日本の学校いじめが社会問題となって久しい。最近では、陰湿で深刻な日本のいじめ問題が海外にも知られるようになり、欧米にはない日本独特ないじめのやり方が話題になることもある。岩手県の中学2年の男子生徒(13)がいじめを苦に自殺したとみられる問題も、悪質で陰湿ないじめの全貌が明らかとなりつつある。

もちろん海外の学校にもいじめはある。しかし、日本型いじめとは構造や手段、心理などの点で異なり、日本のいじめが陰湿化する原因のひとつとされているのだ。そこで今回は、東京学芸大学の杉森伸吉准教授による「日本型いじめの研究」を参考に、日本のいじめの特徴と欧米とは異なるところを4点紹介する。

 

1.日本のいじめは4層構造

まず、日本のいじめのでは4種類の人間で構成される。それは、いじめられる人いじめる人はやしたてる観衆無関心な傍観者であるが、この4層構造は欧米ではあまり一般的ではない。

アメリカやドイツでのいじめは力の強いものが弱いものを攻撃するという、『ドラえもん』のジャイアンが行うようないじめであり、これはしばしばニワトリのペッキングオーダー(pecking order)に例えられる。ペッキングオーダーとは強いものから順にえさを食べるというニワトリの性質を現したものである。強いものは誰か?を相手の示すために攻撃するというのが欧米型のいじめの構造だ。日本もその昔はペッキングオーダー型のいじめが主流だったが、時代や社会構造の変化により単純な「弱いものいじめ」から「集団による4層構造のいじめ」へと変化してきたといわれている。

ニワトリのペッキングオーダー

 

2.「集団から除外する」というやり方

なぜ日本人のいじめは陰湿化するのか?海外と日本のいじめ4つの違い日本のいじめは集団主義社会の問題点を如実に現している。日本では無視など人間関係から疎外する関係性攻撃が多いのが特徴で、反対に欧米では直接的な暴力によるいじめが多い。

国立教育政策研究所が2004年から2009年にかけて行った追跡調査では、「無視・仲間はずれ・陰口」を経験した人は、2004年の中学1年6月時点の41.6%から、2006年の中学3年11月時点では80.3%に増加している。さらに、2004年に小学校4年生だった児童が、2009年の中学3年生になるまでには、90.3%が「無視・仲間はずれ・陰口」を経験していた。

日本では子どものしつけとして、親が子どもに「出て行きなさい!」と言うことがある(参照記事)。家=家族という集団から追い出すことを「罰」として与えているが、欧米ではこのようなしつけはあまり見られない。欧米では「自分の部屋に行きなさい」と言ってしつけ、テレビやゲーム、外出などを禁じ、子どもの”自由”を奪うことを「罰」として捉えている。

このような文化の違いから読み取れるのは、日本では「集団の中に入れないのは苦しいことだ」と一般に認識されているということである。いつも仲間とつながっていないと不安になるような関係性を育む社会であり、関係性攻撃が被害者に大きなダメージを与えるので、日本では無視や仲間はずれが有力ないじめの手段となっているのだ。

 

3.空気を読む→エスカレート

「空気を読む」という日本独特のコミュニケーション方法もいじめを陰湿化させる要因の一つである。日本は本音と建前の社会だと昔から言われているが、「いじめてはいけない」という建前よりも、「本当はいじめたい」という本音が子どもたちの中で一種の空気になり、結果としていじめを助長してしまうようになる。

「いじめを見たときに、止めに入りますか?」という質問について「はい」と答える人の比率が、他国では年齢が上がるにつれて単純に増える傾向にあるのに対して、日本ではいじめの多発期(小学校5年生頃から中学校2年生くらいまで)には低下する傾向がある。思春期のころにはいじめがあっても、傍観したり、無視したりする子が、一時的に多くなるということだ。

逆にアメリカなどのような多民族・多文化社会の場合は、日本のようにホンネを全体で共有するのが難しく、タテマエのルールで動かないと成り立ちにくい社会でもあるため、「いじめはいけない」というタテマエが通りやすく、いじめを見たときに、止めに入るといじめが止むことがある。

 

4.悪いのは「いじめられる自分」

個人主義的な傾向が強い欧米社会では、自分の身は自分で守らなければならないという行動規範が強いため、自分がいじめられたときに、「自分は悪くなく、相手が悪い」と考えて自分の身を守る。

それに対し、「コミュニティのなかに入れない人が悪い」という価値観を教育されてきた集団主義社会の日本人は、いじめられた本人が「自分が悪いからいじめられた」と考えてしまうケースが多い。いじめられる自分が悪いと思う文化では、いじめで心理的に追い詰められたときに、うつや不登校、引きこもり、自殺などの自己否定的な反応を示しやすいのが特徴である。

また、真面目な日本人の気質もあいまって、日本人は他者から悪く思われないように、自分を改善する心性が強く、批判されないように自分の欠点を見つけて直そうとする傾向がある。だから批判された場合も、「自分が悪いから批判された」と自罰的になりやすいといえるだろう。自罰性が比較的強いうえに、日本でのいじめはほとんどが仲間内で起こるので、守り合うべき関係の中で攻撃されると、さらに自己の内部が強いダメージを受けると考えられる。この点が「いじめを苦にした自殺」が日本で多くなってしまう一番の原因だろう。

 

おわりに

ここに、日本人の国民性を表すこんな民族ジョークがある。

豪華客船が沈没して、多国籍の人々が救命ボートに乗りました。しかし定員オーバーで、男の人たちに降りてもらわないと沈んでしまいます 。
そこで船長は
アメリカ人に対しては、
「あなたはここでヒーローになれる」 と言いました。アメリカ人は、ガッツポーズをして海に飛び込みました。
次にイギリス人に対して
「あなたは紳士だ」 と言いました。イギリス人は、うなずいて海に飛び込みました 。
ドイツ人に対しては
「あなたは、飛び込まなくてはならない、それがルールだ」 と言いました。ドイツ人は納得して海に飛び込みました 。
日本人に対しては
「あなた、飛び込まなくていいんですか?ほかの男の人は、みんな飛び込みましたよ」 と言われました。すると日本人は、左右を見渡すと慌てて海に飛び込みました。

日本人のいじめが陰湿化する一番の大きな理由は、「集団心理」だと言える。

“みんながしていることは正しい、みんながしていることを自分もしなくてはいけない”

という意識が、子どもに限らず大人も、日本人なら少なからずみんな持っている。この集団心理のおかげで、「人様(集団)に迷惑をかけてはならない」という意識が働き、日本は秩序的で平和だと言われる結果にも結びついているので、集団心理が悪だとはいえない。

しかし、価値形成が定まっていない子どもの社会では、集団心理が悪い方向に働きやすく、集団心理の犠牲になりやすい。

だから、これからの大人は子どもたちに「みんながしていることが必ずしも正しいとは限らない」ということを伝えていく必要があるように思う。

みんながしているからと安易に安心してしまうのではなく、「本当に正しいのか?」を自分の頭で考え、集団や社会に疑問をもつ”批判的思考力”を育てていかない限り、日本の学校現場から陰湿ないじめはなくならないのではないか。

参照:nippon.comchildresearch.net

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

13 コメント

  1. 農耕で栄え、今まで我々が知らないような経緯で発展した結果、このような「大人も子供もも無意識のうちに参加する」ようになったのでしょうか。
    いじめは世界各国にありますが、ここまで酷い話は聞いたことがありません。

  2. 日本の陰湿なイジメは今に始まったことではありません。海外在住ですが私達日本人がどんなに人の顔色ばかり伺って暮らしているかがわかります。他人と同じでなければおかしと思われる雰囲気… 私は今50代ですが中学生、高校生時代、必ずと言っていいほどいじめられたいた子がいました。その子がいない間にその子の持ち物を隠したり、机、カバンの中の物を床にばらまいたり、でも誰も助ける事はできませんでした。

  3. 日本で陰湿化しているのは、学校内外でのいじめだけでなく、家庭内での親による虐待も同様だと思うことさえあります。

  4. 私は日本で留学経験がある韓国人です。私が属する大学院の研究室で一藩弱い学生がいじめられていました。私が一番先輩ですので研究室の後輩たちを呼んでいじめをやめなさいと言いました。そしてその理由を聞いて見たらた、単純にみんながいじめをするからと言いました。私には納得できませんでした。また不思議なのはいじめられた学生が卒業していなくなったら後から二番目で弱い学生が新しくいじめのタケットになりました。日本の社会は内部団結のためにいつも弱い人を犠牲させるのが昔からのやり方ではないかと思います。

  5. 日本においては日本特有のいじめがあり、それはそれで大きな問題だとは感じています。
    しかし、欧米の場合は人種問題が絡み更に暴力度が高いという点では日本以上に深刻なものがあると思います。
    集団でのいじめや暴行も増加しているのが実情ですしね。

    実際、米司法省などが2011年に実施した調査によれば、アメリカの学校でのアジア系に対するいじめは、他人種よりも酷く、10代のアジア系アメリカ人のうち、半数以上が学校でいじめられた経験があると回答。

    これに対して黒人やヒスパニック、白人では1/3程度である。フィラデルフィアの学校では2009年にアジア系の生徒に対する集団暴行事件が発生、被害者は1日で26人に上り、うち13人が重傷を負って集中治療室で手当てを受けた。
    この学校では、アジア系生徒が身の安全が確保されるまで登校を拒否するストライキに発展した。

    こういったこともあり、アジア系は、他人種に比較して、うつや自殺の割合が突出してる。
    2009年、アメリカの司法省と教育省が10代の学生を調査した統計によると、31%の白人、34%のヒスパニック、38%のアフリカ系が「学校でいじめを受けたことがある」と答えたのに対して、アジア系学生の場合は54%に達するという結果が出た。

    日本も欧米もいじめに関しては、どちらも同じように酷いことには変わりないですよ。

  6. 日本のいじめに関しては、日本を離れてから気づいたことがひとつ。それはテレビの内容。日本のテレビでは、必ず「デブ」だの「ブス」だのと言って誰かをいじめ、笑いを取っています。(「いじめられるキャラ」というのが存在していますね。でもその人たちはそれでお金をもらっている、という事実を子供たちは知らないし、気にもしていないでしょう)
    アメリカではそんな「変える事のできない身体的・外的なもの」で笑いをとる、といったテレビは見たことないです。もしもテレビで誰かに「ブス」だの「デブ」だのと言おうものなら、言った人は激しいバッシングを受け、もうテレビには出られなくなるのは確実。
    しかし、日本では貧困でさえも笑いものにされる格好の原因だという事実が・・・。
    以前、ユーチューブに「家庭の事情で貧しく、学校でも引け目を感じてあまり友達も作らずにいた(アメリカの)高校生の女の子のために、下校時にランボルギーニでさっそうとお出迎え!!」といった画像がアップされていたのですが、それが日本のヤフ〇ニュ〇スにも取り上げられたため、日本からも(日本語で)コメントした人がいたんですが「どれだけ貧乏なのか、そんな恥をこんなところでさらすなんて!学校でいじめられるよ!」と・・・。それは典型的な日本の考え方ですか?その人は英語が読めなかったのでしょう、画像の最後には寄付ができるサイトが紹介されており、画像をアップした人は、たくさんの人からの寄付に感謝の言葉をコメントしていたのですが・・・。
    日本では「太っている人は全員、怠け者だから」そして「貧乏なのは、働いてないから」という定義があるようにお見受けします。必ずしもそうとは限らないということは無視?それに、デブ・貧乏だからといっていじめたりしていいのではない、という教えは学校で空回り。テレビでは「楽しそうに」いじめているんだから、やってもいいと?それに「ブス」って?個人の好みのはずですが、それさえもテレビが、どんな顔が美しいのかを教え込んでいるんですよね。漫画もしかり。「ブスな顔=悪者」だという・・・。

  7. moonのコメントに対するコメントです。

    海外に留学していて異人種がうらやましかったのが、ほかの人種は、異人種からの差別に対して、同じ人種で団結することがおおいということ。日本人を含めアジア系は差別されても、団結しないで、個人の責任にする。留学したての英語のわからん日本人留学生に差別について話しても、日本のメディアのイメージを保持したい(異人種にビビっているから対立したくない)から、アジア人が差別されているのではなく、個人がいじめられているととらえ、自分はやる側だと思っている馬鹿が何人かいた。そういう馬鹿の何人かは、自分もアジア人で差別される側だと気が付いた時、恐怖で精神をくずしたり、日本に逃げ帰ったりだった。しかもそういうやつらは、差別を受けたことを話さない。なぜなら、そいつ個人が差別されたとしか、日本人の家族も友達も捉えないからね。日本のメディアは日本人がアジア人の一民族として馬鹿にされたりすることがアジア圏以外の国に内容に放送するのにうんざりするね。

    もっとひどいことには、ストレスたまりまくった、海外の日本人コミュニティーでは、日本人お得意のいじめ(韓国人もとくいだけど)を同胞の日本人だけにして、ストレス解消してたりするから、始末に負えない。仲間をいじめて、アジア人を差別する異人種には媚びる、そういう糞みたいな奴らがうようよ海外にいる日本人(とアジア人)にはいたね。正直差別されてもしょうがないような、哀れなやつらだったよ。

    • 日本で暴力的ないじめが少ないとは思えません
      特に男子同士の苛めでは100パーセント殴る蹴るなどの暴力が伴っていました
      それで亡くなった子供もいますね。
      女子に対しても暴力を振るう男子がいました。他の男子も止めません。
      女子高生コンクリート殺人とかも集団心理で誰も助けませんでした。

      同じ民族同士で苛めて憂さ晴らしは、日本人が最も好む方法だと思います
      外国で、運よく(?)他の国の人からは嫌がらせを受けなくても
      同じ日本人から嫌なことをされることも多いというと
      「同じ日本人同士なのに信じられない、なぜ助け合わないの」と驚かれます
      日本人は「やられる方が悪い」という弱者を突き放し追い打ちをかける言葉が好きで
      苛めや浮気など様々な場面で出てきますが
      日本は被害者泣き寝入り文化、加害者側に加担し身を守り他人を生贄にする文化なのかもしれません

  8. 欧米人は個人主義的性格で、日本人は集団主義だというのは間違っています。
    安心社会から信頼社会へ、という本を一読して学んでください。

  9. しょうがないよね、日本人は醜い奴隷の子だから、みんなでやれば怖くない、
    卑怯な民族なのだ!まぁ権力者からすれば飼いやすいよね。

    • 一人前氏
      あなたの言ってることは陰湿な人種差別者以外の何物でもない
      日本の差別主義者(ネトウヨ)が韓国人は醜い奴隷の子、韓国人の差別主義者が日本人は醜い奴隷の子
      白人の差別主義者が黒人は醜い奴隷の子と罵倒するのと何ら変わりません
      自分を棚上げに人種論を語ってますが、陰湿で卑怯で醜いのはあなた自身ですよ

  10. 欧米とかのは言う暴力、見える暴力かも
    日本は言わないでグループから省き。
    先生の見えない所でやっと暴力って感じ

    暴力性はともかく陰湿さはこの国トップクラスですね