能なものを理解しようと、色々なカテゴリーとか偏見を作ってしまうものなのですね。
    ただ、そのカテゴリーを相手に強要したりするのはどうかと思いますが。

    まあそうやって自分の思い込みを押し付けてくる人とは距離を置くのが一番ですねw

  23. 上から目線の人が多いのは事実でしょう。日本人男性を見下したり日本文化を見下したりね。あと一番嫌いなのは白人男性と付き合ってる人ほど日本人男性と比較してひたすら日本人男性はレディファーストができていないとか頼りないだとかグイグイきてくれない!だとかTVでも国際結婚した女性がやたら日本の事を蔑んだり日本人は〜とか口を並べますよね。ネガキャンしかやらないしその結果妬むような連中が出てきたんじゃないですか。あくまでそういう背景があるのを忘れずに。

  24. ここでもそうじゃないですか

    結局の所「日本人は〜」
    みたいな話になる
    何故叩かれるかの根本が分かっていない
    気づいていないだけでは?

    僕も海外に生活していた事があるので
    国際結婚については否定的な気持ちはありません
    しかし、少なくとも一般の日本人よりも海外を視野に入れてる人は、時に日本人を見下します
    実際に僕も日本人女性(カナダ人の彼氏がいる)から「日本人の男は〜」と直接見下され、更にはその場に居合わせた他の日本人女性にもそれを賛同されるという

    勿論、全員が全員そういう人では無いってことは重々承知ですがそういう人が「大半」なんですよ
    そういう現状が良いか悪いかはまた別ですが

    コメントを見てれば結局根本的にあるのは
    「日本人ってさ〜」
    みたいな内容ばかりでがっかりです

    そう思う人がいるのもしょうがないだけで終わらせば良いのに、同じ境遇の人が現れればそっちに100%同意する形
    周りが海の島国で国際的になってきたのだってここ最近
    まだ他国の人に抵抗があるのも仕方が無いと思うんですよ
    そういう慣れてない人が沢山の中で国際結婚するようなグローバルな人もいる
    いつの時代も少数の人は否定的な目で見られるものです
    でもそんな苦境を乗り越えて色んな物事を達成した人沢山います
    僕もアメリカ人の彼女がいた時は色々言われましたが
    色んな意見があって良いと思いますよ
    その中で自分の想いを貫き通せばいいし
    簡単な話です、政治とかではなく恋愛ですから

    長々書きましたが一番言いたいのは
    日本人は〜といちいち海外と比較してマイナスな要素を挙げて議論するだけ無駄で、それをすることでまた国際結婚をした人が自分らの地位を自分で下げることになるので辞めたほうがいい
    て事です

    長々すみませんでした
    国際結婚をする人は否定しません
    悪魔で客観的に見て感じたことを書かせて頂きました
    お幸せに

  25. 初めてコメントさせていただきます。
    私は現在、東欧女性と国際遠距離恋愛をしているものです。
    私の彼女は日本語も上手で日常会話も大丈夫な方なのですが、表面上東欧女性×日本人男性カップルに偏見があるのかは分かりませんが、やはり彼女側はからかわれた事があったようでSNSでの二人で撮った写真等を削除していました。
    最初はかなりショックもありましたし、私は彼女を愛していますが、何か人付き合いの難しさも感じました・・・。
    話は少しそれるかも知れませんが国際恋愛においてヨーロピアン系女性×アジア人(日本人)と言う場合、見かける事も中々なく色々情報が少ないからからなのか一方的な意見を多く聞く気がします。
    自分は結婚を考えていてもその意見を極一部の仲間内にしか言いにくい事もあるのは事実です。
    彼女には少しずつ態度や行動にうつして分かっていってもらえれば良いと思っています。
    長文失礼致しました。

  26. 私の夫はたまたま外国籍ですが、日本人外国人、それはどうでもいいことです。日本人と外国人の間に栓を引いてしまう傾向は、日本が物理的に島国であること、鎖国が100年前まであったこと、戦争で外国に負けたという歴史背景があるからでしょう。交通機関が発達すればするほど世界中の人はこんごもどんどん混じっていくでしょう。1000年後の日本人はどのような状態でしょうか?どんな文化になっているのでしょうか?何人(なにじん)とか関係なく一人の地球市民でいいと私は思っています。何年かに一度日本に帰国しますがその度に日本もどんどん多様化していることを感じます。尾張の人、上州の人、薩摩の人…という価値観がまとまって日本人というカテゴリーになったのは歴史的にそれほど古いことではありません。数百年後には地球の中のどの地域に住んでいるというだけになるような気がします。都道府県同士が喧嘩をしないように、そうなれば地球市民はもっと生きやすくなっていくのではと思っています。

  27. 自分は現在シンガポールに赴任している日本人サラリーマン(36歳男)です。SNSを通じて今の彼女と付き合い始めましたが、彼女はオーストラリア出身の女性(29歳白人)です。彼女の前には短期間ですが、シンガポール、マレーシア、フィリピン出身の女性と付き合っていました。日本では、全然もてない自分(かっこよくない上、頭髪がやや禿げ上がってきている)だと思っていますが、当地ではそうではないと言ってもらうことが多く、日本人女性の男性の好みやかっこよさに対する見方と異なると感じています。ただ、こちらで彼女たちから言われる共通項は、スリムで筋肉があると指摘される点です(身長は170cm程度で決して大柄ではないです)。自分はジムには週に3回程度行って、筋トレや走りこみをしています。やはり、自分が相手に憧れる点は様々ですので、ブスやブサイクな人間に関しても顔以外で興味を持ってくれる人がいると思います。日本人女性にはもてない自分ですが、相手に対して積極的かつ真摯に向き合えば、彼女やパートナーを作るのは決して難しい(美人、イケメンでなくとも)ことではないと思います。

  28. 実際には…
    オーストラリアの話です。
    空港で日本女性とオージーのカップルを観察したことがあるのですが
    100%日本ではブス認定されるであろう女性たちでした。
    アメリカでもやはり…白人男性と結婚した綺麗な日本人女性を見かけることは友人含め皆無です。
    しかし、綺麗な人の率も少ないわけですから当然といえば当然ですし
    日本人だけでなく、アジア系の女性と結婚している白人男性は
    アジア系の中ではブサイクの部類にある女性でもブサイクだと思っていないのでは。。
    そもそもが白人社会の中で白人女性の美しい人等ほぼ見かけません。
    TVの中で見かける人も日本より外見はお構いなしな印象がするし、日本は万人受けするような女子が好まれるというか
    そう演じているような子が重宝されているように見受けられます。
    最近、年を取ったせいなのか世の中が変化しすぎているのか
    美の基準が分からなくなってきました。

    韓国の整形女子が多いことは周知の事実ですが
    韓国へ行くと目の当たりに似た顔が増えており、そうした整形美人となったような人々はオーストラリアでは見かけませんし、どちらかというと目の細い朝鮮顔のタイプの方々です。

    綺麗な人はあまり外へ出ていかなずも、様々な選択が国内で賄えるから?と、思ったりもします。

  29. 外国人男性(特に白人、黒人)と結婚した日本人女性の中には、変な選民意識を持って日本人男性をディスる人がかなりの確率でいるのも事実です。
    「だから日本人男性は駄目なのよ。それに比べてうちのダーリンは・・・」みたいな発言はネット上で溢れています。そして、日本人なら当然守るべきマナーを守らず、だらしない部分だけ白人を見習っているような日本人女性を見ることもあります。
    外国人なら許されるマナーも、日本人女性がすればみっともなく見えるし、それでかつ日本人をディスっていれば非常に不愉快に感じませんか?
    多分、そういう点で外国人と結婚する日本人女性にも原因があるのではないかと考える次第です。

  30. こんにちは。
    わたしは20代 国際結婚をしているものです。ちなみに白人男性ではありません。

    結婚後 旦那の母国、そして日本に両方住んでみて思うことは、人種・国などに関わらず、どこでも差別もあり偏見もあり、
    日本人にも外国人の方にも良い人、親切な人、良識のある人もいれば、悪い人、面倒くさい人色々いるということです。

    わたしは学生時代に日本人男子とお付き合いをしていましたが、真面目すぎるとい理由でフラれました。その数年後いまの最高の旦那と出会い結婚しましたが、あとで友達からきくと、わたしが外国人の旦那と付き合ったときにそれを知っ元カレがすごい陰口をたたかいていたようです。彼は大学で英語専攻をしていたし海外留学にやアメリカ文化などにすごく憧れていたのに、外国人男性と付き合ったということだけで、すごく侮辱されました。笑 なんでやはり実際にコンプレックスや嫉妬で批判してくるひともいますよ、女性も男性も。

    確かに、国際結婚をした方の中には少し自慢げ?な方々もいたり横柄な方もいたりしますが、わたしの周りには謙虚で素朴な方も多い印象です。また、旦那さん方も白人黒人南米など人種に関わらず、顔がとてもモデルみたいにハンサムとはいかなくとも、中身は穏やかで素晴らしい人多いですよ。
    また、わたし自身もそういう高飛車な日本人妻の方々とは距離をおきます。

    ただ、日本人同士でも外見がつりあわない?カップルはたくさん見ますし、まわりにも日本人同士でただのデキ婚や女子男子に関わらず遊び人など少なくないです。日本人と結婚する日本人女性に横柄な人がいない、絶対謙虚、かわいいはないです。笑
    なので、国際結婚だから相手の日本人女性がうんぬんとくくるのはどうかと思います。
    国に関わらず、みんなひとそれぞれ好みが違い、色々な考えがあります。

    人間ってもともと新しいものを受け入れたくない性ですし、とくに日本では国際結婚はまだまだマイノリティなので、特別視される傾向はありるなーと思います。 肌の色や国にこだわる、テレビなどの情報を鵜呑みにしたり、自分には実際の経験などもないが勝手な固定観念をおしつけてくる傾向が日本には確かにある気がします。

    海外に憧れて、もしくは外国人の容姿がすきなどで結婚するかたも中にはいるとおもいますが、日本人同士の恋愛や結婚が当たり前にそうであるように、お互のフィーリング、中身に惹かれたりして結婚することがほとんどだと思います。日本人同士だろうが国際結婚だろうがお互いに大変なこともあり、また両者とも愛がないとうまくいきませんよ。結婚って人生をいっしょに歩んでいくんだし。

    なんだかはなしがずれまくってしまいましたが、、、
    言いたいことは、他人のネガティブな意見はスルーして、自分の人生を大切に、楽しく幸せに生きるということです。^^
    みんなが心健やかに、尊重しあえる社会になりますように。

  31. 日本人男性とだけ対象にしろ~みたいな事は言ってなくて女性って本質的に他人種に対するあこがれが強いんだと思う。
    男性は、他人種ならたとえ美人であっても警戒する。
    だから外国男性はしょうもない男性でも、日本でそこそこモテる。一方で、白人女性は日本でも全くモテない。白人好きなのは女性の方が多いのは明白。

    • そんなことはないかも。
      日本でも国際結婚は増えてますが、圧倒的に外国人女性と日本人男性の比率の方が多いですよ。

      アジア系女性が多いですが、街中を歩くと白人女性と日本人男性のカップルもかなり見かけるようになりました。聞いていると英語で話してる時もあるし、日本語の時もありますね。

      僕は白人女性がそこまでモテないのは単に、日本人女性が魅力的なんだと思いますけどね。
      実際すごくカワイイ感じの白人の女の子知ってますがめっちゃモテてました。
      カワイイ感じがあるか無いかは日本人男性からすると大切なポイントのように思います。

  32. もしかしてhdbのob?

    確かに君の言う通りだよね。
    反面、そう言われる要因は10人に1人や2人であれ、あると思うよ。

    実際アジア系とは仲良くせず、白人の男性とばかり話す日本人の女の子は一定数いるからね。それはあからさまだし、個人の趣味をどうこう言うつもりはないけど、評判は悪かったよ。
    それは日本人男性からではなく、外国人女性からもかなりの言われようだった。人種差別的だったり、なんと言うかつまるところ尻軽だったり。
    日本人男性も含めて特定の人種に差別的だったり。←これってあなたがどう思うかではなく、相手がどう感じるかが大切だと思わない?
    つまりルームメイトのベトナム人やナイジェリア人がさ。

    一般化はできないと思うけどね。アジア系が大好きな女性もいる、
    白人が好きな日本人男性や中国人もいる。
    あとフランスで暮らすことはきついってのは理解できるよ。
    結婚しても10年は暮らさないとフランス国籍は貰えないし、選挙権もないよね。
    日本と比べるとかなり差別的な国だよね。
    でもそういう部分を隠す?人も多いじゃないの?
    その辺が保守的な人に付け入る隙を与えている気もする。
    もっとお互いにリラックスして、相手を肯定的に見ればいいのになあって思うよ。

    ぼくは外国人の多い環境で過ごしてたけど、誰かに対して攻撃的になる必要性は感じなかった。
    日本人としてどう、と言われたらそれは人種よりも僕自身に問題があると思えたから。
    攻撃をするのに理由なんてどうだっていいんだよ。それは太っているとか、お金持ちだとか、それこそ何でもいいわけだから。
    直せるところは直して、気にしなくていいことは流せばいい。

    (全員とは言わないけど間違いなく一部は)少し面倒な、付き合いづらい(日本人男性だけでなくアジア系男性にとっても、白人女性にとっても)日本人女性は存在する。
    そーゆー連中(ほとんどが外国人でしたが)、上記の女の子に対して悪口を言って盛り上がったことは何度かあるよ。
    共通の話題になるってことは、国を超えて共通の認識があったと思わない?
    僕はユーモアや倫理観は世界共通だと思ってる方だけど。
    一般化されるのは気に入らないと思うけどね、
    そーゆーいわばイエローキャブ的な、
    ちょっと嫌なタイプの女性はまだいると思うよ。

  33. アジア系だと哀れみの目で見られ、欧か米の人だとイエローキャブだとか遊んでる女のように見られ、日本で売れ残った女とか白と黄のゴミ同士がくっついたとか、まあ散々な言われようですね。
    自分が大した人間じゃない自覚があるから他人を妬んで他人を下げて自分の方が優れていると思わなきゃ平常心を保っていられないんだと思います。

    • >アジア系だと哀れみの目で見られ、欧か米の人だとイエローキャブだとか遊んでる女のように見られ、日本で売れ残った女とか白と黄のゴミ同士がくっついたとか、まあ散々な言われようですね。
      確かにww。ここだけ読んで笑っちゃいました。

  34.  個人的な主観ですが、”パートナーがいない”外専の日本人は『ブス、白人好き、気が強い、遊んでる』の枠に当てはまる人が多いと思いです。
     僕は日本人のバイセクシャルで、過去に外国人男性/女性ともに付き合った経験があります。
    国際結婚をしたわけではありませんが、過去に外国人女性と付き合っていた時は、周囲の人から下世話な質問をされたり、”わざわざ”外国人を選んだというレッテルを貼られたりもしました。もちろんプラスとも取れる偏見もありましたが(イエローモンキーが白人女をゲットしたetc..)その根底には自民族蔑視があったと感じます。
     ちなみに日本人のLGBT社会でも、外国人と付き合っている人間に対する風当たりは強いです。特にゲイの男性は自民族主義者が少なからず多いので、日本人だけでなく一部の外国人からも批判の的になります。
     僕個人としては 「たまたま好きになった相手が外国人だった。」だけですが、『外国人と付き合っている=外専』という世間のバイアスが国際結婚をする女性への偏見につながっているのではないでしょうか?

    • >特にゲイの男性は自民族主義者が少なからず多い
      へぇー、それは意外。同性愛者は外国人への偏見もあまりないものだと、勝手なイメージで思っていました。
      >『外国人と付き合っている=外専』という世間のバイアスが国際結婚をする女性への偏見につながっているのではないでしょうか?
      それはそうでしょうね。