ホーム ニュース

ニュース

今、世界と日本でホットな話題をお届け!

【W杯】パリ凱旋門でバカ騒ぎするアルジェリア人から見る移民問題

日本ではあまり報道されていないが、フランスでは今、ワールドカップを巡って"移民のあり方"が大々的に議論されている。勝利を祝うアルジェリアサポーターがお祭り騒ぎから過激化し、車を燃やしたり、警官隊と衝突する事件に発展したからだ。これに対するフランス人の意見と、筆者が思う移民の在り方とは?
世界から非難される日本、マスコミが報道しない「現代の奴隷」とは

世界から非難される日本、マスコミが報道しない「現代の奴隷」とは

世界から再三非難されているにも関わらず、日本のマスコミが報道したがらない問題がある。それは、「現代の奴隷」問題だ。ウォークフリー財団の調査では、日本でも約23万人が現代の奴隷労働に従事させられていると報告されている。日本政府は20年以上もの間、現代の奴隷問題を無視し続けてきた。・・・

なぜ日本人のいじめは陰湿化するのか?海外と日本のいじめ4つの違い

日本のいじめが陰湿化するする理由は何だろうか。東京学芸大学の杉森伸吉准教授の論文を参考に、日本のいじめが欧米とは異なるところを4点紹介する。
マシュールイスがかっこよすぎ?

ハリーポッターのダサ男が成長してイケメンになったと話題に

本日、世界26か国・地域でオープニングを迎えた映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』。ハリーポッターの映画といえば出演者の成長っぷりもまた見どころのひとつではあるが、アメリカでは今、あまりにもかっこよくなったハリポタ出演者が話題を集めている。
コスモパワー株式会社代表取締役社長 田中 昭次

震災が生んだ日本の大発明『ノアの方船』 海外の反応 

震災からもうすぐ4か月。想定以上に大きかった震災被害を受けて、もしもの時の防災グッズを常備するようになったご家庭も多くなったのではないでしょうか。そこで今回はDaily mailで紹介された『ノアの方船』の海外の反応を集めてみました。

フランス、シャルリーエブド襲撃事件でパリ在住日本人が感じた違和感

世界中に衝撃が走ったシャルリー・エブド襲撃事件。事件のあった先週の水曜日からパリは至る所に警察が配置され、ショッピングセンターやデパートの出入り口ではガードマンが手荷物の検査を行うなど、厳戒態勢が布かれた。フランス、パリ在住の筆者がパリにいて、この事件を受けて感じたこと、違和感とは?
ファッションショーの女性

ファッションショーで3回転ぶモデルが誕生したワケ

女性をより綺麗に、そしてスタイリッシュに見せるために、ハイヒールはなくてはならないものです。しかし、年々その高さが高くなり、ファッションモデルでさえも、キャットウォークで何度も転んでしまう場面が見られるようになっています。
娘のためにしてるんです!BY:母シャロン

7歳の娘に美容整形をする母親 衝撃インタビュー

モンスターペアレントはもはや日本だけの話ではないようである。7歳の娘に幾度も整形手術をさせている母親がいるという衝撃的なニュースが、米紙ザ・サンから入ってきた。

韓国大統領「ドイツを見習え」海外で日本批判する韓国への海外の反応

海外メディアで日本批判をし続ける朴大統領だが、これらの報道を見た外国人は日本に対してどのようなイメージを持っているのだろうか。そこで今回は日本に住む外国人が集まるサイトより、英仏紙で日本政府批判を繰り返す韓国大統領に対する海外の反応を紹介する。「日韓問題」が海外の人にどのように捉えられているのかに注目してみよう。

【フランス人種差別事情】他民族が乗る”パリの地下鉄”で毎日思うこと

フランスで地下鉄に乗車しようとした黒人の男性が、人種差別主義者を自称するサッカーファンから繰り返し乗車を妨害されるという事件があり、波紋を呼んでいる。多民族都市パリで人種差別や少数迫害を完全になくすことはできない。では、私たち個人はどうするべきだろうか。

最新の記事