それは偏見!白人男×日本人女カップルへの間違ったイメージ5つ

 国際結婚や国際恋愛をする日本人女性には、世間の偏見がつきもの。日本人男性が白人女性と結婚した場合はあまり悪く言われることはありませんが、白人男性×日本人女性という組み合わせはマイナスの印象を持っている人も多く、「国際恋愛をする女性はきっとこういう人なはず!」という思い込みや勝手な決め付けをされるのが現実です。

 そこで今回は、世間が持っている「白人男×日本人女のカップル」のイメージや認識のなかから、「これは間違っているんじゃないか?」と思うものを5つご紹介します。

1女は黒髪ロングのヒラメ顔

日本で言われている「外国人男性にモテる日本人女性の見た目」は、黒髪のサラサラロングで一重のエキゾチックなタイプ。この一方的な決め付けがあるせいか、白人男性と結婚する日本人女性はみんな黒髪ロングのヒラメ顔というイメージをもたれているようです。

しかし、実際に国際結婚する女性は黒髪もいれば茶髪もいて、ロングヘアの人もいれば、ショートの人もいます。目も一重や切れ長で「典型的なアジア人の目」の人もいれば、ぱっちり二重で目の大きい人もいます。みんなそれぞれです。国際結婚する女性の顔の傾向を一つの括りにすることはできないのではないでしょうか。

それに、日本全国の女性の目の印象で統計をとると、パッチリ二重の大きな目の人は少数派で、アジア人らしい目の形をした人のほうが多いのではないでしょうか。となると、これは国際結婚する日本人女性の傾向ではなく、日本人女性全体の傾向だと言えると思います。

2男は自国でモテないルーザーくん

これも間違っている思い込み。確かに、自国ではモテないタイプの男性もいますが、自国でもどこに行ってもモテモテというタイプの人もいるので、これも一括りにはできません。モテない外人はアジア人女性に行くというのも偏見で、女性に人気があってもアジア人女性が好きな人は好きですし、いくらモテない男性でもアジア人女性に興味がない人は興味がありません。

母国では女性に相手にされないから日本人女性をねらう。よって、日本人女性とつきあう外国人男性はみんなもてないというのは、なんとも浅はかな決め付けです。

3外国人と結婚する女は軽い

白人とつきあう女性はナイトクラブに毎晩入り浸るような軽そうな女性、というイメージをもたれやすいのも事実です。この偏見は、女性よりも男性のほうが強く持っているように感じます。「外国人男性とつきあうような女性は遊んでいるだろう」という勝手なイメージをもたれますが、これも“人による”ので、傾向を一般化することはできません。

それと、「外国人とつきあっている」と周りに言うと、「遊ばれてない?大丈夫?」という反応をされることが多いのも国際恋愛の悲しいところ。日本人女性とつきあう外国人も遊んでチャラチャラしているイメージを持たれやすく、恋愛初期の頃は「どうせうまくいかないだろう」と周りの人に思われがちです。

4両親がブサイクでも生まれてくる子どもはかわいい

美男美女の子どもが美男美女であるように、いくらハーフの子どもであっても、ブサイク同士のカップルならそれなりの子どもが生まれてくるはずです。「ハーフならかわいい」というのはおかしな決め付けであり、国際カップルにとっては迷惑なプレッシャーです。

ハーフでもきれいな人はきれいですし、普通の人は普通です。これは純日本人でも同じことではないでしょうか。「混血はかわいい」という決め付けは日本に限った話ではありませんが(フランスでも同じです)、これも間違っていると筆者は思います。

5やっぱりどこか“普通”じゃない

同じ国の人ではなく、“わざわざ”外国人を選ぶ人はどこか変わっていて、普通とは違うという見方をされることも多いですが、これも偏見です。国際カップルの普通じゃないところを強いて言うならば、「母国語以外の言葉が話せる」ということでしょうか…。

国際結婚をする人も、日本人と結婚する人も結局は同じ。国際結婚=普通じゃない結婚という認識が変われば、外国人と恋愛する人の勝手なイメージや偏見もなくなるのではないかと思います。

 

外国人と恋愛をしている方、結婚した方はどう思われますか?

写真:Nadia Morgan

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

19 コメント

  1. 日本人男性が白人女性と結婚した場合はあまり悪く言われることはありませんがとのことですが、実際はどうなんでしょうね?
    以前、辛酸なめ子が日本人男性と白人女性のカップルに対して偏見のかたまりのような内容のマンガを描いていた事がありますし。あまりに酷過ぎる内容だったからか、「全部辛酸なめ子先生の妄想です」みたいな注釈が付け加えられていましたが。
    日本人男性の場合、先進国以外の出身者と結婚すると偏見を持たれやすい印象を受けるので、日本人女性とは逆のパターンで偏見が持たれやすい気もします。
    女性の容姿ですが、街中で日本人女性と白人男性と思われるカップルを見ても、本当に女性が日本人とは言い切れないので、あくまで日本人だと仮定した上でのイメージになってくるかと思います。韓国人で大阪育ちの安美佳は夫が白人で、顔や髪型はここで書かれてるステレオタイプの日本人女性そのままですが、安美佳を知らない人が街中で2人を見たら日本人と白人のカップルに見えるんじゃないかと思います。

    • >日本人男性の場合、先進国以外の出身者と結婚すると偏見を持たれやすい印象を受けるので、日本人女性とは逆のパターンで偏見が持たれやすい気もします。

      なるほど、確かにそうですね。国際結婚する日本人男性も、それが先進国であれどこであれ偏見をもたれてしまうのかもしれません。

      まぁ、それと日本人と思われる女性×白人男性のカップルですが、最近は中国人も日本人も韓国人もみんな似たように見えるのですが…これはフランスにいるアジア人女性限定の話でしょうか。確かにメイクやファッションは雰囲気が違うので、何となく日本人かどうかをあてることができますが、顔の造形ではアジア人は大して変わらないように思います。整形しちゃう人も多いので、もう何が何だかわからないです。昔ほどは、“日本人顔”というのもなくなってきているのではないでしょうか。

  2. この記事すごくわかります。周りの友達と同じ様な気持ちで恋愛したり交流してるつもりでもちょっとしたことで必要以上に取り立てられるんですよね(笑)そこまで考えてないってば!ってかんじです。

    きっと最近の海外ブームもあるんでしょうね…。私がどう思われても良いけど相手の方まであーでもないこーでもないなんて言われたらたまったもんじゃありませんよた。

    そもそも当人たちは外国人、日本人である以前に1人の人間としておつき合いしてるのですから困ったものです(´-ι_-`)

    以前、学校の化粧室で私の恋愛観はゆがんでるだの、調子に乗っているだのなんだか訳の分からない難癖をつけられました(笑)今はもうその類の僻みや悪口には慣れたのですが。
    髪を伸ばすと言っただけなのに「日本人アピールうざいんだけど」とすれ違いざまに言われたときは結構キましたね(笑)はじめのうちはそういう悪口に絶えるのが辛かったです。

    • >そもそも当人たちは外国人、日本人である以前に1人の人間としておつき合いしてるのですから困ったものです

      その通りです!周りの偏見や決め付けに負けず、自分らしくいきましょう。

  3. 偏見ではなく事実ではないでしょうか?外人と結婚したいとか白人と結婚したいとか国や人種で選んでる子は尻が軽いと思います。

    • しかし、現実に国際恋愛&国際結婚をした人が全て「国や人種で選んでる」とはいえません。
      「まさか外国人と結婚することになるとは自分でも驚き!」という人が、私の周りでは大半ですが。

      • 確かに全てではないと思いますが日本にはそうゆう子が比較的多いような気がします。それとも外人と結婚したいと思ってる人は一部なんですかね?ハーフの子供ほしいとかアクセサリー感覚な人で言う人もいますね。

        • それなら、なぜ外国人と結婚した女性だけが「アクセサリー感覚」だと批判されなければならないのでしょうか?日本人男性と結婚した女性だって、「顔がいい、遺伝子が良い」子どもがほしいと思って結婚している人もいるかもしれないし、それこそアクセサリー感覚な人もいるのでは?
          なぜ、国際結婚だけ「別枠」なのでしょう?

          ま、結局のところ、国際結婚している側からすると、こういった意見は放っておくのが一番良いんですけどね。

  4. 欧米コンプレックスの塊な人が多いもんね。特に女性。
    実際今の時代になっても外国人が別の生き物に見えちゃってる人多いんじゃない?
    日本人女性が欧米のブランドバッグ持つような感覚と同じ勘違い起こしちゃってる状態かな。

    あと「みんながそうじゃない」「人による」

    って意見はあまりに当たり前すぎて(笑)参考になりません。

    • >「みんながそうじゃない」「人による」
      って意見はあまりに当たり前すぎ
      確かにそうですが、しかしそれでもこう答えるしかありません。白人と付き合う女性は軽いというのは、「頭悪いやつは大抵母子家庭育ち」と言うのと同じくらいの偏見であり、決め付けであり、差別です。
      確かに、母子家庭育ちの成績の悪い子はいますが、そうでない人もいるわけです。母子家庭育ちを別枠として捉える時点で問題だと私は思います。それが偏見の始まりではないでしょうか?

  5. どうも皆が思いがちな偏見かと思いますが、中にはまじめに交際して結婚した方々も多いのだから、そのような目で見るのはどうかと思う。

  6. 単に実際にそういうステレオタイプにガッツリ当てはまる日本人女性と現実世界でエンカウントした経験がある人が多いってことではないでしょうかね。
    gaijin hunterなんて言葉が普通に在日外国人の間に膾炙しているくらいですから。
    火のない所に煙は立たないですし。
    「外人(この場合の外人=白人)と結婚した~い」 「(白人男性との)ハーフの子が欲しい~」なんて言ってる白人崇拝日本人女性がツイッターなんかにも溢れてますしね。そりゃあ白人男性から尻軽、イージーと舐められるだろと。
    で、
    興味深いのは同じ外国人崇拝でも韓国かぶれの女の子は白人かぶれの女性と違い容姿が良い女の子が比較的多い気がします。(韓国かぶれの男も)

  7. そのようなイメージ通りの方が多いのは事実です。それもあってかたびたびこのように当事者が、このイメージは違う、そういう人もいるが自分は違う、と主張しているのをオンライン、オフライン共に見かけることがあります。
    私は日本人男性には相手にされないほど顔が悪く、旦那は自国でモテない白人です。私達のような夫婦の存在自体は、異人種と結婚をしている方にとって疎ましいかもしれません。「人それぞれ」ということであれば、このようなイメージを持つか否かも人それぞれで、結局は気にせずにいるしかありません。

  8. 他人にどう思われようが自分たちが幸せならあまり気にならないと思います。私自身も結婚当初は3番のようなことを言われましたが、結婚20年経った今では誰もそんなこと言わないし、当時言った方も忘れてるでしょうね。

  9. 勝手な偏見、よく分かります。3と5が気になりました。私も国際結婚です。
    籍を入れてもう10年以上なので、近頃はさすがにいろいろと言われなくなりましたが。
    私の女友達も、私が夫の母国アメリカに行く時「エイズ気を付けてね」と発言しました。
    私達夫婦は遊び人のタイプではありません。ドラックも使用しません。
    その友人は高学歴の上、嫌味や人の悪口を言ったりしない性格の人です。
    なので、外国に行くとエイズになるという偏見が大きかったのでしょうか。
    賢い女性として見ていた友人からの発言だったので、その時は世の中はこうなんだ、とがっかりした覚えがあります。

  10. 大学は超名門で外国人留学生とよく話したりする機会はあるけど、やはり(外国人男性が)日本人の女性は外国人男性に簡単に股を開くと思っているらしいよ。
    だから、3は事実で外国人に抱かれるような女はプライドのない只の売女としか思われて当然だと思う。