妊婦に冷たい国日本|なぜ日本人は妊婦に席を譲らないのか?4つの理由

以前書いた記事『フランスで妊娠できて幸せ♪日本にはないフランス妊娠生活の良いところ5つ』では、いかにフランス人が妊婦に優しいかを書きました。

筆者は現在フランスで妊娠8カ月です。ここでは、電車に乗ればほぼ100%席を譲ってもらえ、年配のフランス人女性からは「無理しないでね」、「手を貸そうか?」と優しい声をかけてもらえ、スーパーのレジでも並ぶことなく優先してもらえ、お出かけのたびにとてもいい気分になります。

それなら日本での現状はどうなのかとネットで調べてみると、妊婦に対する世間の風当たりの冷たさ肩身の狭さを感じている女性が多いようです。動きの遅い妊婦は邪魔者扱いされ、優先席にすら譲ってもらえないという話をよく耳にします。(以下、ママリQより抜粋)

・私も妊娠してたとき、優先席の前に立ったんですが、寝たふりをする人、漫画を読んだり携帯をみて気づかないアピールをする人ばっかりでした。(ゆきゃんたさん)

・妊娠してから、優先席に座る人の事を気にしはじめましたが、大学生やサラリーマンばっかり座ってますね…。優先席前に立つと、舌打ちされた事もあります。(たまるちささん)

・出産した後もですよ〜!電車で赤ちゃんが泣けば、うるさい!泣かせるな!公園で遊んでたら、うるさい!きゃあきゃあ騒ぐな。保育園や幼稚園の近所の人が、うるさいからって幼稚園にクレーム出す世の中です。少子化少子化言う割に、子供を育てるのに適してないですよね。(ぶーぶさん)

もちろん日本でも、周りの人に親切にしてもらった経験がある女性もたくさんいますが、実際に日本とフランスの両方で妊娠&出産を経験した人の話を聞くと、日本は産め産め言う割には世間は冷たく、逆にフランスは産むのは個人の自由と放っておいてくれるわりに、妊娠した途端に世間が優しくなってくれると語っていました。

なぜ日本はこんなにも妊婦に冷たい社会なのでしょうか。そこで今回は、ネットでの妊婦さんたちのコメントや、実際に日本で妊娠した経験がある女性の話を元に、日本人が妊婦に厳しい理由を分析してみました。筆者は日本人が妊婦に冷たいのは以下の4つが理由だと思います。あなたはどう思いますか?

1妊婦の数が少ない=わからない

日本人が妊婦に厳しい理由のひとつとして、日本全体の妊婦の数が少ないのではないかと思います。出生率は年々低下し、2016年の年間を通じた赤ちゃんの出生数が、現在の形で統計を取り始めてから初めて100万人の大台を割り込み、過去最少の98万人台にとどまっています。

これはつまり、ほとんどの日本人が自分の家族や友人、知り合いで妊婦の人がいないということです。身近に妊婦がいないからこそ、妊娠がどういうものかがわからないし、お腹に赤ちゃんがいる人のことを自分のこととして考えられないのではないでしょうか。多くの人にとって、妊婦という存在は「自分には関係のない人」なわけです。

反対に出生率が1.99と先進国のなかでも多いフランスでは、妊婦を身近に感じている人が多いようです。事実、電車の中で席を譲ってくれるのは子育て世代の男性や20-30代の女性が多いです。

2行動力がない

電車の中で席を譲ってもらえないと不満をいう妊婦さんがいますが、これは必ずしも「席を譲らない人」のみに責任があるわけではないと筆者は思います。周りの人に気づいてもらえない、察してくれないと嘆く前に、妊婦さんのほうから「妊娠しているので席を譲ってくれませんか?」と声に出して頼めばいいのになぁと思います。それでさすがに断る人はいないだろうし、例え断られたとしても「変な人だ」と思って気にしなければいいのではないでしょうか。

言い出しにくいという気持ちもわからなくはないですが、仕事でクタクタでやっと席に座っているかもしれない他人に「どいてくれ」とお願いするのだから、それくらいの気まずさを経験して当然だと思います。何も言わずにお腹をさすって優先席の前に立っているから、「妊娠アピールをしてる」とイラつかせてしまうのではないでしょうか。そんな「私に気が付いて!」という遠回しなアピールをするより、本当に立っているのがしんどいなら潔くスッと「席をゆずって下さい」と言えばいい。この行動力が妊婦さんの側にも必要だと思います。

また、席に座っている側の人も「本当は譲ってあげなきゃいけないけど、声かけるのが面倒だし、気まずいし、このまま自分が乗っている間は見なかったことにしよう、誰か他の人がゆずってあげて」と思いながら寝たふりやスマホいじりしている人が大半なのではないかと思います。要するに、席をゆずる側も、ゆずられる側も行動力がない。どちらも行動に移さないから、結果的にどちらもモヤモヤとした嫌な気持ちを抱えてしまうだけで終わり…なのではないでしょうか。

3「辛くても我慢しろ」という根性論

1億2000万人いる日本人を全て同じとして語ることはできませんが、日本人は欧米人に比べて「辛くても我慢しろ」という根性論が好きな人が多いと思います。特に、「俺(私)も昔はこれくらいの大変なことをやってきたんだから、お前もできて当然」という論調をよく耳にしませんか?

部活動の先輩からのしごき、上司との強制飲み二ケーションなどはこの精神をよく反映しているものだと思います。これは妊婦さんに対する対応にも当てはまり、「みんなそれくらい我慢してる」→「だからお前も辛くても我慢できる」と押し付けている節があるように思います。

ちなみにフランスでは、妊婦に一番優しいのは「出産経験のある女性」です。「私も妊娠してた時は大変だったわよ」と良き理解者になってくれ、「こんなに暑い日は大変でしょう?」と声をかけてくれたり、「お腹が重いとすぐに息が上がって疲れるのよねー」と労わってくれます。こういう女性の先輩が世間にいるとわかると、とーーっても心強く、妊娠していることを歓迎されているような気持ちになって嬉しいです。

本来、日本でも妊婦の大変さを一番理解し、労わるべき存在なのは経験したことのあるおばさんたちです。しかし、ここでも「私も大変だったから、あなたもそれくらい我慢しろ」という論調が使われ、結局は妊婦さんだけが逃げ場のない肩身の狭い思いをしなくてはいけないのではないかと思います。

4他人とコミュニケーションしない文化

ヨーロッパやアジアなどを旅していて、またフランスと比べてみていつも感じることなのですが、日本人は街中のそこら辺にいる他人とスモールトーク(雑談、世間話)をする人が異様に少ない国だなぁと思います。海外では割とすぐにちょっとしたことで赤の他人との会話が始まるのですが、日本人はそれぞれが個人またはグループの殻のなかに入っているようで、基本的に殻と殻同士が混じり合うことはない、という印象を受けます。

筆者はスモールトークが割と好きな方で、日本でもフランスでもわりとすぐにそこら辺の人に話しかけるのですが、日本にはマタニティーマークなるものがあることを知った時は衝撃でした。そんなわざわざ他人とのコミュニケーションを避けるためのツールを身に付けておくよりも、その場で目の前にいる人に話しかけたほうがよほど早くて簡単なのにっ!これって必要ないだろーと思いました。そもそも妊婦じゃなくても、電車の中で具合が悪くなったときは「すみません貧血でフラフラするので、席を変わってくれますか?」と頼める社会であるべきです。

とはいえ、やはり日本でスモールトークをするのは、フランスでするよりも少し勇気がいります。「変な人だと思われないか?」というフランスでは全くしない心配をすることもあり、これは日本で他人に話しかける人が少ないのが原因だと思います(でも、実際に話しかけてみて感じが良かったり、親切なのは断然日本人なんですけどね)。

日本でも「関係のない人とは会話しない」という雰囲気から、ちょっとしたことで他人と会話をする雰囲気になれば、より助けを必要としている人の声が届きやすい社会になるのではないかと思います。

 

おわりに
以上が筆者が思う、日本人が妊婦に厳しい4つの理由です。あなたは妊婦さんを取り巻く日本の社会や世間の風当りをどう思いますか?なぜ日本社会は妊婦に優しくないと言われているのでしょうか。コメント欄で教えてください。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

9 コメント

  1. 確かに、日本人は行動力に欠けるところがあると思います。
    自分は電車で席を譲る必要があると判断した時は譲りますが、大体はお年寄りの時ですね。そのお年寄りの時も、譲った方が良いのかどうかが微妙な年齢と感じた時は譲らない事があります。妊婦さんらしき人に席を譲った事もありますが、電車内で妊婦さんだと分かる人を見かける事は少ない気がします。これも少子化の影響でしょうか。
    席を譲らない人がいるのには行動力に欠ける人が少なくないのも理由の1つでしょうが、そもそもの問題として席を譲るほど余裕が無い人も多いんじゃないでしょうか?仕事で疲れているなど、高齢じゃなくても席を譲ってほしい位に疲労していたり睡眠不足な人も多いのは実体験で理解できます。昔、出向で遠距離通勤をさせられた時は結構早くに起きないといけませんでしたし、電車やバスで座って眠れるかどうかは結構重要でした。
    他人とスモールトークをするかどうかですが、海外旅行に行くと割と普通に他人が話しかけてくる事もありましたし、日本でも外国人に特に用があるわけでもない場面で話しかけられた経験はありますね。あと、日本の電車内でインド人っぽい男性が明らかに他人である欧米人のグループの会話に入っていってたのを見た事もあります。一緒にいた彼女と思われる女性(恐らく同じ国の人)はその会話に入ってはいきませんでしたが。あと、観光地でたまたま側にいた外国人女性(アジア系)に急にカメラを渡されて写真撮影した経験もあります。その時は流され気味に写真を撮りましたが。
    日本では用も無いのに他人に話しかける事は少ないですが、年配の人だと結構あるような気がします。自分の祖母も、知らない人に結構話しかけるタイプの人だったみたいですし。時代の影響もあるでしょうが、徐々にそういった事が憚られるようになったのでしょう。

    • >時代の影響もあるでしょうが、徐々にそういった事が憚られるようになったのでしょう。
      何だかさみしいですね。殺伐としているというか…。冷たそうな人も案外話しかけみるとみんないい人で、色んな発見があったり、「世の中捨てたもんじゃないな!」と思えることが多いので私はスモールトークが好きなんですがね。
      日本には「袖振り合うも他生の縁」という言葉があるのに、何だか勿体ないなぁ…と思います。

      • その反面、Twitterや掲示板などでの匿名の場所では、ばんばん悪口や人種差別的な発言が目立ちます。
        たとえば、ツイッターで「目の前の人が邪魔だった。くそ野郎」というツイートを見た時は、口で直接「少しどいてくれませんか」といえばいいのになと感じました。

        ただ、私も見知らぬ人には話しかけませんね。恥ずかしいとかではなくて、勝手ながら「鬱陶しい」と思われるからですね。興味のない人から話しかけられるのは苦痛だと感じる人もいるので、私は極力仕事以外では他人には話しかけませんね。

  2. 友人が妊娠してたとき電車でいきなり若い男性に「見せつけんな!」とか言われてお腹を叩かれたそうです。怖い社会になりつつあります。

  3. 私は、妊婦さんや子供の連れの方には席や道を譲ったり、ドアを開けたりしています。毎回必ず適切に対応出来ているかというと、そうでもないかもしれませんけど、なるべくするようにしています。
    話はそれますけど、高齢者の場合は譲っていいのか悪いのか判然としない場合があります。譲ろうとして無視されたり、憮然とされたりすると、実にバツが悪いので、あんまりやりたくないという気持ちになります。気にしないでどんどん行動すればいい、という意見もあるかもしれませんが、この記事の中にもあるように、とかく状況を読みながら、互いの出方を探るので、そこで判断がつかないという面もあります。以前に比べると、他人がどういうリアクションをするのか読み難くなって、見知らぬ人と相対する事に不安が多くなっているような気もします。

    見知らぬ人と話をするのは、基本的には好きではないの、確かに進んではしません。やっぱり、見知らぬ人=何をするかわからないという警戒感があります。近頃の世の中は、こちらが予想も出来ないような事件や出来事が起こりますから、警戒心は年々強くなっていると思います。それでなくても、いきなり声をかけて来るのは宗教の勧誘や物を売りたい人ばかりです。「路上で声をかけられる」という状況にビクっとするのは、仕方が無いのではないかと思います。
    道を尋ねてくるような外国の方は、そういう意味では危険度が少ないので、日本人よりは対応する気になりますが、やはり言葉が不安なので、出来ればあんまり声をかけられたくはありません。別に悪意がないのはわかっていますが、「自分がよくわからない言葉で、価値観や習慣の何がどう違うのかよくわからない相手と意思の疎通をする」という状況は、とってもストレスなんです。実際、道を教えるぐらいでトラブルが起きる可能性は低いのですが、「相手もこっちも何を言っているんだかわかんなくなる」という状況が非常に嫌なので、それを恐れます。

    • 見知らぬ人と話をするといっても、何もそんな長話をするわけではないですよ。暑い日に「暑いですねー」と言ったり、バスが遅れている時に隣の人に「遅いねー」と言う程度です。マルシェでアボカド選んでいる時に、隣で選んでいる人に「これちょっと固くない?」と言うくらいです。
      >いきなり声をかけて来るのは宗教の勧誘や物を売りたい人ばかりです。
      フランスではさすがに無視しますが、日本では時間がある時はそういう人とも話しちゃいますね。エステの勧誘をされたときは、「大丈夫です、私完璧なんでっ!」と言ったら大ウケしてくれて、気持ちよかったなぁ。宗教も入る気は全くないですが、興味本位&社会勉強として聞いちゃいます。結構、面白いですよ、あれも。

      • なるほど。
        そういえば、旅行でアメリカへ行った時などは、「見知らぬ人とも気軽に話す文化であり、それが相手に敵意のないことを表明する行為」だと聞き、郷に入らば郷に従わなければと思っていると、案の定見知らぬ人から「あんた、歩くの早いな」とか「ここ、座ってもいいよ」とか話かけられ、何となく「話した方が場が持つ」という空気を感じたので、話すようにしていました。確かに、どんな人だがわかんない人達に囲まれていると、話しかけてもいいという状況があるのは精神的に助かります。

        只、リリーさんも充分ご存知だと思いますけど、日本にはそういう空気がありません。私は勧誘に引っかかると相手のペースに乗せられてしまうので、なるべく話さないようにしています。リリーさんのように当意即妙な受け答えが出来ると、もっと気軽になれるんでしょうけど、モルモンの勧誘の自転車に乗った外国人の青年二人組から逃れるのに往生した事もあります。

        これは日本の社会自体が段々そうなっているのかもしれませんけど、見知らぬ人との接触や不特定多数の人が集まる状況に以前よりも不安感や警戒感が増していると思います。決して良い傾向だとは思いませんが、安全に対する不安みたいなものが年がら年中色んなメディアから発信されているので、やっぱりモヤっとした不安は高まります。

  4. 日本で、マタニティマークを付けた女性が嫌がらせにあうという話を聞いたことがあります。妊婦が電車なんか乗るなと暴言を吐かれたり、ひどい人はお腹を蹴られたり突き飛ばされるというケースもあるとか。いつの間にそんなに殺伐とした世の中になってしまったのか。
    辛くても我慢しろというのもひどい話ですよね。その人は自分が吐きそうなほど気分が悪かったり割れるほど頭が痛くても、同じことが言えるんでしょうか。
    ネットで聞いた話だけですが、日本の妊婦さんは大変だなと私も思ってしまいました。

  5. スモールトークでコミュニケーションを取れるフランスが羨ましいです。
    ただ、私が妊婦だった時にマタニティマークはコミュニケーションを避けるというよりも「何かがあって私が意識不明になった時、妊婦として扱ってもらえるように(子供に害があるような治療をされない為に)」付けていました。
    マタニティマークを付けているだけで妊婦アピール、気持ち悪いと揶揄されることは分かっていましたし旦那にやめた方が良いのではと言われましたが、子供の事を考えると、意義はあるのかなと思っています。
    お腹をさするのも子供が動くのと愛しい気持ちで癖になっていたのですが、妊婦アピールと取られるので電車の中ではやめていました。
    実際、嫌がらせを受けたりは幸運なことにしませんでしたが(これを幸運と言ってしまうのもおかしな話ですが)、席を譲ってもらうのは稀でしたね。
    日本は出る杭は打たれる社会と言うか、権利を主張すると後ろ指さされるので妊婦だから席をかわって欲しいなど口が裂けても言えませんでしたし、何を言われるのか怖くて言おうとも思いませんでした。体調が悪いので、くらいなら言えたかもしれませんが。
    フランスの様な皆で子育てを支えていける社会になると良いなぁと思います。