「君は日本人なのに目が丸い」と外国人に言われて人生変わった話

マダムリリーが大学生のころの話だ。当時はまだ、海外長期滞在の経験もなく、外国人留学生の友だちが少しずつでき始めていたぐらいで、あまり海外の事情や欧米に詳しくなかった。そんなある日、飲みの席でアメリカ人の男女2人にまじまじと顔を見られて、こう言われた。

 “君は日本人なのに目が大きくて、丸いんだね。
日本人はみんな、もっと目が細いものだと思っていたよ。”

こう言われた瞬間、正直カチンと来た。馬鹿にしてるのか?と。日本人はみんな目が細いと思ってたのか?こう言えば、日本人は喜ぶとでも思っているのか?自分たち(白人)の目の大きさを、暗に自慢しているのか?目が大きいと褒めつつ、実はマウンティングしているのかと疑って、ものすごく嫌な気分になったのを覚えている。

しかし、こちらの嫌な気分とは裏腹に、アメリカ人たちはとても無邪気だった。話している様子に全くもって、悪気がない。失言したと悪びれる様子もないし、馬鹿にしているわけでもない。ただ単純に思ったことを口にした、という印象だった。

それから数年経ち、マダムリリーはフランスで生活するようになった。そしてまたフランスでも、同じようなコメントをされたのである。

アジア人は基本的に、目がブリデ(吊り目)だよね。

フランス人たちは全く悪びれる様子がなかった。悪意も、嘲笑も、何もない。前回のアメリカ人と同様、単純に思ったことを口にした、という感じだ。

そこで、ようやく気が付いた。どうやら欧米では、日本人が思っているほど、「目が細い人」に対してマイナスイメージがないらしい。欧米人は日本人ほど、目の大きさにこだわりがないのだ。だから、こんなにも無邪気に他人の目の大きさを指摘できるのである。

そこで、フランス人に「二重と一重の違い」を説明してみると、「目の上に皺があることなんて考えたこともなかったよ!」と感心されてしまった。しまいには、「なんでみんな二重のほうがいいと思うの?」と、質問される始末である。

考えてみれば、日本での「デカ目信仰」は、目が小さいというコンプレックスが背景にあるからこそ生まれた独自の美的感覚だ。事実、アジア人が美容整形する個所で最も多いのは目元である(日本人が美容整形したい箇所ランキングより)。そんなコンプレックスがあるからこそ、目が大きい人が美しく、目が小さい人は醜いという美の基準が生まれるのである。しかし、これは世界共通ではない。

 

白人がもつ容姿のコンプレックス

それに対し、元々どの人も平均して目が大きい欧米人は、目の大きさで美醜を判断しない。彼らがコンプレックスを抱いているのは、成長するにしたがってどんどん大きくなっていく鼻。欧米では細くて小ぶりな鼻こそ美しく、顔の中心にある大きな鼻を「醜さの象徴」のように嫌う傾向がある。もちろん、欧米人が美容整形する顔の箇所で、最も多いのは鼻だ。

「君は日本人なのに目が丸い」と外国人に言われて人生変わった話
ノーズジョブ、美容整形のビフォーアフター

以前、金髪と付け鼻をつけて外国人に変装したANAのCMに抗議が殺到し、放映が中止になったことがあった。日本人からすると、このCMのどこがダメなの?と不思議かもしれないが、これを見た白人は「大きな鼻」を馬鹿にされたように感じたという。その原因は、白人がもともと「大鼻コンプレックス」を持っているからだろう。

こう見ると、美の基準なんて、国によって全然違うんだなとつくづく思う。

いや、これは何も美醜に関することだけではない。私たちが普段何気なく思っている「これがいい!」という価値判断は、実は環境や社会、文化によって作られたもの=虚像にすぎないのだ。「目が大きいほうがいい」、「鼻は小さいほうがいい」なんて、よくよく考えてみると本当に馬鹿げたルールだと思う。小さな世界で通じる、視野の狭い固定観念でしかない。自分が正しいと思っている常識は、実は常識でも何でもないのだ

 

この出来事から学んだ17のこと

マダムリリーが、このアメリカ人の発言によって学んだことは多い。これを機に、自分が無意識に持っている固定概念や決めつけを意識するようになった。そういった意味で、アメリカの友人が言った「君は日本人なのに目が丸いね」という一言は、人生を変える忘れられない一言となったようにも思う。自分が「真実」だと思っていることも、単なる思い込みなのかもしれない。そうやって疑うきっかけになった言葉だからだ。

この体験で学んだのは…
1. 自分が普段思い悩んでいることも、他の人からすると「何それ?」程度の話だということ

2.  固定観念というのは、自分が意識していない間に、いつの間にか出来上がっている、ということ

3. 「普通~でしょう?」とか、「常識で考えれば~」という言い方をする人は大きな勘違いをしている、ということ

4. 気に入らないことを言われた場合でも、すぐに頭に血が上ってはいけない、ということ

5. 人間と言うのは無意識的に、他人はみんな自分と同じ考えだと信じ込んでいる、ということ

6. 悪気のない一言が相手を傷つけ、知らないうちに嫌われることもあり得る、ということ

7. すぐに差別だ、偏見だと決めつけるのではなく、どういう意図があっての言動かを見極めることが大切だ、ということ

8. 海外経験が豊富な人がよく言う「視野が広がった体験」というのは、自分の固定概念を崩される体験を指す、ということ

9. 外国人と話すときは、容姿にはできるだけ触れないほうが無難だ、ということ

10.  外国人の外見を褒めるときは、顔が小さいとか身長が高いというような身体的特徴を褒めるのではなく、「今日の服が素敵」、「あなたに似合っている」とか、「きれいだね」と言って褒めるほうがいい、ということ

11. 美の基準とコンプレックスは表裏一体である、ということ

12. どんな人間も、程度の差はあれ、ステレオタイプや偏見がある、ということ

13. 相手の意図することを勝手に捻じ曲げて、おかしな翻訳をすることが、卑屈な性格を生む原因の一つだ、ということ

14. 相手の意図することを勝手に解釈し、自己完結して関係を終わらせるよりも、コミュニケーションをとって理解しあおうとすることが大切だ、ということ

15. ヘイトスピーチは言葉の一字一句が問題なのではなく、なぜそれを言うのかという「理由」のほうが問題だ、ということ

16. 「私は正しい」という妄信は、私から自由を少しずつ奪っていく、ということ(参照

17. 世界には、自分の知らないビックリするような常識や価値観がたくさんある、ということ

 

哲学者のアウグスティヌスは言った。

“The world is a book, and those who do not travel read only one page.” 

―世界は一冊の本である。旅をしない者は、1ページしか読んでいないのだ―

世界は広い。あなたが「真実」だと信じて疑わない概念は、1冊の本の1ページだけに書かれていることに過ぎない。だからもっと旅をしよう。もっと世界のことを知って、もっといろんな国の人と話をしてみよう。

外国人の何気ない一言が、あなたが見る世界をまるっきり変えることになるかもしれない。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

10 コメント

  1. 悪気が無いとか笑うわ。東アジア人の真似で目を吊り上げて前歯出して馬鹿にするでは無いか。映画でも前見えてんのかとコメディにするではないか。日本人が体格的に小さいベトナム人に対して君はベトナム人なのに筋肉があるね、と言うと思います?言うんですよ!何故なら見下している相手には何言ってもいいと思ってて発言に気をつけないから。それと同様に日本人は敬意払うに値しないと考えてるから目がでかいとか平気で言うんだよ。

    • いや、それはさすがにないでしょう。
      日本でこれから仲良くしていかなければいけない相手に、敬意を払わず見下した態度をとったらどうなるか、相当のバカではない限り理解できると思います。それに、そもそもそんなに日本人を毛嫌いしているアメリカ人は、わざわざ日本に留学しに来たりはしません。
      フランス人で私に「目が大きい」と言ったのは、旦那の弟です。彼はとても日本好きでいつも礼儀正しく、マナーや敬意を重んじるタイプです。発言にも、もちろんいつも気を配っていますよ。
      ウホウホゴリラさんのコメントは、結構偏見が強いなぁと思います。

      • 全然理解してないわ。リリー氏の義弟も目が大きい=日本人に対するお世辞っつーの知ってるわけでしょ。普通目が大きいとおだてるだけで、枕詞に「日本人の割に」なんてつけねぇし、そういうやつは確実にアジア人軽視してるわ。アメリカ人の割にスリムですねなんて言うか普通?スリムですね、で十分だろーが。それに敬意払わなくてもヘコヘコされてりゃ態度もそれなりになるってこった。

        • >リリー氏の義弟も目が大きい=日本人に対するお世辞っつーの知ってるわけでしょ。
          知りませんでしたよ。

          というか、もう少し言葉遣いをどうにかされたらどうでしょうか?ここは2chではないですし、教養のなさを露呈しているようなものですよ。コメント自体は面白いのに、言葉遣いが汚くてもったいないです。
          食べ方が汚い北川景子みたいです。

          • 言葉遣いの事、誠に申し訳ありません。中傷的になったことも深く反省いたします。とにかく悪乗りが過ぎました。今後丁寧に投稿いたします。

            さて、今回のテーマですが、まずヒトの身体的特徴に言及するのは差別につながる場合が多く、特にそれがネガティブなステレオタイプに則ったものである場合、中傷的な発言になる危険性が高い事は一般常識であるように思います。普通に考えてリリー氏と義弟様の様な親しい関係であったり、許される場以外で持ち出す話題ではないでしょう。

            日本人の一部にも海外で特に白人の方に対し頭の小ささやプロポーションの良さを執拗に伝えますが、赤の他人にその様な発言をするのはやはり無教養で粗野な方が多いです。しかし、無教養が故の差別的発言はある種諦めも付きますが、理解しながらにそう振る舞う者がおります。

            日本人女性ナンパ講座の白人男などはその典型でしょう。日本が好きとか嫌いではなく、利用できるから、王様になれるから、との理由で日本に旅行に来て、また、住み続ける者は残念ながらにいます。日本人が東南アジアで回春する時の心持ちと一緒です(日本人客は他国の回春客と比べ暴力を振るわない優しい客と言われています)。日本人回春客の優しい態度は売春婦達への敬意の現れと言えるでしょうか?心の中を覗いてみてください。一見穏やかに振る舞っていても心の中は軽蔑と見下しで一杯なんてことは往々にしてあり、今回挙げられたアメリカ人のケースはその東アジア人軽視の心がふいに現れたに過ぎないと考えております。

            • 同じ人が書かれた文章とは思えないほど、まともなご意見でびっくりしました!印象が全然違いますよ!!

              確かに、本人が意識していないレベルでの軽蔑と見下しはあるでしょうね。まぁでも、個人的には、例えば自分が学校でいじめにあっていても、本人がいじめだと認識していなければ、それはそれで幸せなのかなぁと思います。いくら周りが「あいつは不幸だ」と言っても、本人が幸せだと思っていればそれでいいのかな、と。
              人種差別問題も、「差別されているかも?」と心配し、不安に思いすぎている人があまりにも多いように思います。はっきりと言葉にしない限り、相手が本当にどう思っているのかなんてわかりません。相手の思いを推し量ろうとするのは日本人のいいところでもありますが、少しの情報で相手の考えていることを想像しすぎるのは無理があると思います。
              言葉を言葉のままに受け止める能力も、ある意味「思いやり」だと私は思います。

  2. 自分は目が大きくて丸いのは醜いと思っているし、鷲鼻はきれいだと思っているよ
    目の大きさに拘っているのは女の子限定だよね
    例えば自分は好きではないけど男性で加護ちゃんや広末涼子の人気はすさまじかった
    彼女たちはメディア、特にファッション誌ではブスと言われるタイプだけど男はメディアの影響をあまり受けないのかな・・・

    • あぁ、確かに!加護ちゃんや広末涼子は女性が好きな顔ではないですね、おそらく。
      そして二人とも目がどちらかと言うと細い。
      ただ、女性の立場から言わせてもらえば、二重の幅が大きいほうがアイラインを入れても、アイシャドウをしてもきれいに見えるというのはあると思います。
      いわゆる「化粧映えしやすい」というやつです。化粧映えしやすい顔=美人というわけでもなはないですが、化かすことができるのは確かです。

  3. これの逆バージョンは無邪気な日本人が欧米人に対して言う「鼻が高くていいな〜」ですね!

    そういえば何度か「あなたは日本人だけど脚が真っ直ぐね」って言われたことがあるけど、なんだかいたたまれなかった。日本の女の子は目よりO脚気にした方がいいよ。

  4. 面白く拝見致しました。
    読後、結婚前の夫が私の母と初対面の第一声を思い出しました!素敵なネックレスですね、服の色に似合っています、の一言で、外国人との結婚に大反対だった母の第一印象が大きく変わりました(笑)。女性に対するほめ言葉は、年齢関係なく下心なしに言えることに驚いたようです。
    外見の価値観といえば、例えば恋愛対象は日本は若いほうが良いという感じを露骨に出します。でも海外を見れば若さは有利てこともない。
    国際結婚して価値観が変わったまではいきませんが、知ることで寛容になれた気がします。