ホーム ワールド

ワールド

世界の全体像を理解するためのデータをまとめたコンテンツ

あなたは知ってる?意外と知られていないファーストフードの面白い真実10

あなたはいくつ知ってる?意外と知られていないファーストフードの真実10

安くて手軽で、いつでもどこでも食べられるファストフード。そんな現代の私たちの食事に身近になってしまったファストフードですが、この世界を調べてみると知らなかった意外な真実が多いんです。そこで今回は、意外と知られていないファーストフードの真実を10紹介します。あなたはこれらの真実をいくつ知っていますか?
【2017年地球上で最も危険な場所】世界で最も治安が悪い都市ランキング

2017年、最も危険な国はどこ?世界で一番治安が悪い都市ランキング

このサイトで毎年公開している危険な都市ランキング。今年は海外サイトで紹介されていた「治安の悪い10都市」の最新版を紹介しよう。今回はメキシコの安全保障研究所(institute of Secutiry, Justice and Peace)で発表されたデータを元にしたランキングを参考にすることにした。
思わず感心!世界の子育て事情8つ…日本はこんなところが凄いらしい

思わず感心する!世界の子育て事情8つ…日本はこんなところが凄い!

ところ変われば、「これが良し!」とされている子育ての仕方も変わります。そこで今回は、他の国の人が思わず感心してしまうような「世界の子育て事情」を8つご紹介します。日本もランクインされています。日本のこんな"子育て事情"が海外の人から見ると感心されるようです。

あなたも加害者です!知りたくなかった…世界アパレル業界の酷い真実10

近年は低価格ブランドが世界中で人気を集めていますが、その裏には何とも酷い真実が隠されているんです。そこで今回は、海外サイトList Verseより、知ったことを後悔するかもしれない「世界のアパレル業界の酷い真実」を10紹介します。これを読めば、あなたのファッションに対する考え方が変わるかもしれません。
7つのチャートでわかる世界の言語|最も影響力のある外国語はどれ?

7つのチャートでわかる世界の言語|最も影響力のある外国語はどれ?

現在、世界に存在する言語の数は千数百とも数千とも言われている。そこで今回は、そんな複雑な世界の言語をよりシンプルに理解するための7つのチャートを紹介する。世界の言語体系がどうなっているのか、また日本語が世界でどのような位置づけにされているのかがわかるかもしれない。
死ぬ前に一度は行くべき!アジア旅行&観光におすすめの国・都市トップ20

死ぬ前に一度は行くべき!アジア旅行におすすめの人気観光地トップ20

日本からの海外旅行なら航空費が比較的安く、すぐに到着してゆっくりできるアジアがおすすめ。自然が美しい絶景や、独自の伝統文化、おいしいアジア飯、ため息が出る夜景など、アジアは見どころ満載です!そこで今回は、海外サイトを参考に、「死ぬ前に一度は行っておくべき!アジア旅行におすすめの人気観光地」を20紹介します。
世界で最も治安が悪く、不幸で、不健康で、貧しい国ランキング

世界で最も治安が悪く、不幸で、不健康で、貧しい国ランキング

世界で治安の悪い国、貧しい国などのランキングのデータを総合的にまとめた最新版のランキングが6日に、The Legatum Instituteから発表された。これらの国は、長らく戦争や紛争による悲劇が続いており、経済力に乏しく、安定的で建設的な政府や教育システムが欠如している国だ。
悲報|初老の白人男性が、夜のタイ女性と結婚するとこうなる!

悲報|初老の白人男性が、夜のタイ女性と結婚するとこうなる!

タイに初めて行ったとき、初老の白人男性とタイ人女性のカップルを何度も目撃して、その様子が見ていてとても不愉快だった。しかし、こういうカップルの現実と行く末は、本当はとても悲しい。それを教えてくれるフランスのドキュメンタリーをユーチューブで見つけたので、今回はそれを紹介しようと思う。
なぜベトナムはアジア一幸せな国なのか?日本との違い

なぜベトナムはアジア一幸せな国なのか?日本との違い

世界には幸福度を比べる様々な調査があるが、「地球の住人」としての幸福度が高い国はどこだろうか?イギリスのシンクタンク会社New Economics Foundationの最新の調査によると、世界で5番目に幸せな国にベトナムがランクインした。ちなみに日本は58位。今回はその理由を探ってみる。
これから10年間で伸びる国|経済成長が著しい新興国ランキング

これから10年後に伸びる!最も経済成長が著しい新興国トップ10

市場調査会社BMIリサーチは、「未来の新興国市場トップ10」の最新版を発表した。推定によると、これら新興国は2025年までに世界のGDPを4.3兆ドル押し上げるとされている。これは、現在の日本の経済規模と同じだ。これから10年間で最も成長する新興国と、その成長を支える業界は以下の通り…。

人気の記事

最新の記事