国の違いが一目瞭然!世界の面白い国境線の画像あれこれ

こっから向こうは別の国という境界線を表す国境。日本は島国のため、あまり国境線に馴染みがないですが、世界には一風変わった面白いボーダーラインがあります。そこで今回は海外サイトより、「15枚の写真で見る世界の面白い国境線」を紹介します。国の経済力の違いや環境問題が一目でわかるものもなかにはあって、面白いです。

1オランダとベルギー

オランダの領地の中には、ベルギーの飛び地があります。そのため、オランダの町の中にはこのように国境がいくつもあります。この地域の郵便局員は大変そうですね。

2ドイツとチェコ

右がチェコで、左がドイツ。

3スペインとポルトガル

手前がスペインで、車線がなくなっているところからがポルトガルです。道路の質の違いが歴然です。

4アメリカとメキシコ

左がアメリカ、右がメキシコ。ここの国境線は定規を引いたようにまっすぐ。アメリカのほうが田舎で何もなく、メキシコはビルや建物が多いです。

5ノルウェーとスウェーデン

6アメリカとカナダ

左がアメリカ、右がカナダ。定規で引いたようにまっすぐです。

7ハイチとドミニカ共和国

右の緑が多いほうがドミニカ共和国、左がハイチ。ハイチでは森林伐採が大きな環境問題となっています。1990年から2000年にかけて毎年平均700ヘクタール、10年間で7,000ヘクタールの森林が消えたとされています。

8アルゼンチンとブラジル、パラグアイ

9ポーランドとウクライナ

国境をまたいで描かれている大きな魚。両国のアーティストが一緒に緑の種を植え、「自然と文化は国境を越える」ことを魚のアートで表現しているのだとか。2か国合同の芸術作品ともいえる国境線です。

10アメリカとメキシコ

ドナルド・トランプ氏が思い描く、メキシコとの壁がここに実現!?現地の人は国境線を遣って、呑気にバレーボールで遊んでいます。

11エジプトとイスラエル

左がエジプト、右がイスラエル。海岸線近くの青い部分が、パレスチナ自治政府の行政区画であるガザ地区です。

12ブラジルとボリビア

左上がブラジル、右下がボリビアです。ブラジルの都市開発が進んでいることがわかります。同時に、ブラジルがどれだけの森林を伐採してきたかも見ることができます。

13スウェーデンとデンマーク

14ドイツとオランダ、ベルギー

ここでは、ドイツとオランダとベルギーの国境が交わるところ。

15スペインとポルトガル

手前がスペイン、奥がポルトガル。国境をジップライン(ワイヤーロープをプーリーと呼ばれる滑車を使って滑り降りる遊び)で越えてみるのもいいかもしれません。時速80キロまで出るスリリングな国境越えです。川幅150メートルを1分間でまたぎます。料金は15ユーロ。

 

いかがでしょうか。国境を見るだけで、国の違いがわかるというのもなかなか面白いものです。海外でしかできない”国境越え”をあなたはどこで体験してみたいですか?

参照:freeyork.org

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

1コメント

  1. ポーランドとウクライナの国境を使った合作は面白いですが、出来栄えが残念ですね。
    日本でも田畑を使ったアートはありますが、それと比べてしまうと雲泥の差です。
    国境で思い出しましたが、韓国と北朝鮮を人工衛星で撮影すると、韓国側は明るくて
    北朝鮮側は暗いのが国境ではっきり分かれてるようです。
    経済力が似通ってる国の国境線よりも、経済格差がある国の国境線の方が
    目に見えて分かる違いが多い気がします。