ホーム ニュース

ニュース

今、世界と日本でホットな話題をお届け!

【海外の反応】東京ディズニーリゾートで日本初の同性挙式に賛否両論

日本初の同性婚で、しかも挙式の場所がディズニーランドということもあり、海外でも大きく報じられた結婚式。しかし、この結婚式に外国人は賛否両論の物議を醸しています。そこで今回は、「東京ディズニーリゾートでの日本初の同性挙式」のニュースに寄せられた外国人の海外の反応をご紹介します。
正直者が馬鹿を見る国籍法!二重国籍について日本人が知っておくべき6つのこと

正直者が馬鹿を見る!日本の国籍法について日本人が知っておくべきこと6つ

正直者が馬鹿を見る制度になっている日本の国籍法。なぜ、日本では二重国籍を認めていないのに、蓮舫さんのような国会議員でさえ多重国籍者が生れてしまうのか。日本の国籍法や二重国籍問題について、日本人が知っておきべきことを6つにまとめてみた。国籍法の今後の在り方はどんなものか。
実録!ジョブズがすすめた違法ドラッグ「LDS」を試しに14日間使ってみた

実録!ジョブズがすすめた違法ドラッグ「LSD」を試しに7日間使ってみた

日本では1970年に麻薬に指定されたLSD。毒性がなく、中毒性もない幻覚剤の一種とされ、未だに人間の致死量は分かっていない薬である。そこで今回は、こういった海外の記事を読んで、それが本当なのかを試すために7日間服用した人の実験記録を紹介しようと思う。あなたは、この実験記録を読んで、どう思うだろうか?

【海外の反応】日本人女性の94%が「水着姿に自信がない」理由は?

ある調査によると、94%の女性が「自信がない」と回答。しかしこれは日本独特のもので、海外サイトで話題になっていた。そこで今回はこのアンケート結果に対する海外の反応を紹介する。外国人の意見を知ってみると、あなたの水着に対するイメージも少し変わるかもしれない?

仏テレビ、震災被害ちゃかす 意味不明なフランス人のジョーク

在パリ日本大使館は、フランスの有料テレビ、カナル・プリュスが東日本大震災の直後に放映した風刺人形劇の人気番組に「被災者感情を傷つける場面があった」として、3月にテレビ局側に抗議したことを明らかにした。
「悪いことをすると置いてくよ!」としつける日本人が恐れていること

男児置き去り、なぜ日本人は「置いて帰るよ」と言って叱るのか?

「しつけ」で 北海道の山林に置き去りにされ、小学2年生の田野岡大和君(7)が行方不明に行方がわからなくなった事件を受け、日本では今、「親のしつけのあり方」が議論されている。実際はこれに近いことをしている人は日本中にごまんといるのだと思う。日本人のしつけの仕方は、本当にこれでいいのだろうか。
世界から非難される日本、マスコミが報道しない「現代の奴隷」とは

世界から非難される日本、マスコミが報道しない「現代の奴隷」とは

世界から再三非難されているにも関わらず、日本のマスコミが報道したがらない問題がある。それは、「現代の奴隷」問題だ。ウォークフリー財団の調査では、日本でも約23万人が現代の奴隷労働に従事させられていると報告されている。日本政府は20年以上もの間、現代の奴隷問題を無視し続けてきた。・・・
過労死する考え方「好きなことを仕事にすれば苦痛にならない」

過労死する考え方「好きなことを仕事にすれば苦痛にならない」

元電通の新入社員が過労死で自殺した。なぜ彼女のように、自ら命を絶つまで、精神的に追い込まれてしまう人が後を絶たないのだろうか。それは、よく自己啓発本などに書いてある、「好きなこと&やりたいことを仕事にしていれば楽しくて、苦にならない」という理想論の押しつけにあるのではないかと思う。

移民国家フランス~「ロマ人送還問題」世界から非難される政府と高まる社会不安

ロマ人送還問題に関して世界から大批判されているフランス政府。政府が抱える危惧、フランス国民が抱える不満、フランスの移民たちが持つ幻想など、それぞれの想いが複雑に絡み合ったこの問題を、わかりやすくまとめてみた!
「テロに気を付けて」という注意喚起が、何の励ましにもならない件

「テロに気を付けて」という注意喚起は、本質を全く理解していない

今月14日の独立記念日のニース大量殺人テロを受けて、日本の友人から「フランスはテロが多いから気を付けて」と言われた。しかし、そう言われるたびに違和感を抱く。この注意喚起をする人は、テロとはどういうものなのか、根本的にわかっていない。それでは、テロの脅威とは何なのか?パリ在住者の私が思う、テロの本当の怖さを語る。

最新の記事