ホーム タグ フランス ブログ

タグ: フランス ブログ

食品ロスが世界トップクラスの日本で1日5人も「餓死者」が出る理由

日本はまだ食べられるのに捨ててしまうもの=食品ロスの量が世界で1位2位を争うほど多いと知っていましたか?それと同時に、飢餓や栄養失調で亡くなる人などの貧困問題が最近注目を集めています。1日で5人が貧困で亡くなる先進国、日本。この矛盾はどこから来るのでしょうか。フランスでの取り組みと比較してみました。

【マダムリリーからご報告】妊娠&ヴェルサイユへ引っ越しました!

マダムリリー、赤ちゃんができました。現在、妊娠7か月です。9月上旬に、男の子を出産予定です。今後はフランスでの妊娠生活のこと、出産、子育てのことなども綴っていけたらいいなと思っています。今後とも温かい目で見守って頂き、ご指導、ご支援頂けたら嬉しいです。

犬のふんがツキ?フランスの奇妙な迷信トップ10

フランスのフリーペーパーDirectsoirによると、15歳から34歳までのフランス人51%が迷信を信じているそうです。フランス人が信じている迷信とは一体どのようなものなのでしょうか?そこで今回は数あるフランスの迷信のなかから、とってもユニーク&奇妙でフランスっぽい10の迷信をご紹介します。

「個室」を好む日本人 「テラス席」を好むフランス人

飲食店に入ってどこに座るか?こんなところにも国民性の違いというのは現れる。日本人もフランス人も飲食店に行く目的は似たようなものであるが、その目的にたどり着くための方法が異なるのだ。

なぜワーホリは輝いてみえるのか?

ワーホリでフランスに来た人たちと会うたびに感じるのは、みんなとてもイキイキしているということ。ワーホリがイキイキしている理由は何だろうか?

仏人夫のにほんご作文5「グローバル時代の日本人経営者養成のための国際教育プログラム」

さて、フランス人旦那のにほんごの宿題もこれで最後、ファイナルです。最後らしく(?)、レポート形式です。太字が先生の質問、他は旦那が書いた文章。今回も敢えて、わかりやすい日本語になおしていません。

仏人夫のにほんご作文4「日仏でビジネスするためには…」

さて、またもやフランス人旦那のにほんごの宿題です。太字が先生の質問、他は旦那が書いた文章です。敢えて、わかりやすい日本語になおしていません。

仏人夫のにほんご作文3 「グローバルに活躍できる人材不足」

日本語学習歴5年のフランス人旦那の「にほんご作文」の宿題、第3弾。今回は経済のグローバル化における日本企業の課題がテーマ。相変わらずわかりづらい文章ですが、意味を推測しながら読んでみてください。

仏人夫のにほんご作文2「続・日仏の価値観」

日本語学習歴5年のフランス人旦那の「にほんご作文」の宿題、第2弾。今回は日本とフランスでの価値観の違いを掘り下げていろんな分野からみていこう!ってやつです。

仏人夫のにほんご作文1「日仏の価値観」

日本語学習歴5年のフランス人旦那が先日、日本語の授業で「にほんご作文」の宿題をしていました。それをそのまま、載せただけです。