ログイン

最近の記事

海外メディアが紹介した 20のおもしろい日本トリビア

VN:F [1.9.22_1171]
評価: 3.9/5 (7 投票)

海外メディアが紹介した 日本のおもしろトリビア20

グローバル化する世の中のおかげで、日本発祥の物も多く海外に知られるようになりました。日本に対する世界の理解が深まった今日ですが、日本を誤解されている場合もしばしばあります。

海外サイトのlistverseでは、日本は世界で最も面白い国であり、ユニークな独自文化とおいしい食べ物、テクノロジーの発展などは諸外国をひきつけ、インスピレーションを与えてきたと評価しています。そんな魅力的で豊かな文化と強い経済力を誇る超大国をより深く理解するための20のトリビアを紹介しています。日本人にとっては当たり前な事実も、日本人にとっても思わず「へぇ!」と声が出るトリビアもあって、海外の視点がわかるヒントになるかもしれません。

 

海外メディアが紹介した 日本に関するおもしろトリビア20

 

1.  生の馬の肉は日本で人気の前菜。薄くスライスして食べられる生のそれはbasashiと呼ばれている。

 

2. 日本国土の70%以上が山で構成されている。さらに日本国土内には200以上の火山がある。

 

3. 日本ではマスクメロンが(カンタループに似ている)1個3万1343円(約300ドル)で販売されている。

 

4. 日本の識字率はほぼ100%。

 

5. 日本にはビールを販売する自動販売機がある。

 

6. 日本人の平均寿命はアメリカ人の4年も長い。アメリカ人ももっとbasashiを食べるべきかも!

 

7. 日本人男性のなかには謝罪の形として頭を剃る人がいる。

 

海外メディアが紹介した 日本に関するおもしろトリビア20

8. 日本の殺人率は世界で2番目に低いが、気味の悪い自殺名所である「青木ヶ原」 がある。写真参照。

 

9. 日本には15人のノーベル賞受賞者がいる(化学、医学、物理学)。数学的貢献をなした研究者に贈られるガウス賞受賞者が1人、4年に一度40歳以下の若手の数学者(4名まで)に授与されるフィールズ賞受賞者が3人いる。

 

10.若い相撲取りは伝統的に、稽古部屋ではベテラン力士の手の届かないところをきれいにしてあげたり、入浴させてあげたりする。

 

11.日本の失業率は4%以下である。

(注:総務省統計局の情報によると、日本の2009年の失業率は5.2%

 

12.日本の国土は 6,800の島で構成されている。

 

13.1989年に公開された映画、『鉄男』(てつお)は (漫画、ロバートダウニージュニアの映画とは関係ない)比較的ポピュラーな、”サイバーパンク”映画である 。 (サイバーパンクとは技術を伴うSF映画のこと。虐待や社会不安を伴う)『鉄男』(てつお)は塚本晋也監督が大学の頃に脚本、監督をした演劇に基づいていた。

 

14.紀元前約30,000年前の旧石器時代の人々が日本に住む最初の住民である。

 

15.これまで多くの日本映画を世に出してきた三池 崇史監督は、ピーク時には年間で50本もの映画を製作した。

 

16.日本のアニメーション映画やテレビ番組(アニメ)は、世界のアニメーションエンターテインメント業界の60%を占める。アニメーションが日本でこれほどまでに成功したため、日本には130人以上の声優がいる。

 

17.日本の人口の21%は、高齢者。この割合は世界で一番高い。

 

18. 日本の裁判制度では、過去に有罪判決率99%という高い記録を出したことがある。

 

19.日本の刑務所は(2003年時点)、平均117%の容量で推移している。

海外メディアが紹介した 日本に関するおもしろトリビア20

20.上げ床はスリッパや靴を脱ぐことを示すのに役立つ。日本家庭の玄関は大体6インチ(15.24 cm.)低くなっており、ここで靴を脱いでスリッパに履き替える必要があることを示す。畳の部屋の場合は、1-2 インチ (2.54-5.08 cm.)低くなっており、ここではスリッパを脱がなくてはならない。

関連する記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

コメント | 2件

  1. Pingback: News Update » Blog Archive » 2012/02/02 NEWS

Facebook

Twitter

海外メディアが紹介した 20のおもしろい日本トリビア, 3.9 out of 5 based on 7 ratings