「愛は国境を越える」

そう信じて23歳でオランダに渡った。しかし現実はもっと厳しかった…。

中国人男性Wang Jiaさんは、オランダに行って初めて気が付きます。
アジア人男性とデートしている白人女性はほとんどいない」ことに…。

そこで今回は「なぜアジア人男性は白人女性にモテないのか?」の理由を3つ、彼自身の体験談と研究を元に説明した動画を紹介します。彼のセオリーをあなたはどう思いますか?

 

アジア人男性が白人にモテない3つの理由

「アジア人男性が白人にモテない3つの理由」を説明した動画が面白い!

アメリカ合衆国国勢調査局のデータによると、白人と結婚するアジア人女性の数はアジア人男性の3倍だということがわかりました。世界がグローバル化し、国際結婚も珍しくなくなった現在でもこのような差が出てしまうのはなぜでしょう?Jiaさんいわく、それには3つの理由があると言います。

理由1:アジア人男性に対するステレオタイプ

Jiaさんの職業は工学博士。自己紹介の時にこれを伝えていたことがマイナスだったと、後に振り返って感じたそうです。

ちなみに全米最大出会い系サイトの「Okキューピッド」の調査によると、全ての人種のなかで女性に最も人気がなかったのは「アジア人男性」。本当なのかを確かめるべく、Jiaさん自身もOkキューピッドに登録するもオランダ人女性からの返信はゼロだったといいます。

これには、欧米のメディアが植え付けた「アジア人男性に対するステレオタイプ(固定観念)」が影響しているのではないかと彼は考えます。アジア人男性と言えば内向的で、オタクで、ガリ勉で、とにかく”セクシー”じゃない…。そんなイメージを持たれやすいのだとか。

でもここであきらめるのではなく、ステレオタイプの反対の行動をとることが大切だと彼は語ります。女性に「オタク」だと思われているならスポーツをしている姿を見せるなど、ステレオタイプにはまらない行動をとることで目立つことができ、女性が無意識に思うステレオタイプを払拭することができると言います。

理由2:文化の違い

Jiaさんは欧米社会にも比較的すぐに馴染め、違う環境に適応する能力が高いのにも関わらず、どうしても変えられないことが1つだけありました。

それは「社交的な場で恥ずかしい思いをすること」に対する恐怖です。中国の文化では「面目を保つ」はとても重要で、彼の人間性にも根深く染みついたものでした。しかし、欧米社会で「人前で恥をかきたくない」という気持ちが強すぎると、大胆で果敢な行がをなかなかできなくなってしまうのです。

そして、とうとう周りの欧米人に「あなたは自分に自信がない」と言われるようになってしまいました。しかし、実際には「自分に対する自信」の定義が欧米のものとは違っていただけで、Jiaさんは欧米人のように自分への自信を”見せる”ことをしなかったというだけでした。

そこでJiaさんは気が付きます。それは「自分に自信があるところを女性に”見せない”と、女性の目には常に”シャイな人”として映ってしまう」ということでした。

理由3:肉体的な違い

ここでは「サイズ」の違いを問題にしているわけではありません。しかし、彼はオランダに行って初めて「愛情」を肉体的に表現しなければいけないということに気が付いたのです。

とはいえ、女性のほうから最初にアプローチしてくるということはほぼありません。男性のほうからさりげなく愛情をスキンシップで伝えなければいけないわけです。そして、恋愛というのは他の社会的なスキルと同様「経験値」がとても重要な役割を果たします。

世界No.1 コンドームブランドdurexの調査によると、中国は初体験の年齢が欧米より4-5年遅いという結果になっています(ちなみに日本の場合は1-2年遅い)。これは大きな差だと彼は言います。恋愛では「経験」が大切。

アジア人男性が白人にモテない3つの理由」を説明した動画が面白い!
初体験の年齢、国別調査

彼は女性との肉体的な接触を学べる場所はないかと悩んでいたところ、フィンランドの女性に「それならいい場所がある」と教えられました。それが、サルサパーティーです。

ここで初めて彼は、「アジア人男性である利点」を経験することになります。それは、白人アメリカ人以外の男性はダンスが上手い(黒人のおかげ)ということ。というよりも、「アジア人男性の踊りは上手い/下手」の偏見がないからこそ、音楽が流れた途端に自信があるふりをすればいいと学んだそうです。

音楽がなったら一度も躊躇することなく、自信たっぷりに女性の前に手を差し出す。自己紹介をしたり、話をする必要もありません。すぐに女性と身体的に触れ合うことができ、これはとてもいい練習になったと語っています。

しかし、理由を知ってもモテないのが現実だった…

アジア人男性が白人女性にモテない3つの理由を説明した動画が面白い!
アジア人男性に対するマイナスなステレオタイプ、文化的な違い、身体的な違い。これら3つの理由はどれも自分の努力次第でどうにかなるものだと彼は語ります。しかし、チャンスが0%だったものを5%にする程度で、現実はなかなか難しいと彼は言います。

セオリーを実行に移すこと、これが大切です。そのためにはまず、女性に話しかけてみることから。

「女性にモテる方法」を考えすぎたり、女性の好みに不満を言ったり、この不公平な恋愛の世界のことを考えすぎるのはやめましょう。アジア人男性として、彼は女性に拒否されることが多いことを受け入れた彼は躊躇することなく、当たってみることが一番大切だと彼は学んだそうです。

You will never know if this time, you will succeed.

話しかけてみないことには、成功するかどうかなんてわからないんですから。

 

29歳になっても彼女ができずに一旦帰国

ずっとパートナーを探すも、29歳になっても彼女ができなかったJiaさん。恋愛を少し休憩しようと、中国に一時帰国します。

中国に帰ればパートナーを見つける確率は格段に上がります。ステレオタイプもなければ、文化だって同じ、身体的な接触だって必要ないのですから。そこで彼は、サルサダンスを一緒に踊ってくれる運命の女性に出会います。

アジア人男性が白人女性にモテない3つの理由を説明した動画が面白い!それが彼の妻のドイツ人女性です。中国に帰国したところで、白人女性と結婚に至るというのもなんとも皮肉なオチですね。

最後に彼はこう締めくくります。

誰かに出会って、そこでその人と繋がりが生れそうなら、Do it!!
絶対に躊躇するな。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

11 コメント

  1. もし私が白人女性ならアジア人男性に興味は持たないでしょう。喜怒哀楽も示さなく何を考えているのかまったく不明で楽しくないですね。女性をものにしてやろうというアピールもなく肉体的に小柄です。更に欧米の男性のように家庭での力を要するDIYはほとんど出来なく頼りない。自分の意見も少なく、反論されると怒りやすいなどなどでつまらない。

  2. マジレスすると、ヨーロッパでは東洋人より黒人の方がモテない。
    でも、黒人男が白人女を連れているのを見ることが結構多いのは、彼らが女に対して尋常じゃないほど攻めるかららしい。ヤツらは何百回断られても気にせずアタックするよ。
    東洋人男性も黒人並みとは言わなくても、せめて半分のエネルギーで白人女を口説いたら白人女性を幾らでも伴侶にすることができると思うんだけど、それが出来ないんだよね。

    白人女性の性欲は凄いらしいから、それを受け止められる東洋人男性がどれだけいるかという問題もあるけど。

  3. この手の話題は見飽きるレベルで見た気もしますが、有色人種にとって白人と付き合ったり結婚する事は一つのステータスに思ってる人も少なくないんでしょうね。先進国の大半は欧米圏にあり、様々な分野で世界をリードしてるのもこの地域なので、有色人種の多くは大なり小なり白人に対して劣等感があるとは思います。
    オランダの事情=世界全体の事情には直結しませんが、実際のところ白人女性にアジア人男性がモテるかどうか考えると、モテるような気はしません。というか、アジア人女性が白人男性にモテるとか言ったところで、白人女性と比較してもモテるのかと考えると疑問ではありますが。あくまで有色人種の中では人気がある方ってレベルかと。
    白人と言っても様々で、スラヴ系の人と結婚する日本人は女性よりも男性の方が大分多いです。スラヴ系の人が多い国には途上国の割合が高いのも理由にはあると思いますが先進国もありますし、スラヴ系女性と日本人男性は割と相性がいいのかもしれません。
    他には、単純に在住者の男女比が関係している場合もあると思います。日本の場合、欧米先進国出身者は男性の割合が高い傾向にありますし、欧米先進国に住む日本人も女性の割合が高いです。他のアジアの国でも同様の傾向が見られれば、必然的に白人男性とアジア人女性のカップルが逆の組み合わせと比べて大分多くなると思います。もちろん、アジア人男性の方が多ければ結果が変わるとは限りませんが。
    それでも日本の状況に限って見ると、パッと見で国際カップルと分かる人達には、日本人女性と白人男性のカップルに次いで日本人男性と白人女性のカップルが多いです。日本人の国際結婚相手で最も多いのは言うまでも無くアジア圏の人ですが、アジア圏の人は同じ国の人と結婚する割合が高いと思います。たまに大きい公園とかで、南アジア系の人達が子供も含めて結構な数集まって遊んだり小規模なイベントを行ってる所を見かけますが、その中には日本人らしき人が全くいない場合が多いです。また最近はベトナム人が急増してますが、ベトナム人の集団も良く見かけますし、アジア人は外国であっても同じ国の人同士のコミュニティを形成するのが好きな傾向があると思います。

  4. 日本の初体験は19.4歳?
    おいおい、ネットイナゴ共が言っていた「若者のセクロス離れ」とは何だったんだよww

  5. 白人(という表現は好きじゃないですが)と付き合う、結婚することにものすごくこだわる人っていますよね。あれは向こうの方から見るとどんな感じなんでしょう。某掲示板で「日本人男性、ロシア美女にモテモテ」みたいな記事を見かけたときは反吐が出そうでした。そこまでして自分の価値を上げたいのかと。
    他国人にモテる(需要がある)こと、特に“白人”にモテることに自分の評価を依存している人間は嗅ぎ分けられているだけなんじゃないかと思います。

  6. 白人の男はダンス下手ってステレオタイプがあるのか!
    大昔、ディスコ(古いね)に行ったとき、上から見てるとダンスが上手いのは圧倒的に白人の男だったけどな。

    でも、昔コメディで
    TVのダンス講師「ダンスは踊れるか!」
    TVの前で男が下手なダンスを踊る
    TV「よーし、踊れてるな! ダンスが出来るのはゲイだけだ!」
    と言ってるのを見て笑ったが、思えばディスコに来てたダンスの上手い白人の男、全員ゲイっぽかったんだよな、本当に。

  7. 彼もなかなかしぶとい中国人だなwだが、彼に対して言いたいことは山ほどある。まず、アジア人に対するステレオタイプ(「内向的で、オタクで、ガリ勉で、とにかく”セクシー”じゃない…」)とは逆を行けという主張だけど、そこはステレオタイプに、というか自分のありのままに従っておけよと思う。なぜ自然体でいられないのか?ハンサムな白人男性なら工学博士でも当然のように人気出たと思うよ。次に、自信があるところを女性に示せという主張だが、自信があるなら示す必要なくない?と思う。本当に自信がある人は「自信があります」なんて言うかな?それに示してみたところで結果はたいして変わらない。よく「女性は自信のある男に惹かれる」なんて言われるけど、結局外見次第なことが多い。つまりイケメンなら自信なさげでもモテるし、ブサイクなら(自信がないことの反動で無理に)自信持ってたら逆に迷惑がられる。自信のあるなしを考えたところで意味ないよ。というか、自信云々についてあれこれ考えてる時点で自信がない。なぜ相性の悪い白人女性とアジア人男性という組み合わせにこだわるのか理解できない。

  8. 英国に長く住んでいたので英国の話。

    日本人男性が白人女性にモテないのは良くある話。

    英国の学校に通い始めた頃、「親しい男の友人を五人作れば女性一人と親しくなれる」と教えられました。 同性と意思疎通すらできない日本人男性が英国人女性と親しくなることなんてないんぢゃない。

    たとえ相手がフランス人でも同じと思います。